ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 01月 22日

レストアレストアレストア

5Fの断熱床は、木の(?)匂いを飛ばそうと、合板を1Fに置いていると、

匂いが飛ぶ前に、

風邪をひいてしまった。。。



しかし、

宿題は頑張ろう。




hide。さんが遊びにきたので

飛んで火に入る・・・・・ではなくって、ありがたく手伝ってもらった。




レコカットのロングアームは、先ずはメインパイプの曲がりを修正

e0080678_1102964.jpg


チカラワザ



まあ大した精度でもないだろうし、それも必要としないだろうから、これでいいんだよ。

私自身細かいことを気にしない音を期待してる。


ごんたどんが、御自分のレコカットアームを部品取りとして提供してくれたので、

簡単に完成。

e0080678_1131081.jpg



導通もきちんと確認できた。

ケーブルは途中で接いでいるので、実際に使う時にはコネクターを新しくしてやろう。





ESLアーム

リードチップは、テクニカのを使おうと買ってきたが、

昔、溜め込んでいたシェル周辺部品を漁ってたらちょうどよさそうなちんけなチップが出てきたので迷わずそれを使う。

ハンダ付けは、こんな細かいのは私には出来ないのでお願いする。

e0080678_118628.jpg


なるほどと唸らせるペンチの使い方。

リード線は、付いてきたものを使った。



このアームの一番の問題は、おしりの下がり

e0080678_1212164.jpg


どうしようかとずいぶん迷ったが、

ぶっちぎった。

すると、

e0080678_122524.jpg


ジョイントのゴムの中には心棒が入っていた。


おしりの下がるオルトフォンアームはこういう構造になっているんだね。



おしりの下がったオルトフォンアームをメンテに出すと、このジョイント部分がメタルやプラスチックに置き換えられてしまう。

e0080678_1244717.jpg


ゴムと接着剤(?)


こんな感じ

e0080678_1253184.jpg


まったくのオリジナルに戻すのはメーカーも取り扱ってくれないので、自分でやるしかないが、

私はシリコンを使ってみた。



復活

e0080678_127188.jpg


e0080678_1271487.jpg



オリジナルではなくなったと眉を顰める人もいるかもしれないね。

でも、

ラボに出して、メタルやプラスチックに置き換えられてしまうより百倍もいいと思うんだな。

あのゴムは、かなりのダンプ効果も狙っているだろうしね。



何十年も前の機器を、オリジナルでなくなるという理由で不完全なまま使う人もいるが、

私もその気持ちは痛いほど解るが、完全なオリジナルが欲しいと無いものねだりをしてもしかたがない。

まずはきちんと動作させてやって、それから実際に聴いてみて判断すべきだね。

他の機器よりよければ使うし、悪ければ捨てる。

それだけだ。

私の場合はコレクションじゃない。




ESLアームはmamboさんからいただいたベルトドライブレコカットプレーヤーシステムに装着されていたものだ。

このシステムも、キャビネットを一から考えようと思っていた。

バネで、今度は吊ってみようかなとか・・・・




そこまでの元気が出なかったので、

やってきたそのキャビネットをきちんとしてやろうと思った。


手で持つと、なんだかがたぴし言ってるので、

先ずは木工用ボンドで固める


e0080678_1385415.jpg


これだけで、がっちりした。

あんまり補強はしたくないので、これで十分。


表は

e0080678_140116.jpg


なんだか面白くないので、

蓋を外して

e0080678_1413585.jpg



革を貼ってみよう

e0080678_142923.jpg




こんなかんじ

e0080678_1424290.jpg




とりあえず、置いてみる

e0080678_143468.jpg



さあ、かなり出来上がってきたね。



もう一息だな

by johannes30w | 2009-01-22 01:44 | オーディオと音楽


<< 鳴らそう!      ばいばいどくおぶざべい >>