<   2006年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 30日

家に帰って

ドア開けて
e0080678_11194255.jpg



階段昇って
e0080678_1120823.jpg



エレベーターに乗ろうと
e0080678_11205129.jpg



ドア開けたら・・・
















ドァ~~~~~!!!!
e0080678_1121162.jpg







中島みゆきがいた    (>_<)





これは、兄貴とKさんの仕業に違いない。

確かにさ~、DENONのスタジオ用オープンデッキを上げてもらうよう頼んだよ。
「やっといたる」と快諾してくれたのはいいけど、、、、、、



エレベーター一人で乗ってても、やっぱり誰かが居るみたいで落ち着かん。





というわけで、必然的に
e0080678_11273170.jpg



中島みゆきをかけてる。

「miss M」


私は中島みゆきはレコードの時代しか知らない。
中島みゆきのレコードをずーっと買ってきて、CDが並売されるようになり、レコードが作られなくなった時、買うのをやめた。自分にとって、中島みゆきを聞くというのは、あのレコードの感触と、針を降ろすという儀式が必要であったのかもしれない。だから、あのレコードたちというのは自分では特別なもので、散々聞いたくせに、それでも磨り減るのが心配で、自分の持ってるレコードのCD版は買ってある。妙なことをしているもんだ。

中島みゆきの一連の作品を考えてみると、大きく「寒水魚」以前と、それ以降に分けられるように思う。もちろん初期の作品群の中でも分類することは可能だが、かなり話がややこしくなるのでここではやらないが(誰も興味ないだろうしね)、気をつけないといけないのは、この人のレコード(CD)の場合、その曲一つ一つだけじゃなく、レコード全体として作品と考えているように思う。もちろん、他の人のレコードだって、レコード全体で考えているには違いないが、この人の場合、その思い入れが非常に強い。特にレコード最後期の作品群は、レコードとして自分の総決算を作り出そうとしているようにさえ感じられるのだが、、、。


昔はよく、「中島みゆきのベストアルバムはどれ?」と尋ねられたりした。こういう人のアルバムだから、聞く人にはそれぞれ本当にプライベートな思い入れのアルバムがすでに存在するはずで、だからそんな質問には答えたくないのだが、この「miss M」というアルバムも、そのアルバムとしての完成度も含めて非常にいいものだと思うな。奇をてらったところも無く、しかも全体としても十分に練り上げられている。このアルバムの、アルバムとしてのクライマックスは、



と、そんなつまらんこと考えてないで聴こう

by johannes30w | 2006-04-30 12:06 | オーディオと音楽
2006年 04月 27日

ちょっとしたこと

ツイーター実験を一旦切り上げ、システムをまずは安定させようとしたことは報告した。
しかし、安定せず、気分さえ良くない日々があったことも書いた。

その時の形がこれ

e0080678_2313022.jpg


見えるかな~。
4520のバックロード開口部に10K以上(さらにパライコで15K付近を強調)で使っている2344+2426をセッテイングしている。

この配置は、要は2344+2426のセッティングに困って、とりあえず、システムの軸に一番近づくようにセッティングしただけ。
(実は以前、ミッドバスの2360+2482x2を4520の開口部に入れ、ミッドハイの2360+2440を4520の上に乗せて、「逆バーチカルツイン」(???)をやってみようとしたんだけど、2482x2がどうしても上手く4520の開口部に入らなくってあきらめたこともあった)

ま、まだまだセッティングも煮詰めていないから、とりあえずでも鳴らそうと思ってセッティングしただけなのだが・・・・・。


報告のとおり、何故だかわからないが、ひどい状態だった。
何がどうなってるのかははっきりしなかったが、バランスさえとれなかった。

悲しいけど、極小の音量で聞いていた。



今日、何とか改善しようと思ったわけではないのだが、4520の開口部に入ってる2344+2426があまりに不細工に見えたので、何の気なしに移動した。

e0080678_243855.jpg


ひどい位置に移動したと思われるだろうが、ま、とりあえずだからこれでいいの~。

動かしたとたん、解決しちゃった。
うん、まさに解決した感じ。

最高のセッテイングとはとてもじゃないが言えないのだが(あたりまえだ)、このセッティングは結構つぼを押さえているのかもしれない。

1)2426のどうしても感じるチタンの音(それ自身が悪いわけではなく、その下がアルミ振動版であるから、音の違いがどうしても出てしまう)が、試聴位置から見ると内側に45度近く、上方向にこれまた45度近く振られているために、音の癖がほとんど目立たなくなった。

2)思い切った内振りセッティングにため、定位感は逆によくなった。

3)皆が心配してくれるであろう音像の拡散は、その周波数が高いためか、悪影響としては感じられない。

4)4520の開口部にモノを置いたための(デッドニングの)悪影響がなくなった。
(4520の開口部のアールは叩けばボコボコ鳴る。鳴るとデッドニングしたくなるのがオーディオマニアだが、こいつをデッドニングしたりするのは大間違い。必ず音が死ぬ)

要は、いきなりすっきりよくなったということ。



気をよくして、聞く聞く


これ

e0080678_2531267.jpg


バイオリンで超有名なエネスコが作曲した弦楽八重奏曲

エネスコの作曲は、ルーマニア狂詩曲が有名。この八重奏曲は、私もこのCDを買うまでは、知らなかった。演奏は、クレーメルとクレメラータ・バルティカ

この曲は、、、、、、、、、、この曲は、、

この曲を表す言葉を私は知らない。
音楽であるから、もともと言葉で表せないものを表現しているわけであるから、言葉で表そうなんて考えるほうが間違ってはいるのだが、それにしても、

演奏が本当に素晴らしいのは他の演奏を聴くまでも無く明らかだ。

それにしても、      この音楽は、、、音楽だよ。


聞くたびに、この音楽が自分の中で大きな存在になっていく。

どんどん、かけがえの無いものになっていく

どんどん、

by johannes30w | 2006-04-27 03:09 | オーディオと音楽
2006年 04月 26日

嬉しい!

昔のテープが聞ける!
e0080678_23395373.jpg


これ、聞いてるのは1980年4月、初来日(?)のチェリビダッケとロンドン交響楽団のライブ生放送のエアチェックテープ。
    「展覧会の絵」
このコンサート、行きたかったんだよな~  (>_<)
高校時代だな、これ。友人がこの大阪でのコンサート(当時はザ・シンフォニーホールなんてまだ無くて、フェスティバルホールしかなかったよね)に行っててうらやましかった。当時は学生だから、コンサートなんかにぽんぽん行けるはずも無く、狙いをさだめて、一年に一度か二度行くのが精一杯だったな。

このチェリビダッケ初来日の時は、マスコミ的にも話題になってて、あの幻の指揮者が来るっていうんで私もそれだけで興奮してた。以前にも書いたが、古いふるいモノラルのチャイコフスキーの5番のレコードしか知らなかったし、興味深々! ライブの生放送をNHKがやってくれるっていうんで、とにかくテープだけはなんとか間に合わせたのを思い出す。
 いやー嬉しいな。

実家から少しテープを持って帰ってきた
e0080678_23522853.jpg

この金色の箱がスコッチの218で、これが一番だと信じ込んでた。だってめちゃめちゃ高かった記憶がある。どうしようもない時は、白い箱、スコッチの206。たしかこれが少し安かったような、、、。左上はBASFのテープ。こいつも渋い音で好きだった。それぞれのテープが、特有のEQとBIASの数値を持っていて、それをメーターやメモリで合わせて使っていた(当時は家にあったデンオンの610っていうオープンデッキを使っていた)ように覚えているが、こんどやってきたこの局用デッキにはEQのスイッチ(なんと38用と19用の2パターン)しか無い。BIASはどう設定するのか判らない。
e0080678_00459.jpg

ま、恐らくスコッチのどれかのテープに合わせているんだろうし、今や音が出るだけで(ODさんじゃないよ)嬉しいから別にかまわんが・・・・。

ん? あの設定は録音時だけだったかな?


箱を見ると、裏に、私にしては非常に丁重に録音内容が書いてある
e0080678_031456.jpg

いかに気合を入れて録音したかがわかって、我ながらいじらしい


と、自分の箱書きをいろいろ見てると、その下にうっすら兄の字を消した痕があるものがある。
なんだこれはと暫く考えていたが、思い出した。
 このチェリビダッケの演奏会は、東京・大阪を合わせて、その演奏プログラムを全部生放送したんだった(NHKも気合が入ってたよな~)。これは何を意味するか。聞く私たちが狂喜したのはもちろんだが、私としては困った。そんなに一遍にエアチェックしないといけない放送があれば、その分だけテープが必要。高校生がそんなに用意できるわけは無い。これは自分が用意できなかったから、兄のテープをこっそり自分の物にした紛れも無い痕跡。
(兄ちゃんごめんよ。26年たったけど、今謝ります)

さらに見ていくと、

・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・
・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドビュッシー「映像第三集」より「イベリア」   (一部のみ)

なんて書いてあるのがある。
これも思い出した。10号のテープが必要だったのに7号しか用意できなかったやつだ。
あ~、あの時は悲しかったな~。

いろいろ思い出す。
演奏は、、、すばらしい。




と、ず~~~~っと玄関で立ったまま聞いてた。

by johannes30w | 2006-04-26 00:33 | オーディオと音楽
2006年 04月 25日

とか言いながら、、

聞いてた

e0080678_0472257.jpg


これはブラームスのクラリネット五重奏曲
気持ちがなんだか負けそうな時は、これをよく聞いたりする。昔はシベリウスなんかをよく聞いたっけ。

クラリネットは、実は自分はあまり好きじゃない楽器。
何かスケベそうな音を出す演奏家が多いしね。好きじゃないから、逆にクラリネットがうまく鳴れば、自分のシステムとしては上出来だと思える。
(クラリネットの音は、チューニングに役立つことが多い。それで聞いたわけじゃないけど)

ザビーネ・マイヤーのクラリネットは、クラリネット嫌いの私が聞いても魅力的だな。有名な曲だから、他の演奏もいろいろ聴いたけど、このCDが好きだな。

ごく最近、この曲の魅力をさらに発見、感じることができ、ますます好きになってる。
ぼんやりしながら聴いていたい時に、一番に手にするCD

by johannes30w | 2006-04-25 01:00 | オーディオと音楽
2006年 04月 24日

ツイーターが・・・とか言い出して

ばたばた実験を繰り返し、ふと気がつくと、とんでもないバランスになってる。
e0080678_0363488.jpg


ま、いつものことで、どっかをいじりだせば、必ず一旦は崩れる。

バランスが取れてくると、聞きたくてしょうがなくなるもんだが、今、なんだか聞きたくない。
私の気分が乗らないせいもあるだろうが、こういう時は必ず妙なバランスになっている。

いや、バランスが取れていたとしても、魅力無い音になっている。

聞いていてもつまらない。


こういう時は、聞かないほうがいい。


どうしても聞きたくなって、一気に調整していくほうが上手くいくのは過去の経験からわかっている。

判っているけど、、、、結構辛い。

by johannes30w | 2006-04-24 00:44 | オーディオと音楽
2006年 04月 22日

今日、届いたモノ

e0080678_2123525.jpg


こんなのが3000円弱で届いてしまう。日本の運輸状況は凄い。

期待していなかったが、ちゃんと動いて音も出た。
 まだ本体のモニターからの音しか確認していないけど、、。
だってこいつはさすがに一人では階段を昇らない。  ん?  出来るかな?

とにかく中を確認すると
e0080678_2127628.jpg


モーター部は確認できていないが、結構立派なアンプが入っている
(当たり前だな。局用だもんな)

これで何をするかって?

もちろん、ごんたどんの熱唱を生録するわけ。    (^。^)


でも昔エアチェックしてたテープが聞けるのが一番嬉しい

by johannes30w | 2006-04-22 21:32 | オーディオと音楽
2006年 04月 22日

ババンバンババン!

e0080678_1175553.jpg


ノープロブレム

by johannes30w | 2006-04-22 10:56 | オーディオと音楽
2006年 04月 22日

再びみたび、、、

2360トリプルスタック(変な言葉だ)になって、みんなどう思ってるかな  (^。^)

きっと、音が上から降ってくるように想像されるかもしれないが、本当はさほどでもない。

うちの音像は、2段目の2360が支配していて、その位置からはほとんど上下しない。目で見たイメージに流されてはいけない。天井からの反射を気にされるむきもあるだろうが、うまく角度をとれば、ほとんど問題ない。ホーンの利点だろうね。

そんなことよりも、インラインに設置できたことで、当然のごとく音像に締りが出た。
特筆すべきは実は音像ではなく、音自体にまとまりが出たこと。
非常に充実感のある音になる。しかし、以前のとっちらかりかげんも懐かしいのが我ながら困ったもんだ。


問題はトリプルスタックではなく、4520との位置関係。あるいはホーンセクションの部屋での位置。トリプルスタックにした時、ホーンセクションを内側、4520を外側にした。これがあさはかあかさたな。私のスピーカーセッティングのミソは、45度に近い極端な内振りのホーンセッティングにある。オリジナルイメージは未だにオートグラフなのだが、あの独特の音場再現をモディファイしてる(つもり)。ホーンセクションが内側に来ると、こういうセッティングが難しい。トリプルスタックにした時に、一番感じたのがこれ。しまった!と思った。

ツイーターのことも気になるが(方向はだいたい見えてきたつもりだが)、このホーンセッティングが我慢しきれなくなってきた。

ホーンセクション外側オートグラフ配置を再現すべく考えたが、トリプルスタックで使用するホーンスタンドの制約もあって(ホーンスタンドもきちんと作り直さないとうまく配置できない。あ~やることだらけだ)、いや、トリプルを崩しても、以前の配置に戻すことにした。


で、またまた解体

e0080678_0424817.jpg


いつもの状態だね。

しかし、恐ろしいことに、なんだか慣れてきた。

オーディオで、体力が付いたか?    (>_<)


お気に入り2440の雄姿  (?)
e0080678_045342.jpg



で、瞬く間に(?)組み上げ
e0080678_0453887.jpg


これもよく出す画像
しかし、本日ただ今の画像

ほとんど間違い探しの写真ですな。


こうなって、音自体のまとまりは、ゆるくなった。
音場の出来方と音像の定位感はこちらがいい。あくまで定位「感」で、定位自体はトリプルスタックが上回る。

しかし、これでホッとした。

by johannes30w | 2006-04-22 00:58 | オーディオと音楽
2006年 04月 21日

ツイーターのことは

だいぶ自分の中でまとまってきた。
 ま、それはさておき・・・

e0080678_21411743.jpg


よくわからんが、このギターは音がよかった。
練習しないとなぁ~       (-。-)y-゜゜゜

by johannes30w | 2006-04-21 21:46 | オーディオと音楽
2006年 04月 18日

某所の要望にお答えして

セッティングしてみた

















e0080678_22233358.jpg






危ないぞ~!!







しかし、、




聞きたくない
















こんなんでもし良かったらどーすんの?

by johannes30w | 2006-04-18 22:27 | オーディオと音楽