ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 03日

カートリッジ選択と配線

トランスクリプターがやってきてから、そこで使うカートリッジを何にするか、考えていた。

考えがまとまらないまま、レストアを始めたわけだが・・・・


e0080678_14424571.jpg


やってきた時は、ピカリングが付いていた。

これ、針がないけど、針を突っ込めば使えるんじゃないか??



自分の好みでは、どうしたってMCを使いたいのだが、バラして、手にとって、実感して、

ぴったり当てはまる好みのMCが思いつかないことに気が付いた。

FR1-MK3が使えれば、私としては最高なんだけど、

e0080678_16434492.jpg


このデリケートなシェルに、このカートリッジのデザインは、あまりに無骨。


せっかくのトランスクリプターだから、やはりデザインも生かしたい。


グラドも考えたが、ちょっと音が合わないように思える。




いろいろ試せばいいようなものだが、あのアームの構造を考えると、一発で決めたいし・・・



オルトフォンMC20も考えたが、雰囲気に合わない。




というわけで、ADCに決めようと思った。

e0080678_14523199.jpg



ADCは、地味なイメージのメーカーだが、ハッタリの無い素直な音が私としては好きなんだ。

シュアーやエンパイアのような華やかさは無いが、しっとり聞かせてくれる。



で、カートリッジへの差込金具をきちんと付け直そうと良く見てみる

e0080678_14551890.jpg


極細のケーブル。  撚り線!


比較すると

e0080678_1457167.jpg




細いねぇ~





妙に感心していると、もう一つ気が付いた。



ケーブルは、3本線だ!



グランドは、左右共通になっている。




ほぉ~~~~




で、

思い出す。

デッカはグランドは共通だね


e0080678_1505311.jpg



あー、これはデッカを使うべくして考えられてるのかな?


デッカを使うべきか?



しかし、

さらに思い出す


e0080678_152016.jpg



デッカは、イングランド製



トランスクリプターはアイルランドだよね。





危ない危ない


大喧嘩するところだ。。。





カートリッジへの金具をハンダ付けして、導通を確認



ありゃ、レフトのHの導通が無い!



うーーーーーー





よく見てみると

e0080678_1551521.jpg



断線してる!!!





くそぉ~


がんばるぞぉ~~




  -・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-


e0080678_16441022.jpg



断線部分を引っ張り出した。

ここへのハンダ付けも、可能



な気が、、、、してきた、、、
[PR]

by johannes30w | 2009-01-03 15:22 | オーディオと音楽


<< 夜に走る      ぼちぼち組み上げ >>