ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 31日

年末の夜は更けて


 年末がやってきて、生活はいきなり節操を失う

眠たくって眠り込んでしまえば、気が付けば0時を過ぎてる


5Fに上がってみると、付けっぱなしのライトにスピーカーが浮かんでる



茫洋とした気持ちをそのままに、でも、何かしなくてはと考えてみる




磨いていこうか


e0080678_410397.jpg



すごい汚れだな


買ってきた金属磨きをタオルに取って磨いていく

一生懸命磨く

磨く














ベートーヴェンを流そう


じっと聴きこめるほど、安定した精神状態は持っておらず、

それでも聴いていたいと願ってしまうのは、恥知らずだとは思うのだけれど、

ベートーヴェンが流れていて欲しい



e0080678_415414.jpg




鈍いあたまで思いつくのはやっぱり第九

世間一般のまったくの人並みだが、それでいいんだね

かけがえのない音楽


第三楽章が背中で静かに流れてくれる





e0080678_4202135.jpg


磨いても磨いても、

一旦キズになってしまったものは綺麗になるはずもなく、

解ってはいるけれど、

あきらめきれず、

綺麗なってほしくって、

磨く


もう寝ないといけないんだけどな。



もう少し
[PR]

by johannes30w | 2008-12-31 04:24 | オーディオと音楽
2008年 12月 30日

買ってきた

正月用の食料を買うついでに、ホームセンターに行って買ってきた。

e0080678_1293544.jpg


e0080678_129477.jpg


奥が針葉樹合板。 手前は、、、、何て言うのかな?   canadaなんて書いてあるけど・・・

これをダブルで敷いてみる。

とりあえず、6畳分。。



さすがに一気に担ぎ上げる元気がなかったので、明日頑張ろう!

ナントカシートも入れてみたいし、雑巾くらいかけたいしね。
[PR]

by johannes30w | 2008-12-30 01:34 | オーディオと音楽
2008年 12月 29日

ぶつぶつ言ってたら、

ARISAさんが遊びに来てくれた。

ありがとうございます。


と、挨拶もそこそこに、

お疲れさまのねぎらいもまったくせず、

さっそく、


トランスクリプターをばらした


e0080678_2553177.jpg


e0080678_2554264.jpg


バラしてみると、

非接触のマグネットスイッチを筆頭に、

すこぶる凝った構造を持っている。



モーターもちゃんと動き、ナントカすればナントカなりそうな手ごたえだな。



トランスクリプター用磨き上げ剤の準備も出来た

e0080678_2593059.jpg



さあ、

お休みの間に、どこまで出来るか






せっかくARISAさんが来てくれたので、

極寒の5Fでレコードコンサート


e0080678_3194836.jpg



やはりまったく違う。

私の持っているレコード、CDに比べても、圧倒的な音の力、透明感さえ持っている。

別物だね。。



しかしびっくりしたのは、このレコードも擬似ステレオだったこと。。

最初は耳がおかしいのかとも思ったが、ARISAさんも同意見だったので間違いないだろう。。



いつものように、ごんたどんがひょっこりやってきたので品評会(?)。



この貴重なレコードが8000円だとして、果たしてあなたは買うのか?



三人の意見がまったく違ったのが面白かった。





音を聴いたARISAさんは、躊躇無く「買う!」と言った。

ご自分の持っていらっしゃるCDと、あまりに違ったらしい。

「フルトヴェングラーは、ラジカセで聴いてもいいと言うが、あれは嘘だ!」

とのたまっていた。



ごんたどんは「買わない」

彼曰く、「500円のレコードが10枚以上買える」。

なるほど。。



私は、もうCDでもいいかな?

と、少し微妙な気分。

この貴重なレコードが、圧倒的に素晴らしいのはよく判るが、

これを聴いていると、Mr.Mのように専用のオーディオが欲しくなってくる。

汎用というオーディオで聴くならば、CDでもいいかなと・・・・




あとでおしゃべりしてたら、ARISAさんも、モノ専用システムが欲しいと言っていた。

私もチェックだけはし始めているんだが・・・。





いつものことだが、何のお構いも出来なかった。

せめて、もう少し部屋が暖かければね。



でも、一人なら、寒さに耐えながら、聴いているのも一興

(身体には堪えるが・・・・)


e0080678_3191796.jpg

[PR]

by johannes30w | 2008-12-29 03:24 | オーディオと音楽
2008年 12月 27日

年末は

先日、Mr.Mがレコードを貸してくださった。

e0080678_1194090.jpg



51年のフルトヴェングラー・バイロイトのライブ

貴重なレコード



こんな貴重なものを貸してくださるなんて、Mr.Mっていい人だなぁ


それにしても、



貴重すぎて、一人で聴くのがもったいないくらい。

レコードコンサートでも開きたいくらい。。



でも、年末のこの忙しい時期にレコードコンサート開いたって、普通の人は誰も集まらないだろうね

                                 (@_@)




じっくり聴かせてもらいます。








年末年始のお休み

ちゃんと計画しないと私のような人間は、ズルズルと無駄に過ごしてしまう。

無駄が有意義で、貴重な場合もあるけど・・・・・




ある程度は計画しておこう



このお休みにやりたいこと


 接続ケーブルを作る   
        うちの場合、やたらと本数が要る。たっぷり時間が欲しい。

 (できれば)アンプを整理したい
        マンハッタン用のアンプは数がある。今はテキトーに置いているけど、きちんとラッキングしたい。

 4520システム
        これはライフワークかな

 アナログをブラッシュアップ
        今あるアイドラーレコカットプレーヤーを、さらにブラッシュアップしてやろう

 4550に入ってる2220の入れ替え
        今入ってる2220は、送られてきたそのままのもの。きちんとしたもの(?)に入れ替えよう
          
e0080678_11284984.jpg


  アナログプレーヤーのレストア
        どういうわけか、アナログプレーヤーやアームが集まってきている。こいつらをきちんとレストアしてやろう
          
e0080678_11302818.jpg

          
e0080678_11304831.jpg
 
          
e0080678_11364913.jpg

[PR]

by johannes30w | 2008-12-27 11:31 | オーディオと音楽
2008年 12月 26日

もうすぐ年末?

忘年会もこう立て続けに行くと、さすがにきつい。。


眠たいのに、頭もぼんやりしてるのに、それでも帰ってきたらアンプに火を入れる。







ハイにボザークを持ってきてからかなりいいよ。

クロスはさらにじりじり弄ってる。

e0080678_2222293.jpg



ほぼ決まった位置を大幅に変わることはないにせよ、

アンプが変わればどうしてもクロスも変わる。


変わらなきゃおかしいと思う。




チャンデバのクロス設定は、機種によってさまざまで、

固定式、カード式、選択式、連続可変式といろいろあるが、

経験的にも上記の左へ行くほど音はいい。


だが現実は、微妙な部分でのクロスの追い込みが可能であるぶん、連続可変式がありがたいという場合が多くなる。



難しいところだね。








今の4520システムには、先ずははっきりした目標がある。



e0080678_2292631.jpg




ジョン・ルイスのバッハに浸ることが出来るようになること。



ずいぶんましになってきた。

以前のどの時期と比べても、すでに品位は抜群のものを見せるようになってきた。

いずれ書いていくかもしれないが、4520というエンクロージャーは、やはり桁違いにすばらしいね。



でも、4520と2220を使って品位の高い音を出しているなんて、誰も信じてくれないだろうね。



でもでも本当なんだよ


本当の姿
[PR]

by johannes30w | 2008-12-26 02:38 | オーディオと音楽
2008年 12月 25日

クリスマス

 毎年冬の寒い時期になると、ごんたどんがお鍋に呼んでくれる。

私がぼんやりしてることを気遣って呼んでくれる。

ありがたい。 ありがとうございます。


持つべきものは、同じ穴の狢じゃなくって、ルイは友を呼ぶじゃなくって、友人だね。。

本当に感謝してます      m(__)m




美味なお鍋が終わって、総裁ご自慢(?)のアナログ機器群を聴かせてもらう。

何度来ても勉強になる。

勉強にならなきゃウソだね。

あんなに一気にいろいろな音を聞かせてもらえるところなど、日本中探してもないだろうね。

重ねて、ありがとうございます  m(__)m    m(__)m





収穫を胸に高速を飛ばす。

今夜はクリスマスだね。




自分の寒い家に帰ると、早速アンプに火を入れた。



ファンヒーターより先にアンプに火を入れるのは自分でも笑ってしまうが、

そこだけに頼って生きているような気さえする。




昨日からずーっと4520システムばかり聴いている。

アムクロンチャンデバを使ってマルチにして、パワーアンプはフィリップス。





クリスマス



イエスが生まれたのは24日?  25日?




こんなことも知らないで生きているが、今夜はクリスマスイブの夜





何を聴こうかと、車の中でも考えていたが、


e0080678_146352.jpg



マデリン・ペルーのこのCDを聴こう




外は少し雨


夜は更けていく








ちょっと気になる。

気にしなくてもいいのだが、






バカはドライバーを持ち出す。



この4520システムだって、きっちり鳴らしてやるんだ







ここでアムクロンなんか使いたくない。




ボザーク

e0080678_1504169.jpg



こいつをハイにあてがう。


ボザークのこの古い古いパワーアンプは高域のピュアな音が魅力。

ピュアだが線が細くならないのがいいね。


ハイにJBLアンプを持ってくると、このピュアな感じが減る

凄い色彩感を聞かせてくれるのだが、何故だか粉っぽくなってしまう。

6260だけは例外だけど・・・・



クロスをじりじり追い込んでいく



出かけているBGWを呼び戻そうかな。

JBL6233も、ローなら面白いかもしれない。



e0080678_1554361.jpg





クリスマスの夜



一人で何をやっていることやら。。




    -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-



CD探してるのに、

見つからない。。


題名もはっきりしないCDだけど、ジャケットだけは覚えてるんだ



どこへ行ったのかな~



夜が明けちゃうじゃないか
[PR]

by johannes30w | 2008-12-25 01:56 | オーディオと音楽
2008年 12月 23日

やっていこう

e0080678_13402148.jpg


以前にも似たような構成の画像を出したこともあるが、

今回は違う。



前までは、実験的要素が非常に大きく、言ってみれば経験値のレベルアップを目指したもの。

今度は違う。



この部屋は、完全にプライベートルームで、もはや人様を招き入れることは無い。

一時は、ここにシアターを作ってみたりしたが、シアターへの自分の需要はほとんど無いことに今更気が付いた。

e0080678_13403520.jpg


映画を観なくなったのは、もうアルテックがいないからかもしれない。

e0080678_1341744.jpg



このソニーのAVプリも、当然映画を観るために用意したもの。

映画を観ないのであれば、お役御免。


音のみの判断で自分の納得の出来るプリを持ってくることが出来るじゃないか。


そもそも最初は2チャンネルで始めたんだし。。



で、

e0080678_23455215.jpg



ヴァイタルオーディオのラインミキサーを使う。

アムクロンチャンデバを復活させ、4520と2441を分割(ツイーターは分割せずコンデンサー)

パワーアンプはフィリップスでいい。

こいつは6チャンネルアンプだから、マルチにしても何をしてもそのまま使える。



e0080678_23484560.jpg


CDプレーヤーにはプロシードを使う。




すべてお気に入りだ。



あとは私の腕しだい。




4520システムををしっかり鳴らしてやろう。


e0080678_23502974.jpg





ここでは不思議なことにクラシックの比重が小さい。

本当にプライベートなものばかり聴く。



もしかしたら、私の本当の好みが出ているのかもしれない。





もうすぐクリスマスだね

何をかけようか
[PR]

by johannes30w | 2008-12-23 13:41 | オーディオと音楽
2008年 12月 23日

パイレーツ

e0080678_0293728.jpg


所謂、地震ソフト


なんだけど、

かなり好きなんだな


映画本編と同じく、良く出来てて実に面白い


一応オーケストラのような配置があるんだけど、あらゆる手段を駆使して仕上げてる。

サウンドデザインって言うのかな、

凄いね。


一流の作曲家が頑張っても、こんなに上手くやるのは難しいんじゃないか?



で、

結構聞いてる。




どんな演奏家(?)がやってるのか判らないけど、

しっかり「タメ」が効いていて、いいよ   ホント
[PR]

by johannes30w | 2008-12-23 00:34
2008年 12月 20日

第九

 先日お伺いしたtd_124_30036さん(以後Mr.Mとさせてもらおう)が、ごんたどんに連れられて遊びに来た。

        http://blogs.yahoo.co.jp/td_124_30036



Mr.Mの音に少なからず驚いた私は、さすがに構えてしまう。。

Mr.MはJAZZ、それもバリレラカートリッジを用いたモノラルアナログに特化したシステムを構築されている。

その説得力は尋常ではないために、、

構えてしまう



アナログは、ごそごそ遊んではいるものの、未だに鳴れば嬉しい状態を脱しておらず、

よってさらに構えてしまう



先日も、レコードを聴こうとモーターを動かすも、



ターンテーブルは回らない。





寒いからね




グリスが固くなってんだ。





モーターを回しながら、手でもターンテーブルを回し、

しかし、2~3分も回せばグリスがほぐれてきて回るようになった。




今夜もモーターのみでは回らない。。

手でも回す。



2~3分して、

回り始めた。





しばらくほおっておいて、





見に行くと





止まってた       (*_*;






またまた手で回す。

念入りに回す




大丈夫か?








Mr.Mがやってきた。

一通り聴いてもらったが、やっぱりアナログをかけなきゃね









第九の話になった




少し前から、私も第九を聴こうと思っていた




誰の演奏を聴こうかと、いろいろ考えていた


シューリヒトがいいかななんて決めかけていた






Mr.Mは、第九を買ったらしい。

聞き比べて選んだら、フルトヴェングラーだったらしい。





それならと、かけてみた


e0080678_4201695.jpg




大昔に買ったレコード


これが私の初めてのフルトヴェングラー体験だった




当然のごとく、大のお気に入りになり、大切に聴いたレコード









このレコードは、擬似ステレオ。

しかも一枚に詰め込まれている(一枚でフルトヴェングラーの第九が聴けることが売り文句になっている)




言ってみれば、オリジナル尊重派(私もそれに近いかも)が最も嫌うレコード






何の気なしにこのレコードをかけ、Mr.Mと他愛も無い雑談を続けていた





しかし、そこで静かに鳴っていたレコードは、本当に良かった。







このレコードの演奏の復刻CDは持っている(CDはきちんとモノラルだ)。

他にも、フルトヴェングラーの第九のCDも持っている。




CDからは、とうとうあの音楽が聴こえてきた例が無いことに気が付いてしまった。








なんということだ




アナログをしっかりやれと、フルトヴェングラーに言われてしまった



e0080678_431063.jpg






ともあれ、





第九はこのレコードを聴くことにしよう





ターンテーブルを手で回して準備しよう
[PR]

by johannes30w | 2008-12-20 04:36 | オーディオと音楽
2008年 12月 18日

HLA Series

 仕事帰りにHのUさんとこへ寄ってきた

いつものように無駄話をしているうちに、HLAシリーズの話になった。

業界の人以外のほとんどの人は、その存在も知らないかもしれないが、

これが発表された時、とってもとってもワクワクしたことを思い出す。



多くは売れなかったらしいが、


で、

なんと当時のカタログが残っていて、いただいてしまった。


うれしい!

e0080678_137380.jpg


e0080678_1371635.jpg


e0080678_137334.jpg



こんなものをいただいて、大喜びするのは私かODさんくらいだろうな~






e0080678_1391196.jpg


e0080678_1392335.jpg



フライングシステムのハシリだね

現在のラインアレイの元祖と言ってもいいのかな


当時はこのオプチマイズドアパーチャーテクノロジーでのオールホーンシステム(サブウーハー領域以外はホーン)がうれしかったなぁ~

e0080678_1444594.jpg


若き日のダグ・バトン





現在は

e0080678_1454029.jpg


VerTec Seriesだね

e0080678_1464028.jpg


いい値段してるんだが・・・・





その昔、アルテックA5やA7を自宅に持ち込んだオーディオファンがいたんだから、

このVerTecシステムを自分の部屋に持ち込むオーディオファンがいてもいいと思うんだけど、、、、







Uさんの所に寄ったのは、

預けてあったこれを引き取るため


e0080678_1495346.jpg



まだ蘇らせることは出来ていないが、

きっといつか蘇る。


その時が来るまで、もう少し眠っていてもらおう。

再び逢える日を楽しみに




    。-。-。-。-。-。-。-。-。-。-。-。-。-。-。-。-。-。



少しずつ、聴いている。

バッハのフランス組曲

e0080678_1524264.jpg


レオンハルトのチェンバロで


自由に


でも気品を持って、、
[PR]

by johannes30w | 2008-12-18 01:53 | オーディオと音楽