2014年 09月 08日

ボーっと

していたわけだ。



システムの新しい構築を進めているわけだが、

その最終段階でのパワーアンプの手当てが未だ出来ていない。



最終的な着地点はすでに見えてはいるのだが、いかんせん動きにくい。





この夏の暑さに身も心もけだるさを満喫してしまったからには、

それをも味方にして、

ぼんやりとは考え続けていた。


システムの構成を。




もはやいかなる既存のシステムも、参考にはならない。

私自身がその構成を考え、決めなければならない。



当然、その構成如何によって機器のセッティングも変わってしまうから、

その配線の長さも構成も変わってしまう。




しかし、暫間的であってもスタートしなければ何も始まらないと、

溶けた頭で考えながら、

鈍い体を動かして、

出来るところまで。







# by johannes30w | 2014-09-08 01:01 | オーディオと音楽 | Trackback | Comments(1)
2014年 08月 16日

えーっと

いよいよ配線も取り掛かろうと思う。

パワーアンプがまだ来てなくても、

デジチャンdbx4800と我がボリュームシステムとは結線が可能だ。

と、

良く考えると、



良く考えなくても、



ケーブルが必要だ。


しかも膨大な数の。。。





私のシステムは6ウエイ。

ということは、少なくとも12本のケーブルが必要となる。

今回の最終プランでは、ウーハー部はIDDWとする予定だから、

計14本!



少し前までは、そのくらいの数のケーブルは、普通に使っていたし、

在庫だって十分だったが、

いつぞやの福袋大会で、全部吐き出しちゃって、なんと手持ちはゼロ!



ボリュームにSPLを使っていた時は、専用のブレイクアウトケーブルだったので、

これは既製品を買ったり、ノンカイさんに作っていただいたりして、

何の不自由も無かったんだけどな。




いやいや、

デジチャン→ボリューム間で14本、ボリューム→パワーアンプ間で14本、

計28本のケーブルが必要だった。。。





ひこさんに、ボリュームシステムを作っていただいていた時は、
この後ろ姿にやんやの喝采を送っていたのだが、

この凄まじいコネクターのほとんどに接続するケーブルは、

自分で作るんだった  (*_*;




デジチャンの後ろ姿だって、


これだもんな。



ま、


何にも考えずに作業を開始しよう   (+_+)



# by johannes30w | 2014-08-16 00:46 | オーディオと音楽 | Trackback | Comments(14)
2014年 08月 14日

気が付けば、

マンハッタンシステムが音を出さなくなって、

どのくらいの時間が経ったのか。



TOTOさんのところへ遊びに行ったのが、なんと5月の連休明けだったから、

もう3か月以上沈黙しているのかもしれない。



聴きたくなかったのか?と尋ねられても、

それなりには聴きたかったが、切羽詰まった状態では無かったというのが正直なところ。





それがここにきて、

猛然と聴きたくなってきた。

聴きたいものは決まっていて、

それはブルックナーの6番。





鳴らしてなかったのは、本当は聴きたくなかったわけではなく、

パワーアンプの再構築を始めてしまったことと、

今回、デジタルチャンデバの欠点を一掃できる超大型ボリュームの完成を待っていたからなんだ。




仮にでも鳴らせばいいじゃないかと思われるだろうが、

私のシステムはそういうことが出来ない不自由なシステムなんだ。









無性にブルックナーの6番が聴きたい!

あの全編延々と金管のコラールが続くような(イメージね)あの曲が聴きたい。




聴きたいと思っても、何台ものパワーアンプはメンテに出てるしどうしようもない。

じたばたして、iTunesにロスレスで落として、iPhoneに同期



これでイヤホンで聴いて、とりあえずの禁断症状は抑えた。

妙に嬉しくなって、少しはマシなイヤホンを買おうと友人に相談したりした。

ある程度、欲しい機種も決まって、ヤフオクなぞ眺めていたら、

C嬢のエアホーンを買わなければいけないことを思い出した。

そうそう、順番があるじゃないか!


C嬢のオーディオも考えなければいけない。

C嬢のスピーカーは、完全に固着してるし。。。


C嬢のスピーカーを物色し始めた。

が、

クルマではどのみちまともには聞けないことを思い出した。



ちゃんと本体から手を付けるのが先じゃん!!




しかし、

振り返って部屋を見ると











惨憺たるありさまだ。


しかし、

もう手を付けていかなきゃ!




今回は使わないと決定したアンプを4Fシアターに下ろす。




4Fのシアター用のアンプ群も、これで理想的な陣形となった。






フロントの3チャンネルとサブウーハーは、

ファンのリファインを済ませて超静かに生まれ変わったJBL6233

サラウンド用は、贅沢にもQUADの520f!


調整を兼ねてシアターで映画鑑賞。

ついつい見入ってしまって2本。。。




いやいや、

こんなことをしている場合ではない!





ダークサイドに戻り、

段ボールを整理し、使わない機器を整理し、

帰ってくるアンプのセッティングを予想して、

整理していこう。



先ずは、今後、私のシステムの「要」となるべきボリュームシステム






こいつらが、システムの心臓部となる




# by johannes30w | 2014-08-14 00:16 | オーディオと音楽 | Trackback | Comments(0)


< 前のページ      次のページ >