<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 23日

ノイズ

システムの静粛化は順調に進んできた。

もちろん効果が大きかったのはパワーアンプの変更なのだが、ここに来て、新たなノイズ発生源が増えた。

e0080678_23532459.jpg


このJBLデジチャンDSC280はうるさい。

本体のサイドパネルに冷却用ファンがあり、これがくたびれているせいかどうなのか、非常にうるさい。

家庭での使用にあたっては、このファンを止めてしまっても問題ないのかもしれないが、
精神衛生上よくない。



ということで、ラックケースに入れてしまうことにした。



ただ、ケースに入れれば放熱環境は当然悪くなるので、天板を外した状態で入れることにした。


e0080678_23535654.jpg


何度見ても、こいつの内部は素晴らしい出来だ。

さっぱりわからないが、

さっぱりわからないなりに感心する。。



で、

入れちゃう

e0080678_23541465.jpg


うーん、この効果は絶大。。

無音状態にはならないが、ほとんど気にならなくなった。


しかも、

蓋が出来る

e0080678_23542990.jpg


蓋のことは考えていなかったのだが、蓋をすることで、あの目障りな液晶表示から開放される。。


うれしいな






パワーアンプの静粛化は、このアムクロンK1、K2の導入で達成された。

e0080678_23544498.jpg


こいつらは、完全密閉・自然放熱型

ありがたいありがたい!!



当然、音についても熟考の上で選んでいるのだが、過去の62XXシリーズで組んでいた時代の音を忘れられたわけではない。

未だにあの時の音を思い出し、感慨にふける。




自然放冷型の音は悪いとは言わないが、熱など気にせず作り上げて、出てしまう熱は強制的に冷やしてしまうという考え方には、つまらない制約を考えない純粋なアンプ作りの本道があるのではないかとどうしても思ってしまう。



改めてそのことを思い知らされたのが、この2台

e0080678_2355161.jpg


上はBGWの7000Bパワーアンプ。

BGWは、以前有名な750Cといういかついパワーアンプを何台か使ったことがある。

あのアンプは超辛口。アムクロンPSA-2よりも、さらに一回り辛口だった。


しかしこの7000Cは、すがすがしくしなやかだね。

もちろんパワー感、駆動力には一切の不満を感じない。

底知れず伸びやかにスピーカーを歌わせてくれる。

非常に気に入っていて、私はもう一台欲しい。


この個体にしても、実家で使われていたものを、物々交換でかっぱらってきたものだ。


実家では、このアンプの冷却ファンのノイズが若干気になっていたようだが。。。




下のは、言わずと知れたJBL6233パワーアンプ

JBLのアンプは有名どころ(?)を除いて結構使ってきた。

友人達にもいろいろ聞かせてもらった。


結論的に言えば、私が多く使ってきた62XXシリーズは、JBLアンプとしては異端の部類に入る。

そのボディにも書かれているように、あいつらはJBL/Ureiなんだ。

Ureiが濃厚に出ている。

それまでの、あるいはその後のUreiのネームが無くなったJBLアンプとははっきり違うものを感じる。



私が最初に集めたJBLアンプはSA640で、これを計6台そろえてマンハッタンに挑んだ。


SA640は、直系とは言わないものの、過去のJBLアンプの血をしっかり受け継いだものと感じていた。
やっぱりJBLだよね、と、頷けるものを持っている。



JBL/Ureiを除けば、民生機だけでなく、ありささんがフルラインアップ(?)として所有し使っている60XXシリーズも、違いはあるにしても、色濃くJBLを感じる。

JBL/Ureiのアンプが登場する直前(?)に発表されたこの6233は、ありささんの60XXの兄弟機であろうと思われる。

音もそうだ。


少し細身に聞こえるかもしれないが、強い。

BGW7000Bに比べると、すがすがしさでは譲るものの、独特の色彩感を持っており、

それが音楽表現において、実に我々に訴えかけてくれる。

JBL/Ureiのような、胸座を掴んで前後左右にぐいぐいゆすられるような力感は無いが、

私にはその駆動力も必要にして十分。

いや、必要な時に必要なだけ駆動してくれる印象だね。



その駆動力と色彩感を兼ね備えてくれるということで、このアンプは是非ともフルレンジで使いたい。



我が家のフルレンジシステム(マルチじゃないと言う意味だよ)は、4520システムと、4560システム。



実は最初は4520システムで使っていて、気に入っていたのだが、

やはり、


やはり、




やはり、






うるさい。。。。






なんせあそこは寝室で、シアターとして使う以外はオヤスミシステムなんだ。





CDをかけたまま寝ちゃって、ふと夜中に目が覚めると、どこかで


「フォ~~~~」



って





寝ぼけマナコで

「ブッチン!」

と電源を切ると



「キュイ~~~~~~~~ン」



なんて泣いてやがる。





なんともかわいい奴だと無理やり思ってもいいんだが、、、、、。





というわけで、3Fの4560システムに使ってる。



e0080678_23553522.jpg



4560は、かっちょいい。

4550なんて知らなかった時代は、オーディオ雑誌の読者訪問記事なんかでたまに出てくる4560システムにあこがれたもんだ。
これに2397ホーン、375、075という組み合わせが定番で、家庭、一般的な部屋で使うには、最大規模と思われた。
ただ、そのユーザーは、JAZZを聴く人ばかりで、けっしてクラシック好きがいなかったことが気にはなっていたが。



たしかに私自身がこの4560システムを組んで、実はクラシックを聴いたことが無い。



意図はしていないのだが、それ以外のソースばかり選んで聴いている。



この4560システムが、私を飛び越えてソースを選んでいるのかもしれないな。




e0080678_23555430.jpg


e0080678_23561115.jpg


by johannes30w | 2008-09-23 23:56 | オーディオと音楽
2008年 09月 23日

母校

先日、母校の学祭を覗いてきた

e0080678_1421865.jpg


長男が、なんと母校に入学し、初めての文化祭を迎えた。


この高校の学祭は、昔からバカ騒ぎになると決まってはいるんだが、、、



伝統は揺ぎなかった。

頼もしい限り




思い出せば、ごんたどんに会ったのは高校一年。

今の長男と同じ歳で知り合ったと思うと、なんだか感慨深い。。


同級生で、ひどく勉強が出来そうな奴がいると思ったのが、ごんたどんだった。


しかし、同級生であった一年生の時には、あまり一緒に遊んだ記憶が無い。



当時私は「クラシック音楽研究会」などという怪しげな同好会を立ち上げ、人のいい担任を部長にまつりあげ、同好会を学校に正式に認めさせるべく幽霊部員をクラス内で無理やり作っていた。


ごんたどんも、その幽霊部員の一人だった気がする。




実質3名の部員からなるクラシック音楽研究会の活動は、音楽を聴いて、うだうだ喋ること。


はじめこそ、教室にラジカセを持ち込んで聴いていたが、そのうち面倒になり、レコードを持ち寄って、自分の家に集まって聴くようになった。





クラシック音楽研究会は、もちろん学祭にも参加した。


何をするのかって、教室を一つ確保し、そこにオーディオを持ち込んでガンガン鳴らすだけ。

一応、ベートーベンチクルスをやろうということで、それにあわせて一人3曲ずつ分担し研究(?)し、発表する予定であったが、当然客など来ないので、もっぱら自分たちで聴いていた。



持ち込むオーディオは、日本橋のあるオーディオショップをだまくらかして協賛させ(研究会のチラシに広告を入れるということで、そのちらしも印刷させた)、なんとマッキントッシュのフルセットを借り出した。

今思えば貴重なマッキンスピーカーに、ガラスパネルのプリとパワーを用意した。

しかし、教室というのは、人がいなければ、おそろしく残響の強い部屋で、まともな音で鳴らすのにどえらく苦労した。

最終的には、でかいマッキンスピーカーは、あわれ学習椅子の上に載せられ、ほとんど自由空間に浮かぶようなセッティングとなった。。。




このシステムで3人の部員だけでガンガン鳴らしていると、周りの学祭参加グループからは、うるさいと、ひっきりなしに苦情が来た。

最後は学祭実行委員からも、止めるよう注意を受けたが、妙に弁の立つ友人が、これらをことごとく退けた。




夕刻になって、学祭がいよいよ佳境に入ると、オーディオは、音を出さなくなった。

最初は何が起こったのか解らなかったが、要は学校全体の電圧が下がったきたためであった。
急遽、自宅からビクターのプリメインアンプを持ってきて対応。。



なんだかわけが解らないまま、妙な満足感と微妙な疲れを伴って、学祭は終了した。






小遣いの全てをレコードに費やした高校時代。





その卒業の時、卒業アルバム用のクラブ・サークルの写真を撮ることになった。

カメラマンがやってきて、構図を決めだした。
構図と言っても3人+部長先生の計4人だから、並んだらそれでおしまいなのだが・・・。



で、

並ぶ順番などを決めていると、目の前をごんたどんが通りがかった。





おーい


「?」


写真撮るから一緒に入れ


「??」





かくして、

幽霊部員だったごんたどんは、卒業アルバムには、れっきとした「クラシック音楽研究会」部員としてその勇姿を残したのだった。。。

by johannes30w | 2008-09-23 02:43 | オーディオと音楽
2008年 09月 20日

まったく

やっとの思いで音出しまで持ってきた。


e0080678_338419.jpg



目障りなアンプを完全に左右に振り分けた。



しかし、


最近とんと忘れていた酷い音になっちまった。。。


e0080678_3395323.jpg




まったく世話の焼ける、、、、




なんてやつらだ

by johannes30w | 2008-09-20 03:42 | オーディオと音楽
2008年 09月 17日

時間が取れたので

レコードショップへ行き、


楽しいひと時を過ごし、


いそいそCDを持って帰り、


封を開けて


e0080678_1923439.jpg




わくわく5Fに上がったら、





e0080678_1933973.jpg





アンプ、ばらしたんだった      (-_-;)





くそ~!

今夜中に音だしするぞ!!!

by johannes30w | 2008-09-17 19:06 | オーディオと音楽
2008年 09月 13日

名作

久しぶりに、

観た


e0080678_1412722.jpg


e0080678_1414365.jpg


e0080678_1415689.jpg



でも、やっぱりこの映画はイヤだな


名作であることは、間違いなんだけど。。。




もしかしたら、

私の場合、

女優の好みで全てが決まるのかもしれないな   

                                       (*_*;

e0080678_1463564.jpg







こっちの方がいいかな

e0080678_147650.jpg


e0080678_148942.jpg


by johannes30w | 2008-09-13 14:09 | オーディオと音楽
2008年 09月 11日

セッティング進む

e0080678_0544060.jpg


レコカットを使ったうちのプレーヤー、かなり気に入ってるんだが、

気になってる部分ももちろんあった(なんのこっちゃ)


夏の陣の時にも気になっていたのだが、レコカットのターンテーブルは、なんだかうるさかった。

ODさんは、「ゴロ?」と言っていたが、ゴロではない。

しかし何だろうと考えていた。


昨夜やっと気が付いた。

e0080678_1124891.jpg


レコカットの構造は、スピードによって違うアイドラーにモーターをサスペンションごと動かして押し付ける。

アイドラーをガチャガチャ動かすのではなく、モーターを動かしてしまうのがミソなんだが、

そのモーターの、オイル注入口がプレーヤーベースに接触していた。

どおりで妙な低周波が聞こえたはずだ。



で、その部分のプレーヤーベースをノミでえぐった

e0080678_1122069.jpg


見えるかな?



とにかく、低周波も消え、今や非常に静かなプレーヤーとなっている。


(アイドラードライブはゴロが出るって言うが、そんなこと気になったことは少ないなぁ~。ゴロが出るアイドラーって、よっぽど酷い状態なんじゃないの?  セッティングをきちんと考えればすぐに解決しそうに思ってしまう)





シロート的に手を入れてもどんどん改善するのがアナログらしくって面白い。



しかし、このレコカットターンテーブル、使えば使うほど手に馴染んで嬉しい。




一番気に入っているのは

e0080678_1154560.jpg


ここ





何が言いたいか、判りにくいだろうが、

ターンテーブルと、レコードの大きさの微妙な違い。



このターンテーブルの大きさが、なんとも言えずいい




レコードを置いたり取ったりする時に、この外周の大きさの違いでレコードがスムーズに扱えるわけだが、

その差が絶妙なんだな~



で、

ターンテーブルの外周が、ストレートであるのもいい。



このターンテーブルの高さも、針を置く時に扱いやすい高さになってる。




DD全盛期にあった国産ターンテーブルは、総じてターンテーブルの外周を取り巻く飾り(?)を持っていた。

写真に撮ればカッコイイかもしれないが、扱いにくいことこの上ない。

音は知らないが、DENONのターンテーブルなど、全てにおいてわざわざ扱いにくくデザインしているようにしか思えなかった。
(扱いを無視すれば、カッコイイデザインだなとは思っていたが・・・・)

ラックスのPD-121(だったかな?)のみ、扱いやすかったね。



レコードもだいぶストレス無く聞けるようになってきた





しかし、

e0080678_1241866.jpg



オイル漏れ




レコカットは、スピンドルオイルはドブ漬け

トーレンスのように、何滴なんて繊細なものではなく、

シャフト受けにドブドブオイルを入れ、ターンテーブルを置き、

そろそろと入っていくターンテーブルが規定の位置まで下がりきるのを待って、

溢れたオイルをふき取る。



当然溢れる。   いや、溢れさせる必要があるわけで、どうしても漏れる。



で、画像の有様となる。




イヤだろうがナンだろうが、こうしないと所定の性能は発揮できない。

こうしないと音が悪い。

しかたない




しかたないが、

私には結構見慣れた風情




昔、延々と乗ってきたオンボロ仏車のガレージと同じ風情



オイルってのは、漏れるもんだ。    (^_^)v








ついでに、ツイーター交換


e0080678_1331721.jpg



14K以上で(異常な使い方で)使っていた2344+2420を、2404H×2に変更


e0080678_1334497.jpg





これは、2344+2420がダメだったのではない。

音としては、もう私にはこれで十分納得できていた。

音の強さ、繋がり、問題ない。


だが、唯一つ、




やはり隣の2344+2420と、どうしても干渉する。

隣の2344+2420は、(確か)8000以上で使っているわけで、上は出しっぱなし。

同じ帯域の音がもちろん出ている。



で、時に耳障りなうわずったような音が出てしまう。

干渉してるんだね。


角度を変えて上下にセッティングできれば問題は少なくなるのかもしれないが、

スペース的に面白くない。



で、

干渉がイヤになって、2404Hの登場となった。



単に一発でやらないのは、今までの試行錯誤の経験からで、

先日自分の過去の記事を読んでみたら、まああきれるほど遊んでた。



2404H×2となったツイーター


当然ハイはスムーズに伸びてすがすがしい。


予想よりはるかにうまく繋がって、いい感じ


たしかに2344+2420に比べれば、パワー感は激減するが、そのかわりニュアンスは豊かに鳴る。



当たり前だね




私がJAZZしか聴かない人間だったら相当悩むだろうが、

幸運にも私はクラシックメインなので、2404Hで行くことにしようか。。




連休は、目の前にだらしなく積みあがっているアンプ群を整理したいな

by johannes30w | 2008-09-11 01:57 | オーディオと音楽
2008年 09月 10日

SPU

新しい、新しくないが、SPUが来たので

今までのと並んで記念写真


e0080678_1232686.jpg



左のが新しく来たやつで、ハーマン時代のものらしい

(真偽は不明)

右のは何年も何年もうちで眠ってて、目覚めたやつ



シールが違う。。



違うんだね






おなかは

e0080678_1255318.jpg


見たところ、そんなに変わらない



ただ、うちにあったやつは、針が曲がっている

e0080678_1264463.jpg


曲がってても支障ないし、いい音出してるから気にはしてない(?)



新しく来たやつは

e0080678_1275233.jpg


まっすぐ




聞き比べはまたの機会に、、






今日は疲れたから、オヤスミしたいが、

e0080678_1285036.jpg



JBLアンプ(6233)ではマジになっちゃうので、

パワーアンプを換えた



e0080678_1301385.jpg



メンテから帰ってきたフィリップス




やっぱりフィリップスは大好きだな

これ、変な話だが、スイングアームの音がする。




何の夢が見れるだろうか

by johannes30w | 2008-09-10 01:35 | オーディオと音楽
2008年 09月 08日

時計

いつ21グラム減るんだろう



   -。-。-。-。-。-。-。-。-。-。-。-。-。-。-。-。-。-




幼い頃、死が怖くてしかたがなかった。

無ということが、空恐ろしく、、、


眠っている間に死んでしまったら、わからないじゃないか。


感じることも無く、考えることも無く、全てが無



無になった自分の存在が、考えれば考えるほど悲しく恐ろしかった。


天国など信じられず、あの世など在るわけなく、それなら無になるだけじゃないか。



少し客観的に見れば、私が死んだところで地球全体としてのエネルギーは保たれているはずだ。

そういう意味から言えば、死は何の変化ももたらさない。

しかし、私自身の変化は、この思考する存在としての私自身は、私自身の問題として無となる。

恐ろしい



だが、私自身の死の恐ろしさは、私一人で耐えればいい。



肉親の死を考えるとき、いてもたってもいられなかった。

肉親の精神、肉体が無になってしまうと考えてしまったとき、かわいそうで、悲しくって、情けなくって、

どんどん涙が出てきた。



怖くって、悲しくって、かわいそうで、情けなくって、

夜は嫌だった。


あんまり気持ちが納まらず、どうしようもなくなった夜は、時には母親を起こした。




母親は、

時には優しくなだめてくれた。

時には怒ってくれた。




そんな心配はしなくていい。

大人になれば解ります。






大人になったら何が解るんだろう。大人になっても解ることなど無いはずだ。


と、思ってしまうのだが、

人に触れれば人間は安心する。


やっとの思いで眠りに付き、そうやって毎日を越えていた。






あれから何十年もの歳月が過ぎ、

わたしもすでに大人になった。


解ったことは、

何も無い。


ただ、恐ろしさから目をそむける方法と、悲しさを紛らわせるコツを知っただけだ。




   ・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・




幼い頃、長いお休みには母親の里に行った。

田舎へ行った



その大きな家の玄関を入ると、右手に大きな柱時計があった。

いつから在るのかは知らない。


今も在るんだろう。



昼間はほとんど意識しなかった。


昼間は従兄弟達と、全てを忘れて遊んだ。




夜になり、雨戸が閉められ、蚊帳の中に布団が敷かれた。

玄関脇の部屋から中の間をはさんで、「おもて」と呼ばれる広間で寝た



欄間からは、かすかに光が漏れている

木張りの天井には無数の木の模様が浮き出ていた



天井の模様は、全て意味のあるものに見えた。

慣れない布団が新鮮で、しかしどこか心細かった。




早く眠れないかなと改めて我にかえると、昼間はまったく気付かなかった柱時計の時を刻む音がいやに大きく聞こえてくる。




あんなに大きな音だったっけ。





ひどくはっきりと、でもどこか木質の響きを伴って、その音は時を刻んでいる。


容赦なく、まったく容赦なく、刻み続ける。




時は、刻むことで、どんどん過ぎていく。

追い立てるように、過ぎていく。




一瞬一瞬が、捕まえたくとも、触れることもできず、



どんどん過ぎ去っていく







   -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-



「夜の歌」


e0080678_302671.jpg






夢か


脈絡の無い悪夢のコラージュ







優しさも


悪夢の中






浮遊




しっかりした地に足をつけようと伸ばしたつま先は、宙を切る







狂ったような行進




全力で・・・・






明るく、


空しく、





どこへ?




いつ終わる?






e0080678_35021.jpg


by johannes30w | 2008-09-08 03:08 | オーディオと音楽
2008年 09月 04日

R.シュトラウス

R.シュトラウスは大好きだな

内容なんてどうでも良くって、その響きだけで素晴らしい。

シューベルトの響きを最も継承した人


懐かしさと悦びが響く



時に、どうしてもその響きに浸りたくなる。




で、

e0080678_21720.jpg


ブーレーズ





これ、

そんなに良いか?


演奏も、録音も、



録音、確かに感心はするが・・・。





世評は変だ


e0080678_212118.jpg








ケンペ

e0080678_213350.jpg



このドレスデンは素晴らしい。

凄いオーケストラだとはっきり言える。


今は、



知らん




R.シュトラウスは、これだよね

by johannes30w | 2008-09-04 02:02 | オーディオと音楽