ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 28日

大阪冬の陣  ラインアンプ篇

 フェーダーユニットのアクティブ・パッシブを総ざらえし、いよいよラインアンプの試聴に入る。

集まったのはNeve,Quadeight,Ureiそれぞれ2台づつ。それに加えてシーメンスのディストリビューターが一台(ステレオペア)。

e0080678_2332282.jpg

Neve,Quadeightは、正真正銘のラインアンプ(ラインプリとしても使えるゲイン付き)。Ureiはグラフィックイコライザーとパラメトリックイコライザーだが、この二つも単体でプリとしては使いにくいが、イコライザーを変化ゼロとしてやれば、考えようとしてはラインアンプとして使えるはず。シーメンスディストリビューターは、ゲインを持たない純粋なラインアンプと考えられる。

それにしても、これらの機器のかっちょいいこと!
Neveは渋い渋いオリジナルパネルを用いて現代に蘇ったモノ。Ureiはご存知、あの奥行きを感じさせるヘアラインを持った、くすんだシルバーパネル。Quadeightはオリジナルライン基盤を用い、日本の精密な手によって組み上げられている。概観がオリジナルではない(オリジナルなどというものが存在しない)ということで、Quadeightのラインアンプが見た目は見劣りしそうに思われるかもしれないが、いや、この佇まいを見て欲しい。

e0080678_23332862.jpg


この外観、巧まずしてその内包する力を表現しているように思えるのは私だけだろうか。シーメンスは私が特に気になるもの。現在自分用のディストリビューターを物色中でもあるしね。

 まず、KJクワド(写真上)。これはバランスIN/OUT仕様で、入出力にオリジナル基盤が2枚組まれている。こいつを単体プリとして聞いてみる。
 う~Mmmmm、、、。これはクワドだ!(あたりまえだ) 力感がすごい。ある意味特徴の無い音とも言える。これを聞くと、自分のノイマンW444Aには艶や色が乗っかっていることが良く判る。それまで聞いてきたパッシブフェーダーが、ちゃらちゃらしたものだったような気さえしてくる。決してクワドが地味だと言っているわけではない。ノンカラーレーションだと言っているわけでもない。しかしこれを聞くと本当に、他のものがおべっかを使った音のように思えてくる。「そんなに愛想を振り撒いて情けなくないか?」と他の機器を白い目で見てる。くれぐれも言って置かねばならないのはその力感。「グッ・・・」とため込んだ力感。こいつ、あごを引いて、握りこぶしでガードして、恐ろしく殺気を漲らせてる。力感を感じさせる音というのは、普通硬くなりがちなんだけど、こいつは硬くない。理想的な筋肉というのは柔らかいもんだといわれるが、さしずめこいつはそうに違いない。また、神経質じゃなく、ぐーっと張り詰めた緊張感がある。これはすごい。「わっ、これいい」なんて脳天気な言葉など出てこない。こちらも「ぐっ・・・・・」と握る拳に力がはいる。
 周りを見回すとみんな「ぐっ・・・・・・・・・」。なかなか言葉が出ない。開催しちゃった手前、前に進まなくちゃならないからここで提案。
「クワド+クワドはあり?」
 「ありだ」という返事を確認し、「もうやるのか?」という不満の声を無視して進める。KJクワド+G丸クワド
G丸クワドは、いわばG丸氏専用のクワド。G丸氏のJBLプリ SG520をサポートするラインアンプとして作られたもの。つまり、アンバラ入力に対応する。
  KJクワド=>G丸クワドとする。
ため込んでいた力がよりいっそうの凄みを増し、いよいよ放出された。音としては、ぐんと生々しさが出てくる。いままでの音に血が通ってくる。こいつはすばらしい。クワドだけで組んでいるから違和感などももちろん感じない。心配されたSNも、まずは問題ない。いきなりこんな音を出してもいいのか?後が聞けなくなるんじゃないか?

Neve
e0080678_23312463.jpg

  
 この2つのNeveもゲイン調整ができるから、プリとして使える。
まずでっかいほう1276。ん~~? 意外とおとなしいな。これははっきりエージング不足の音のように聞こえた。音楽信号をもっとばんばん入れてやりたい。音の評価をしてもいいが、自分としては現段階では評価したくない印象。
 次に薄いほう3415A。
うわ~!鮮やか。しかも力があるよ。ぱっとタンノイを思い出す。そう!英国の音。私は英国の音には2種類あると思っている。一つはヴァイタヴォックス・タンノイ系の音。もう一つはBBCモニター系(KEF・セレッション)の音。世界的に見れば、同系統にもちろんなるんだけど、、、。で、このNeveは前者の色合いが濃いように思った。ただ、現実にはこれらのNeveが使われていた時代のモニターは、当然BBCモニター系になるはずなんだけどね。
 このNeveに変えたとたん、うわぁぁぁぁぁ~~!!!っと音楽が流れ出てくる感じ。華やかさと鮮やかさを併せ持ち、しかも力がある。高域の纏綿たるあでやかさがうれしい。うるさくない。悪く言えば、タンノイのドンシャリ。ただし音色としてのドンシャリであって、エネルギーは全域で均一! Neveといえば、濃い中音域がトレードマークのように思っていたけど、話に聞くのと実際とでは大違い。ただ世間一般に言われるとおり、細くならない。安心して聞ける。いいアンプだな~。マジ欲しいな。これに比べると、それまで聞いてきた音は暗い。Quadeightはともかく、パッシブ・アクティブ両方のフェーダーはすべて独製。ノイマンなんか、これを聞いた後ではやたらと暗い。テレフンケンを思い出してみても、高域の鮮やかさは遜色ないにしても、根本的に華やかさが違う。これがお国柄なのか?

ぐっと沈んだQuadeightがやたらとニュートラルなものとして思い出される。けっしてNeveがニュートラルじゃないと言ってるわけじゃないけれど。


いろいろ書いてきているが、これらは非常にハイレベルでの話し。そこらへんの高級プリなんか聞く気にもならない。どの機器をもってしても、それでしか得られないものがあり、しかも超ハイクオリティ。どれかを選べと言われても、もはやどれでもいい。こんな世界があるんだな~と改めて感心する。

幸せな試聴はまだまだ続く。
[PR]

by johannes30w | 2006-02-28 23:34 | オーディオと音楽
2006年 02月 28日

大阪冬の陣

 東京からの射程距離に入ったのは去年の夏。名古屋からの遠征軍を迎え撃った夏の陣を越えてから、上方軍は大混乱

 独ノイマン・アクティブフェーダーを手にして悦に入る者。Ureiに惚れ込みかき集める者。国内だけでは飽き足らず、ヨーロッパにまで手を伸ばし、貴重なフェーダー・ラインアンプを独り占めする者。

 よく考えてみれば、すでに誰かの術中に嵌っていたのかもしれない。

迎えた大阪冬の陣、別名「プリプリ大集合」

恐ろしいほどの機器が揃った。

 フェーダー(パッシブ)
    シーメンス 290
    EAB    W66A
    MAIHAK W44
           W66c
    エックミラーW68
           W85

 フェーダー(アクティブ)
    ノイマン W444A
    テレフンケン W691

 ラインアンプ
    NEVE 1276
         3415A
    Quadeight ラインプリアンプ
             ラインアンプ
    シーメンス ディストリビューター

 イコライザー
    Urei  539グラフィックイコライザー
         546パラメトリックイコライザー

 これにウエスタンエレクトリックのライントランスまで加わった。

あ~、書くだけで疲れる。読んでる人は何がなんだか判らんだろーな~。
書いてるあたいも半分判らん。

要するに、テーブルの上はこんな感じ
e0080678_0395691.jpg

よく見てみると、欲しくても手に入らないブツがずらっと並んでる。
ありささんがテレフンケンに火をいれ、KJラボがフェーダー取替えセットをつくり、東京からリファレンスフェーダーまで到着して、この逸品どもを片っ端から聞いていく。

と、、、、こんなの一つ一つインプレッション書いていられない。

まずパッシブフェーダー。
 どれもいい!(当たり前だ。どれも厳選されたうえで登場してる)  ほとんどのものが、パッシブのひ弱さを感じさせない。もちろんそれぞれにはっきりと音が違い、個性豊か。いちいちは言わないが、特にEABはバランスもよく音も深い。深いんだが鈍くないのがいいな。この中で異彩を放ったのがシーメンス。こいつは華やか。悪く言えば細い。細身が好きな私などは「これいい!」なんて口走ってしまったが、じっくり他のと比べると、音が薄っぺらかもしれない。でもじっくり聞いている時間なんかないんだよ~(ToT)/~~~
 東京発のリファレンスフェーダーMAIHAK Wー44は、まじめ。総合的にはやはり一頭地抜ける印象。これは躯体の凄さも効いているに違いない。ただ、もっと人情味があってもいいな~と不遜なことを考えたりする。

次にノイマンW444A。ここからアクティブフェーダー。濃い! 色っぽい! 力がある! パッシブばかりを聞いていると、「これでいいじゃん」と思えるが、いざアクティブ型を聞いてしまうともはやその差は次元が違う。この違いは勝負するどころの差じゃないよ。もともと同じ土俵に上げてはいけない。次にテレフンケンW691。こいつもアクティブ型。ノイマンに比べると、ずいぶん繊細に聞こえる。でもはっきり「力」が乗ってる。テレフンケンを聞いた後でノイマンに戻すと、ノイマンがずいぶんずうずうしく聞こえる。この違いは恐ろしく大きい。しかし、どちらも質のよさが感じられる。ちなみにこのテレフンケンフェーダーを聞いて、私は以前使ってたテレフンケンディストリビューターを思い出した。確かにはっきり同じ血を感じさせる。KJラボは「テレフンケンの球の音の傾向だ」と言っていた。ノイマンとテレフンケンに優劣は無い。どちらを選ぶかは当人しだい。
[PR]

by johannes30w | 2006-02-28 01:16 | オーディオと音楽
2006年 02月 27日

戦い済んで、、、、

楽しかったな~
e0080678_2423040.jpg

あまりにも収穫の多い一日だった。
すべてのレポートができるかどうか・・・・

まずは、皆さんお疲れ様~
 そして、ありがと~~
[PR]

by johannes30w | 2006-02-27 02:44 | オーディオと音楽
2006年 02月 26日

お待ち申し上げ候

e0080678_12812100.jpg

[PR]

by johannes30w | 2006-02-26 01:30 | オーディオと音楽
2006年 02月 25日

ツイーター用最終兵器

に、なるはずのブツが来た。

e0080678_13423792.jpg


でも、もう元気がないのでこいつは週が明けてからじっくり取り組む。
今日は皆をお迎えするためのお掃除。

でもな~、スタートすべきブツがまだ来てないのにどんどん先へ進んじゃった (ーー;)

お~い、「G」はまだか~~???
[PR]

by johannes30w | 2006-02-25 13:46 | オーディオと音楽
2006年 02月 24日

刺客

 東京から刺客が送り込まれてきた。

e0080678_21261811.jpg


泣く子も黙る bj44v190e 氏からの刺客

以前も聞かせてもらったが、さらにブラッシュアップされている。贅をつくし、心を砕いたつくり。
超重量級! 某所でリファレンスの名を欲しいままにしたその個体がここにある。
音は・・・・・・言わない。
 皆に先入観無しで聞いてもらおう。




そして、、、



e0080678_2134069.jpg



おバカ~~~~~  (^_^)v
[PR]

by johannes30w | 2006-02-24 21:35 | オーディオと音楽
2006年 02月 23日

百花繚乱

こんな時にやらなくていいのに
e0080678_1514783.jpg

2>1インチ変換アダプター付ける。

e0080678_152303.jpg

ドライバーの調達が思ったより手間取っていて、申し訳ないけどやまかささんのLE85を借りてみる。気がつかなかったけど、このLE85は、赤い封印も綺麗に残っている極上品!

ホーンにつけると
e0080678_1544973.jpg

長い


本当は3段スタックとするつもりだったけど、足場の工作が間に会わず、ちょいと横へ。
でもちゃんとしたスタックより、実はこっちがいいかも

黒い百花繚乱!!
e0080678_1573084.jpg

おバカな感じでなかなかよろしい  (*^。^*)

音は・・・・

すばらしい!
音像が上に引っ張られるのが心配だったけど、ほんのわずか上がっただけ。それより音像自体がシャープになった。この2360系のホーンって、使ってる人は判ると思うけど、かなりシャープな性格を持ってるように思うな。

音は・・・・

非常にいいよ。
ツイーターとして8000以上で使ってる(2402Hx4は10000以上で追加してる)けど、ツイーターらしいうるささがまったく無い。うるささが無くって、でもエネルギーもしっかりある。ミッドハイと同じホーンだから音色の変化、音場の作られ方の違いがなくって非常にスムーズ。

しかし・・・・

照明が隠れて、部屋はさらにダークサイドへ。

はやく天井取りたいけど、まずはあの円盤照明を取ってしまおう
[PR]

by johannes30w | 2006-02-23 02:08 | オーディオと音楽
2006年 02月 22日

夢の中で

e0080678_237674.jpg

[PR]

by johannes30w | 2006-02-22 02:41 | オーディオと音楽
2006年 02月 21日

続々と

関西アフォ連合のブツが運び込まれてきた
e0080678_0181339.jpg


しかし・・・・

ごんたどん、「きくすい」の電源まで運び込んで何すんの?
[PR]

by johannes30w | 2006-02-21 00:20 | オーディオと音楽
2006年 02月 20日

ほとんど

変わらんよ
e0080678_22513560.jpg

e0080678_22514927.jpg

ま、言われてみれば、若干「T」のほうが円に近いかな~って言う程度。

それより表面粗さが全然違うよ
[PR]

by johannes30w | 2006-02-20 22:56 | オーディオと音楽