ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 28日

中間的まとめ

マーラーチクルスを始めたきっかけは、もちろん久しぶりに集中的にマーラーを聴きたくなったこともあるが、
新たに導入したアムクロンのKシリーズパワーアンプを、私のシステムとしてなじんで欲しかったということもある。

導入は、自分にとっては賭けみたいなもので、音として、私にとってほとんど理想的と思えたJBL62XXシリーズのパワーアンプを全て捨て去るのだから、そのリスクは大き
い。

正直に言えば、パワーアンプをアムのKシリーズに入れ替えるのは、よりいっそうの改善ではなく、後退。
音が気に入らない方向へ行くのは解っていた。どうしようもないノイズの問題から変更を余儀なくされた。

後退するのは解っているが、それでも少しでも私のシステムに、そして私になじんで欲しかった。
そのための集中的なマーラー。

バランス取りなどは、試行錯誤すれば、解決すること。
大切なのは、なじんでくれるかどうかということ。

e0080678_3201816.jpg


アムのKシリーズは、K1,K2と二種類のラインアップ。
カタログ上ではパワーが違うだけのような印象を受けるが、
そう期待したのではあるが、
実際に使い始めると、想像以上に音自体が違っていた。


筋肉質、力と瞬発力を併せ持ったK2に比べ、K1はあまりにも細い。
力不足はまあ許せる範囲だとして、高域のピュアな響きは美しいものの、
いかんせん線の細さが私には絶望的にも思えた。

誤解の無いように付け加えるが、一般のアンプ達と比べての話ではない。
私がそれまで使ってきた6260と比較しての話で、世の他のアンプと比べれば、K1だって十分図太い音を持っている。

うちのシステムのミッドバス(300Hz~1150Hz)はドライバー+ホーン
この部分にコーン型ではなくドライバーを使うと、下手をすれば全体として線の細い音になってしまう。
であるから、この部分のパワーアンプは非常に重要になるわけで、以前6260をこの部分に使っていた理由もそこにある。

この部分、本来はK2を使いたいところではあるが、もはや経済的にも購入することは難しく、
K1を使わざるを得ない(ウーハー部にK2を取られてしまっている)。

結果として、アムKシリーズで組んだうちの新アンプタワーから繰り出される音は、意外と軽く細いものとしてスタートした。



JBL62XXシリーズで組まれたアンプタワーが作り出すおどろおどろしい音を善しとしてしまった耳には、
音の寂しさとしていかんともしがたく、さりとて退路を断った自分としては、アムが少しでもなじんでくれることを願ってのチクルススタートだった。


e0080678_3204253.jpg



私のシステムであるならば、マーラーが鳴らなければ意味が無いのは当然なのだが、
私の場合、最終目標がオーケストラであっても、いきなりオーケストラでチューニングしていくことは難しい。
小編成のボーカルから始まって、(よく解らないが)小編成のJAZZ、ポップスを鳴らし、ロックで気分良くなれれば、
オーケストラに突入する。

アムKシリーズに変更し、細いなりにもある程度のバランスが取れてきた上で、マーラーチクルスを始めた。




1、2番と、順調に進み、3番にさしかかった頃大きな変化が起こった。

驚いた。


K1が化けた。


音の細さがまったく感じられなくなった。


これは、私の耳のエージングが進んだせいかもしれない。
ま、そうであっても、私のオーディオである限り、私が満足できればそれはそれでいい。


しかし、

やはり化けたと思わざるを得ない。


ボリュームが大きくなったようにさえ感じられたから。



バランスは、これを機会に合わせ直しとなった。



線の細さはもはやほとんど気にならず、そのピュアな高域の伸びは、まったく惚れ惚れする。




一方、スピーカーシステムの方は、パワーアンプのアムKが6台あるにはあるのだが、30wをIDDWとしているため、
本来の6ウエイは不可能で、5ウエイ+1(ツイーター部はコンデンサー付き)となっている。
一般のように、2405などのツイーターをツイーターとして(変な言い方だな)使う分にはこれでも文句はないだろうが、
私の場合、2441や2420をツイーターとして使っているので、今の使い方ではやはり高域の伸びに不満を感じる。

アンペックスが来て、全体としては非常に満足する状態ではあるものの、早く6ウエイに戻したい気持ちを抑えるのに苦労してる。


e0080678_321893.jpg



不満が皆無であるとは言えないものの、ここまで来れば、マーラー最後期の交響曲を聴く気持ちにもなれる。

次はとうとう「大地の歌」

by johannes30w | 2007-03-28 03:25 | オーディオと音楽
2007年 03月 26日

8番

e0080678_2356436.jpg


このような作品が、人間の手によって創られたことが信じられない


マーラーの言葉の通り、

天体の動きのように、

全てを包括し、

全てを表現し、、




このような作品を、演奏しようとする指揮者が存在することさえ信じがたい。

by johannes30w | 2007-03-26 23:56 | オーディオと音楽
2007年 03月 24日

ポリフォニー

 7番 夜の歌

チクルスは続いている。

7番は、私にとって、難題だった。

オーケストラピースとしての面白さは良く解るし、コンサートでも意外とよく取り上げられていて、
一般的には6番のほうが敬遠されているらしい。

でも、私にはどうしても納得できなかった交響曲。



この交響曲は5楽章で成り立っている。

これが重要。

第三楽章を中心としたシンメトリック構造。

これに気がつかない限り、この交響曲は理解不能。

その場その場での面白さに終始するのみとなってしまう。



この真にポリフォニーな交響曲、そのポリフォニーが故に、逆に構成に依存する度合いが大きい。
6番などとは根本的にまったく違う意図、構成であるだけに、一般に言われている5,6,7番を純器楽的交響曲と一くくりに考えると、かえって混乱する。



自分にとって、なかなか納得できなかった交響曲だっただけに、やたらと聴いた。
手に入るほとんどの7番は聴いた。


最近とうとう納得できる演奏にめぐり合えた




ブーレーズ

e0080678_1353514.jpg



この演奏の、全体を支配する暗さはいい。
決して叫ばず、あわてず、一つ一つのニュアンスを表現していく。
ポリフォニーの具現化。

よくある演奏は、そのオーケストラピースとしての面白さだけを表現したもの。
少しましなのは、その交響曲としての構成のみを強調したもの。

しかし、この曲の本来は、ポリフォニーにあるのであって、ポリフォニーのための構成であることを忘れてはならない。


ブーレーズはポリフォニーの響きを切り捨てない。
全体のバランスを保ちながら、それぞれの響きを実現してゆく。



その響きに身を任せていると、この曲が1,2,3,4番の角笛交響曲の流れを強く引き継いでいることが解る。

もっともマーラーらしい曲なのかもしれないな。



マーラーが好きな私などは、この響きにうもれていたい。

永遠にこの響きに囲まれていたい。






アンペックスはいよいよいい。

ポリフォニーの一つ一つの響きが実在感を持つ。

宙を舞う金管のフレーズ、弦の飛躍、いや、楽器のその実在さえも感じさせてくれる。


うれしいなぁ~


こういうのを蜜月というのだろうか

e0080678_1354175.jpg




ノイマン444Aは、とうとうテーブルから降ろしてしまった。

だが、ラインアンプの475は、これは外せなかった。
外せば素直な綺麗な音になる。

しかし、

物足りない。

475が入ることで、音楽に命が吹き込まれる。

どうしようもない。

e0080678_13543634.jpg




実は、少し気持ちが悪い。


入り口のCDPはスチューダーで、ヨーロッパ製。

次がアンペックスA-10で、アメリカ製。

で、ノイマン475ラインアンプ、ヨーロッパ製

チャンデバ以降はUrei、アムクロンのアメリカ製



ラインアンプがアメリカ製なら、なんとなく落ち着くような気がしない?



というわけで、クワドラインアンプが気になってきた・・・・  (^_^;)

by johannes30w | 2007-03-24 13:54 | オーディオと音楽
2007年 03月 23日

アンペックス

 うちのプリ部はノイマン444A

不動の地位。

e0080678_1123315.jpg


そこに戻ってきたアンペックス

e0080678_1131249.jpg



以前は改造されていたせいか、そこまでは感じていなかったが、オリジナルに戻され、さらにオーバーホールまで完了したアンペックスは、あまりに魅力的。

アンペックスを聞いた後、ノイマンを聞くと、以前はあれほどその力強さ、生々しさに狂喜したのが嘘のよう。あまりにもまっとうな音に聞こえる。
もちろんノイマンにしても、アンペックスにしても、プロ機の世界の話で、一般的な「色づけ」とは別次元の話ではあるのだが、それにしても、アンペックスの後で聞くノイマンには魅力が感じられにくい。
こちらが正しい音であるということは、ひしひしと感じさせてくれるのではあるが、、、、。



e0080678_1314314.jpg




アンペックスはかまぼこ。
上も下もだら下がり。

上ははっきり出ないし、下は、ちょうど30wが受け持つあたりの音が弱い。

しかし、だ。

その生々しさには驚くべきものがある。
ぎょっとするくらいのまなまなしさ。




その瞬間、空間と、演奏者がそこに実在する。
ライブを目の前で生録している感覚。

どこかでこの感覚を味わったと思い出していたら、ごんたどんちのUreiコンソールの音。
あの生録感覚に似ている。



私は迷っていた。

ノイマンは、こいつにはあまりに思い入れがある。
悩んだ挙句に出会った私だけのプリだとの思いがある。

しかし、
変であるにせよ、アンペックスの魅力は大きい。

どちらをとるべきか。



かまぼこなんぞは他のところでいくらでも補正できる。
要は、速やかに使用機器を決定することが必要。






私は始めて両方使っていたいと思い始めていた。

どちらもテーブルから降ろすのに忍びない。



音楽を聴くべき私のシステムは一つであるべきとの自分の信念が、初めて揺らぐのを感じていた。






今日、ありささんからブツが届いた。

e0080678_1421738.jpg


ライン直結プラグ。


試さずにいられるわけがない。



素晴らしいよ!!



アンペックスを使った時、さすがに気になる点もあった。

中低域のエネルギーがあまりに強い。
強いから気になって、レベルを落とすと、アンペックスのよさも失われてしまっていた。
気になる点はあるにせよ、そのよさには代え難かったわけで、そのまま聞いていた。

アンペックスへのライン入力は、ライントランスを介して入力されていた。
e0080678_150557.jpg


このライントランスを外し、ありさ製直結プラグを使うと、、

アンペックスの気になる点が無くなった!

劇的!




そういえば、オーバーホール前にはライントランスを介さず、改造されたマイク入力にラインを入れるほうがよかったんだっけ。
このライントランスは、私には不要なのかも知れない。


それにしても、ありさ製直結プラグの効果は素晴らしい!




私は、ノイマン444Aをテーブルから降ろすことが出来た。


私のプリ部はアンペックスとなる。

by johannes30w | 2007-03-23 01:55 | オーディオと音楽
2007年 03月 18日

チョコレートが来た

e0080678_171321.jpg


by johannes30w | 2007-03-18 01:07 | オーディオと音楽
2007年 03月 14日

一休み

6番が頭の中でぐるぐる回って7番に進めないので一休み。

アンペックスの入力を変えてみる。



アンペックスAM-10はもともと6チャンネルミキサー。
手に入れてから、S氏にお願いしてオリジナルに戻し、オーバーホールを完了した。

ミキサーだから、マイク入力が主なんだけど、4番6番入力は、ライントランスを入れればライン入力が可能。

うちに帰ってきてから4番6番にライン入力して聞いてきた。

以前の改造状態ではスイッチ一つで全ての入力がライン・マイク両方の入力が可能となっていたが、オリジナルに戻したから4番6番しか使えない。

しかし、以前の状態では4番6番入力より1番2番入力のほうがよかった。

帰ってきて、1番2番にライン入力すると、当然のごとく歪む。



で、

ゲインを落として、1番2番入力してみることにした。



まずはノイマン444Aを通し、そこでゲインを出来るだけ落としてアンペックスに入れてみる

e0080678_2222472.jpg


う~ん、音が硬くなった。
整ってると言えるが、ドイツの生真面目さばかりが強調され、おいしくない。
力も乗らない。
話に聞いたありさ邸での結果とはまったく違うな~

面白い(?)のはこの状態ではメチャメチャノイズが多い。
聞けないほどじゃないが、嫌だな。
ありささんがノイズが酷いと言っていたのはこのことなのかな?

インピーダンスが合ってないせい?


気になって、オリジナルに戻した時に取り外された部品(改造のための部品)を見てみる。
e0080678_2227138.jpg

e0080678_22271367.jpg


トランスみたいなもんが並んでる
e0080678_22274268.jpg


これを通して1番2番にライン入力した時の音はよかった。

でも、私には良く解らない。



つまらないからもう一つ。

KJラボから10dBカットのコネクターを借りてきていた。
e0080678_22292784.jpg

一本10dBカットだから、4本で40dBカットとなる。
8本あるからステレオで聞けるが・・・・・

e0080678_22304970.jpg


あまりにブザマだな。
コネクターが壊れそうで、精神衛生上非常に悪い。

これで聞くと、、、

まだ歪んでる。

もっと落とさないといけないらしいが、これ以上伸ばしたくないからここまで。


結局、素直にライントランスを入れてある4番6番入力で聞くのが一番よかった。


全然面白くない。


が、

ほっとしたことも確か。




あ、

片チャンネルだけで60dBカットでも試してみようかな。

e0080678_2237185.jpg


by johannes30w | 2007-03-14 22:37 | オーディオと音楽
2007年 03月 12日

とうとう6番

e0080678_2374786.jpg


6番も大好きな(と言っては変かもしれないが)曲で、いろいろ聴いてきた。

自分にとってのベストはやっぱりバーンスタインの新録音(と言っても今や古いか)。


ここでの演奏は凄い。
バーンスタインの新録音の全集の中でも白眉となる演奏なんじゃないか?

確か、バーンスタインがウィーンフィルと始めて演奏したマーラーがこの6番だったように思う。
その時のものかどうかは知らないが、リハーサル風景の映像も残ってたと思う。

ウィーンフィルは、もちろん泣く子も黙るウィーンフィルなのであるが、これが意外と本気にならない。ま、本気にならなくてもメチャメチャ上手いんだから、文句の言いようも無いが、このバーンスタインの新録音では珍しく本気になったウィーンフィルが聞ける。
冒頭から異様なテンションを感じる。

そんな曲だよと言われればそれまでだが、いやいやそんな言葉で片付けられるような演奏じゃないよ。

これを聴いた後ではほとんどの演奏がゆるくって聞いていられない。
ウィーンフィルの金管の絶叫など、そんなに聞けるものじゃない。


最近聴いたなかで印象的だったのは、ラトルのベルリンライブ

e0080678_25498.jpg


ごんたどんは、どうしてもラトルが気に食わないらしいが、私はかなり好きなんだ。
この人の演奏を聴くと、はっきり新しい時代になったことを感じる。
そんな印象は、アバドがデビューしてきた時にも感じたんだけど、自分の体験を思い出してみても、そんな体験はこの二人以外にはなかった。

このCDは、非常に話題になった演奏会のライブ。もちろんラトルがベルリンフィルの常任になるはるかに前の演奏。この演奏会の噂は私なども知っていたし、FMでも放送されたらしいが、今まで聴くこともなかった。

噂にたがわずと言ってしまってはもったいない。
6番が好きな人は、ぜひ聴いてみるべきだよね。
体裁だけじゃない、形だけじゃない本当の新しいマーラーなんだと思う。




私はシノーポリが好きだ。
でも、実はシノーポリの演奏を聴いて、あんまり感心した覚えは無い。
シノーポリも、マーラーの全曲のCDを出している。
でもどれを聴いても上滑りしているようにしか聞こえない。
これが、もっと老練な指揮者だったらそうはならないのかもしれない。
上滑りしているが故に、その意図や感情もわかってしまうが、それでは本末転倒だ。
ひどい言い方をすれば、シロート的な演奏。

でも、私はシノーポリが好きだ。
シノーポリも、ベルリンやシカゴと演奏していれば、もっとその意図が音楽になっていたのかもしれない。
どうして死んじゃったんだ?
若い時には見向きもされなかったヴァントでさえ晩年にはあれほどになったのに。
残酷だな。



ラトルは上滑りしない。
ベルリンとやっているせいかもしれない。
バーミンガムが下手だとは思わないが、バーミンガムと演奏したバルトークなどに比べ、このマーラーははるかに音楽になっている。
上滑りせずに新しい時代を告げる。


このCDでラトルはアンダンテを第2楽章に配置している。
この6番のアンダンテがやたらと好きな私などにとっては、違和感があった。
しかし、実際に聴いてみると、なるほどと思えることも多い。

いつもの第2楽章は、あの第一楽章の後ではどうしても影が薄い。
それが第三楽章へ来ることで、非常に重要な意味を持っていたことが改めてわかる。
しかし、第二楽章となったアンダンテは、やはりどうもすわりが悪い。

マーラー自身も最後までその配置に迷っていたらしいが、それがはっきりと理解できる。

結局この曲、あまりに楽章自体の個性が強く、配置できない。

よく6番をして、「伝統的な4楽章制をとった・・」とか言われるが、それが故に逆にいびつな形になってしまったのかもしれない。
これはこの後の7番の構成を思い出してみればよくわかる。


ともあれ、このラトルの演奏は素晴らしい。
容赦ない音楽の追及。
それが可能だったのは、やっぱりベルリンフィルだったからなのか?




いろんな6番を聴いてきた。
探してみたら、カラヤンまであった。
e0080678_3323996.jpg



が、


どうしてもこれが出てくる

e0080678_3331635.jpg


バルビローリ・ハレ(このレコードではハルレと表されている)


6番の第四楽章には何度かのクライマックスがある。
バルビローリは、あの無限地獄のような行進に入っていく前に、決意のような、最大のクライマックスを形作る。

それが正しいのかどうかは私には解らない。
でも、私にはどうしてもそれが必要に感じてしまう。

同じように、ここにクライマックスを持ってきているもう一つの演奏が、実はバーンスタインのもの。
ラトルなどはすんなり(?)通り過ぎる。


それに、
やはり一音一音に込められた音楽。

このバルビローリは、唯一無二。

このマーラーを聴くべきだ。




だから、

シノーポリに生きていて欲しかった。
よれよれになるまで生きていて欲しかった。





マーラーのチクルスを始めて、
さすがに6番まで来るときつい。



しかし、私のシステムは、いよいよ馴染んできた。
私のシステムである限り、マーラーが聴けないと話にならない。

バルビローリの表現は、こいつを得てさらに際立つ

e0080678_3484914.jpg

e0080678_349328.jpg


by johannes30w | 2007-03-12 03:50 | オーディオと音楽
2007年 03月 10日

番外編Ⅱ

アンペックスが帰ってきて、つないで、鳴らして、嬉しかった。

自分の音が帰ってきた気がした。

そうそう!  これだよねって

e0080678_9402554.jpg


音がいきなり立体感を持つ。

いや、

「音」なんていうと、ちょっと違う気がするな。

楽器が見えてくる。


私はうれしいぞよ!



今まで弄ってきて、変なところに迷い込んでいたか?

でも、やっぱり、圧倒的な残留ノイズ  (>_<)

でも、でも、別にこれでもいいよ



ノイマンとの違いは、だだちんにも聞いてもらおう

by johannes30w | 2007-03-10 09:47 | オーディオと音楽
2007年 03月 09日

番外編

帰ってきた


e0080678_5464549.jpg




ノイマン危うし!?

                        マジで

by johannes30w | 2007-03-09 05:47 | オーディオと音楽
2007年 03月 08日

5番

 ヴィスコンティの「ヴェニスに死す」という映画でこの5番の第四楽章が使われているのは有名だね。
もともとオペラ畑の人だから、こういう音楽を使えるのは当然として、原作者トーマス・マンとマーラーの、少しではあるのだけれどその交流を知った上で、数あるマーラーの曲の中からこの曲を選んだところにヴィスコンティの意図を汲み取るべきだよね。

e0080678_23181019.jpg


こういった曲は、もちろんその曲だけで成り立っているもので、であるからそういう曲は映画のBGMとしては成り立たず、無理やり使ってみたところでうっとうしいだけ。

そういうことは私などがごたごた言わなくても、ちゃんとしてる映画はちゃんとしているわけで、そういう意味で印象的だったのは、これも古い映画だけど「ジャッカルの日」。
この映画ではいっさいBGMが使われていない。

映画「ヴェニスに死す」でも、当然のごとく曲は単なるBGMではなく、曲が始まれば、物語はその曲にゆだねられる。
物語の中でもマーラーの曲は使われているのだが、それはもはや主人公が弾くピアノのひとつのフレーズであったりする。
で、これが魅力的なんだな~。

ヴィスコンティの映画と言えば、どうしても映画「ルードヴィヒ」を思い出す。

一時期ワーグナーのパトロンとしてバイロイト建設にかかわったりした例の狂王のお話。
ノイシュバンシュタイン城でも有名なのかな。

e0080678_23182732.jpg


ここに出てくるワーグナーが、俳優のせいか、どうも安っぽくていけないが、ま、ここでワーグナーが重さを持ってしまったら、主人公が目立たなくなるから仕方がないんだろうね。

この映画の中で使われているのは、もちろんワーグナーの音楽が多い。
実は私は、この映画の中でワーグナーの絶筆となったスコアの音楽が聞けると聞いて、見に行ったんだ。

絶筆となったスコアは断片的なピアノ譜らしいが、そのピアノ演奏はもちろん、誰の手によるものかは知らないが、オーケストラレーションされた演奏も聞ける。


この曲を映画の中ではじめて聞いた時、マーラーの10番を思い出した。
共に絶筆だから思い出したのではなく、その曲のありかたのようなものを感じて。

いままでの自分の作ってきた音楽から、半歩踏み出して行こうとするような・・・

振り返れば自分が築きあげてきた音楽の森。
踏み出そうとする自分がいるのだが、振り返りたい衝動にかられる。
振り返れば暖かい安住の地がある。
それはわかっているのだが、自分は踏み出そうとしている・・・。

先に何があるのかもわからない。
わかるのは、後ろに残してきたもの。
何があるのか、どこへ行くのかわからない不安と焦りと、
残してきたものを振り切って、切り捨てて歩みだす肩の軽さと、
全てを捨ててしまった、自分の身ひとつのすがすがしさ、
そして、やはりどうしようもない寂しさと、



この映画の中ではシューマンの「子供の情景」も使われている。
狂王の物語になんとふさわしいことか。



映画のエンディングでも、この曲が流れる。
二度と聴けないと思ったから、一生懸命聴いた。
全部、全部、聴きたかった。聴き逃してはならない。

おかげで、何年も経った今でも覚えていられた。

でも、最近、この映画のサウンドトラックが発売されていることを知った。

買った。

e0080678_23185124.jpg


でもほとんど聴かない。




う~ん、
話がずれてる・・・・



5番は人気があるだけあって、レコードもやたらと発売されてた。

ちょうど「ブルックナー・マーラーブーム」なんて言われる時期と、指揮者の世代交代(?)の時期が重なってたようで、当時の若手(?)指揮者はこぞってマーラーに取り組んでたね。

アバド、メータ、を始め、レバインも懐かしい。
そうそう、カラヤンもこの時期5番を出したっけ。

ショルティ、バーンスタイン、クーベリックは置いておいて、

ウィーンフィルとの復活がよかったメータは、今度は手兵のロス・フィルとだが、こいつはがっかり。フィラデルフィアとのレバインは、これはかなりいい。

が、


お気に入りは、なんと言ってもバルビローリ。


バルビローリは正規版(?)としては、EMIから
 5番  ニューフィルハーモニア 
 6番  ハレ
 9番  ベルリン
の3種出ていた。

別格の9番を除いても、5番、6番、共にいい。

当時私は外盤に目覚めたころで、英国プレスのこのレコードを見つけた時は嬉しかったな~
こんな英国プレスを聞くと、国内版なんかカスカスで聞いていられない。
ま、贅沢な話だけど・・・。

e0080678_23192221.jpg


このバルビローリのゆっくりした濃厚な表現は、すばらしいよ。
たっぷりしたテンポに身を任せてその一音一音に聴き入る。
一音一音の表情に、その表現に聴き入ってると、このテンポが当然あるべきテンポに感じられる。

by johannes30w | 2007-03-08 16:57 | オーディオと音楽