<   2011年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 24日

メトロノーム

新しくやってきたのは、メトロノームのCDプレーヤー T 1 i Signature

e0080678_23273456.jpg


メトロノームは気になるメーカーだったが、全く聞く機会が無かった。

e0080678_23275486.jpg


正直に言えばどうでも良かったんだ。

でも、某お店に入ったから、聞かせてもらおうと思った。

e0080678_23281852.jpg


聞かせてもらう前に、一応仕様を確認した。

と、

気付いた。

e0080678_2328356.jpg


アップサンプリングした96KHzデジタル出力がある!

by johannes30w | 2011-04-24 23:29 | オーディオと音楽
2011年 04月 23日

おまえ、来るのが遅すぎたんじゃないか?

e0080678_136666.jpg


by johannes30w | 2011-04-23 13:06 | オーディオと音楽
2011年 04月 21日

ふたたびみたび

昔から、イコライジング、レベル調整などは、いつでもどこでもやってた。

ごんたどんの車に乗ったら、断りもせずに、彼のカーステレオの調整までやってた。

(次に乗ったときには必ず元に戻されていたけど  (^_-)  )


デジタル伝送が自分のシステムに入って、配信ソフトまで聴けるようになって、

ご機嫌で聴いてばかりいたのだが、

ちょっとボリュームが足りない。

デジタル部分でボリューム調整はせずに、DA後にボリューム調整してパワーアンプに入れるわけだが、

以前の設定のままではボリュームが小さすぎる。



アナログ時代、私は接続ケーブル内は、出来るだけ大きなエネルギーを通したかったから、

ノイマンスケルトンのボリュームも、70%以上の位置で使えるように、パワーアンプの入力ボリュームを設定していた。

その位置では今では音量が物足りないんだ。



で、

パワーアンプの入力ボリュームを上げることにした。



単純なようだが、これは非常にリスクを伴う。

6ウエイで綿密に追い込んだ位置であるから、

単純にワンクリック上げるなんてことしても、結果は悲惨なもの。

でもやらざるを得ないからやるのだが、



e0080678_1295375.jpg


音の小さなCDで、SPLのボリュームがこの位置で、ほぼ満足できる音量を作る。



ミッドロー以上のアンプはワンクリック上げた。

ローとスーパーローは、2クリック上げる必要があった。


で、

またまた始まる

e0080678_1323023.jpg


女性ボーカルを使って、





意外とすんなり落ち着いた。

数時間で落ち着いてくれるとは、

これは予想以上の成績!


後は、しつこくしつこくじりじり弄っていく。


デジタルで、変化量が正確なせいか、装置全体が、なんだか素直に付いてきてくれる。



うん、

上出来上出来     (*^_^*)

by johannes30w | 2011-04-21 01:35 | オーディオと音楽
2011年 04月 20日

ネット配信

ベルリンフィル

ニューヨークフィルハーモニック

シカゴ交響楽団

by johannes30w | 2011-04-20 10:44 | オーディオと音楽
2011年 04月 19日

次は

PCだね。


私がPCに拘っているのは、配信ソフトを聞きたいから。
フォーマットは知らないが、いや、そんなことは実はどうでもよくって、
今や、ベルリンフィルをはじめ、多くのオーケストラが、ネットでコンサートを配信している。

それを聴きたいためのPCなんだ。

そのためにPCを組み、オーディオボードを手に入れた。
私自身はLynxのAES16eというのを手に入れたのだが、
これは、私にしてみれば、単にPCから高品位の出力を得るためのもの。
メーカーが考えた機能の百分の一も使わない。

ただ、
このLynxが大変だった。

PCなど素人の私が訳も解らず組んでいるもんだから、
認識さえしない。
最近やっと動き出したんだが、
やっぱり数ヶ月かかってる。



PC出力を受けるアンプも用意できたので、
とうとう音出し!
(でも、やっぱりkenplinさんに手伝ってもらった。ありがとうございました)

ソースはベルリンフィルのアーカイブ

e0080678_162582.jpg


e0080678_164845.jpg


e0080678_171124.jpg


うれしいな!




e0080678_174859.jpg


やっと蓋ができる  (^.^)

by johannes30w | 2011-04-19 01:08 | オーディオと音楽
2011年 04月 18日

不思議?

e0080678_1221232.jpg


tc electronicのDigital Konnekt x32っていうのは、
正式には
「フォーマット・コンバーター内臓のプログラマブル・デジタル・パッチベイ/オーディオ・ディストリビューター」
なんて言う。

私がこの機器をどう考えてるかといえば、
「デジタルのセレクター」

どんなフォーマットのデジタル音源が来ても、大丈夫なセレクター



こいつでデジタルソースを管理する。

何度も書いて悪いが、

私が想定している音楽音源は三つ


1)CDプレーヤー (44.1KHz)
2)PC      (不明)
3)アナログレコード(ADコンバーター次第だが、96KHzにしたい)

こいつらをDBXのデジチャンに入れたい。
DBXのデジチャンは、96KHzで動いてるから、
この三つのソースを96KHzにコンバートしてから入れたい。
つまり、サンプリングレートの変更が必要なわけで、
だから、セレクター(パッチベイ)機能とSRC(サンプリングレートコンバーター)の機能を併せ持った機械が必要だったわけ。

その機械がこのtc electronicのDigital Konnekt x32なんだね。

e0080678_1224110.jpg


DBXのデジチャンは、48KHzと96KHz入力に対応してて、さらにSRCも内蔵しているけど、
前にも書いたとおり、SRCっていうのはAD、DAコンバーター同様、非常に重要なんじゃないかという予想があって、内蔵をそのまま使うんじゃなく、ちょっと贅沢したというところかな。

e0080678_1231083.jpg


昨日の接続で、CDPはとうとう鳴り出した。


スチューダーA730        CDP

 ↓ デジタル44.1KHz

tc electronicのDigital Konnekt x32 SRCデジタルパッチベイ
 (内臓SRCで96KHzに変換)

 ↓ デジタル96KHz

DBX 4800           デジタルチャンデバ  
 (内臓DACでアナログ変換)

 ↓ アナログ

SPL(8チャンネルボリューム)×2 ボリュームコントロール

 ↓

ラブ・グルッペン         パワーアンプ

 ↓

JBL                スピーカー




こんな感じ


e0080678_1233819.jpg



で、

昨日、

私が考えに考えたデジタルシステムがはじめて音を出した。




その音は、



なんと、

力がある!




いつの間にか失っていた音の力が帰ってきたんだ!

びっくりしたが、

嬉しかった~!





告白すれば、

それまでのUrei525チャンデバからDBX4800デジタルチャンデバに変えた時、
やはり予想通り(?)なことが起こっていた。

私のシステムが、人が違ったようにおとなしくなった。
なるほど綺麗で申し分は無いのだが、
何故だか音の熱気、力を失っていた。

全てのスピーカーが逆相になったのかと思った。

でもこれはやっぱりデジチャンの音で、変えようがないことはなんとなく理解していた。
それでも有り余る調整機構でなんとかしてやろうと試行錯誤し、
十分以上に納得できる状態まで来ていた。

しかし、

(私が)理想とするデジタル伝送を確立し、
音を出した瞬間、
あの失われたと思っていた熱気が、音の力が帰ってきたんだ。




不思議だ







一般に、
デジタルの音は余韻が素晴らしい。空間表現がすごい。
でも、肝心の音像は陽炎のごとく、薄っぺらで実体感に乏しいなどと言われる。

逆に
アナログの音は、
がっちりした実体感を聞かせる。
しかし、いろんなものを塗りつぶしてしまう。




そんな定評は、すべてうそ!


本当のデジタルは、空間も、余韻も、音像の実体感も、全て持ってる!

すごい!


デジチャンを使っている人なら、
なんとしても試して欲しい!



いっぱいやりたいことはあるんだが、

嬉しくって、

ずーっと聴いてる   (*^。^*)

by johannes30w | 2011-04-18 01:21 | オーディオと音楽
2011年 04月 17日

接続



e0080678_1515610.jpg


これをばらして

e0080678_1494198.jpg


e0080678_15075.jpg


e0080678_1502973.jpg


e0080678_1505025.jpg


出た!

by johannes30w | 2011-04-17 01:52 | オーディオと音楽
2011年 04月 14日

ここからスタート

デジタルをスタート

とりあえずはこいつらを使って

e0080678_2185788.jpg


e0080678_2192176.jpg


e0080678_2194268.jpg


説明は、また明日



ケーブルまで新調する必要がある

e0080678_2203282.jpg






ブラームス  弦楽六重奏曲 第一番   第二楽章




さあ、

はじめよう

by johannes30w | 2011-04-14 02:20 | オーディオと音楽
2011年 04月 13日

今夜で、

今夜で最後の夜かな?

明日には、

一旦ばらして組みなおす。



例によって、最後の時間が来るころには装置は最高のコンディションとなる。

0.1dBレベルの調整も進み、実にいい感じ。

確認のために、昔から良く聴いたCDを出してきて、

じっくり聴いてみる


e0080678_151471.jpg





どうしてこのシステムを崩す必要があるのか。




明確な答えは得られないまま、明日がやってくる




キング・クリムゾン   エレファントトーク  セラ・ハン・ジンジート



by johannes30w | 2011-04-13 01:11 | オーディオと音楽
2011年 04月 12日

リスト  ラ・カンパネラ



by johannes30w | 2011-04-12 01:41 | オーディオと音楽