<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 28日

当たり前と言えば当たり前なんだけど

暫くの間、ソースをCDとPCによるストリーミング再生に限って聴いていた。

マーラーの没後100年のこともあり、

HALさん御所望の4番から始まり、

7番、3番、5番、1番、2番、と聴いてゆき、

さあ6番を聴こうと思った時、自分が聴きたいのは、やはりバルビローリの6番だった。

またの機会に書こうと思うが、私はとうとうバルビローリの6番のオリジナル盤を手に入れた。

今、これを聴かずしてどうするんだ。



久しぶりにRCAギアドライブを動かし、ノイマンのフォノイコライザーに灯を入れ、結線した。

以前と全く同じ結線。

音が出て、愕然となった。



酷い。

あまりに酷い。

乾燥しきった上滑りの、深みも艶も何も無い音だった。



何が起きてしまったんだ。




確かにCDやPCソースでチューニングはどんどん進めてきた。

その方向性がアナログを拒否するものなのか?






デジタル機器を使っている人の間では、ソースごとに違ったイコライジングを行っている例を良く目にする。

それどころか、同じソースであっても、数種のカーブをメモリーさせ、それを使い分けている人さえいる様だ。

人様のことをあれこれ言うつもりは無いが、6ウエイのシステムを使っていることもあって、

私はイコライジングはやりたくない。

いや、

やる必要を感じない。



きちんとしたセッティングさえ出来れば、イコライジングは全く必要なく、その悪影響だけが残る。



今でもそう確信しているから、アナログ用なんてセッティング(イコライジング)を個別に作るつもりは全く無い。




しかし現実として出てきたその音のあまりの酷さに、私もさすがに気力が失せてしまった。








そんな時は何をやってもだめなもので、いや、何かやってしまうと悪い方向にしか行かないことは、

何度も何度も経験している。




気分を一新させよう。





気になっていた部屋(機器)の整理をしよう。



別のフロアにおいてあった4520を、再び持ってきた。


e0080678_1663572.jpg




ここに設置する覚悟を決めた。

今まで散々模索してきたケーブルやコネクターや、メンテナンス用の膨大なオイル、

それ全てを一旦きちんと整理しよう。




しかし、

使わなくなった、恐ろしく大量のケーブル、どうしよう。。。。

by johannes30w | 2011-05-28 16:29 | オーディオと音楽
2011年 05月 18日

ちょうど今ごろ

そういえば、
以前もこんな思い込みをしていたように思う。

マーラーが死んだのは、5月18日

どういうわけか、私はその日を5月8日だと思い込んでいる。
何十年も、思い込んでいる。

101年目の来年は、この思い込みは無くなっているのだろうか。




20年前の今頃、私はウィーンにいた。
ほとんど初めての海外旅行だった私は、水ばかり気にしていた。
水飲みで、胃腸が弱い私にとって、欲しいときに水が飲めないかもしれないというのは、
考えただけでもぞっとすることだった。
まさか砂漠をラクダで越えようとするのじゃあるまいし、そんな心配は杞憂であるには違いないのだが、
それでも海外旅行ということで、どこかテンションも上がっていたのだろう。
空港を降りて、タクシーでウィーンに入ってからは、水のことばかり気にしていた。
手元の市内地図をうんうん確認し、マーケットらしき店を見つけて、
のそのそ歩いていった。

マーケットは地図の通りに存在し、ペットボトル2本の水を確保し、
やっと人心地ついた。

重い水をかばんに押し込んでよぼよぼホテルに帰った。
水はたいそうたいそう重かったが、
かんしゃくをぶつけるにもそれを求めたのは私自身であって、
自分自身に怒り散らすこともできず、ひたすらよぼよぼ歩いた。


いったいウィーンに行ったのは、その空気を体感するため。


その旅行は、一週間ほどの休みを取って行ったのだが、
そのすべての時間をウィーンで過ごした。
同じホテルの同じ部屋で過ごした。

昼はあちこち歩き回り、夜はコンサートへ通った。

ムジークフェラインで舞台の上の客席に座り、若いキーシンを目の前で聴いた。
ウィーンフィルはさすがに聴けなかったが、ウィーン交響楽団は、これもムジークフェラインでビエロフラーベクの指揮で聴いた。
タキシードを着て、シュターツオパーにも出かけて行き、オペラを聴いた。
中休みには踊り場で、似合わないワインなど飲んだ。

シュターツオパーのみやげ物屋には昼間にも出かけて行き、
ごんたさんへのお土産のレコードを買ったりした。
自分へは、全然似ていない小さなマーラーの胸像を買った。


そう、
マーラーなんだ。



ウィーンに行きたかった最大の目的は、マーラーの墓地に行くことだったんだ。

お墓参りというつもりはなく、
墓を見たいという気持ちでもなかったのだが、
とにかく行かなければいけないと思っていた。

ウィーン市内から市電に乗り、
郊外へ向かった。
片田舎の駅を降り、さっぱり解らない墓地への道を、
駅のベンチに座り込んでるおばさんにマーラーの写真を見せて教えてもらった。




MAHLERとだけ記された墓石の前に立ち、
そこにマーラー自身が眠っている土を触り、
生えている雑草を撫でて、
私は何も考えることができなかった。

ほんの少しの時間をその場所で過ごし、
呆然としたままホテルに帰った。




ウィーンでの様々な経験は、
私にいろいろなものを与えてくれた。





以前にもどこかで書いたが、
シュターツオパーでR.シュトラウスを聴き、
この音楽のエネルギーを再生するには、
もはやJBLかヴァイタヴォックスしかないと実感した。
それも、ドメスティックなシステムでは不可能だと。

それまで自分が夢見てきたオーディオシステムの方向が間違っていなかったことを、
あの時、確信したんだ。



その年はモーツァルトの没後200年の年で、
ウィーンの町は、モーツァルトで溢れていた。

町の中を歩きながら、私は気がついた。
20年経てば、マーラーの没後100年になる。
そして決心した。
20年後、もう一度この町に来よう。




20年が経った。
今年はマーラーの没後100年。
しかし私はウィーンにいない。




オーディオシステムは、
あの時考えたことを実現してしまった。
いや、当時の想像を、予想をはるかにしのぐシステムをとうとう組み上げてしまった。


そんなものの実現は、とてもじゃないが不可能で、夢に終わるに違いないとどこかで諦めながら、
しかし、それは私にとっては必然で、実現は当然だとも感じていた。
そしてそいつに向かって自分の可能な限りの努力をしてきた。
もはや現実となり、しかし魔物のようになってきたそのシステムは、
自分でも驚くほどの音楽を聴かせてくれて、
もはやこれ以上何も望むものは無いとさえ思える。



しかし、今、
私はウィーンにいない。

by johannes30w | 2011-05-18 02:00 | オーディオと音楽
2011年 05月 08日

HALさんがいらした

e0080678_21203411.jpg


連休の最終日、HALさんが来て下さった。

HALさんが来るとなれば、私にしてみても、結構緊張する。

恐らく関西で、いや、国内のオーディオファンの中でも指折りのうるさ方。

さらに理論家、行動派、実行派でいらっしゃる。

HALさんのご自宅にも一度はお邪魔しなければと思ってはいるのだが、

なんだか恐くて実現できていない。


もちろんHALさん自身は穏やかな方で、面倒なことなどおくびにも出さない紳士でいらっしゃるのだが。。。


お土産のCDまで頂いてしまった。

ありがとうございます。

ベートーベンの初期の弦楽四重奏は、ほとんど聴いていないので、

非常に楽しみです。






ざっくり聴いてもらって、

CDプレーヤーをメトロノームに換えてみた。



あれっと思うくらい上手くなる。




そうなんだ。

これはHALさんが傍にいらっしゃったからに違いない。



オカルトじゃないが、

オーディオ機器ではそういうことが良く起こる。




私一人の時は、こんなに上手くは鳴ってくれなかった。






それで、

解るんだ。

メトロノームを使うのはHALさんじゃないといけないんだ。

私では、メトロノームの良さが出ない。



e0080678_213222100.jpg




このことは、実は私にはショッキングなことで、

自分との相性がはっきり結論付けされたに等しいんだ。




ショックであれ、何であれ、

今日私の部屋で鳴った音は、HALさんがいなければ出なかった音には違いなく、

だからそんな瞬間も、

その音を聞き逃したくないと思った。




ただ音楽を鳴らしていただけの時間ではあったけれど、

その時間を如何に受け止めるかが、私の、私自身の音楽資質が問われるところでもあるんだ。






いつものように、何もお構いできず、時間は過ぎ去る。

これに懲りず、また遊びに来てくださいね。










そして今日は、

e0080678_2139434.jpg


ちょうど百年前の今日、

マーラーが死んだ。


七番から聴いていこう。

by johannes30w | 2011-05-08 21:40 | オーディオと音楽
2011年 05月 05日

とうとう

調整も順調に進んできた。
ハイのチリチリもやっと取れた。

だが、
ここまで追い込んでくると、
逆にいろいろ見えてきてしまう。

e0080678_123270.jpg


これは右チャンネルの30w

ユニットは

e0080678_1265174.jpg


これ。

これは新型なんだ。





左チャンネルは

e0080678_1274527.jpg


e0080678_1281198.jpg


これは旧型ユニット。


そう。

私の30wは左右でユニットの製造年が違う。

カタログデータは何にも変わっていないが、

音は全然違う。



チャンデバがアナログだった頃は、その制御も明確には不可能だったから、
かえって気にならなかったが、
デジチャンが入って、40Hz以下の制御もきちんと出来るようになってくると、
そのユニットの違いがとうとう気になり始めてきた。

困った。

なんとかしなきゃ。。。






e0080678_132074.jpg


この最高域を受け持つユニット群、
ここらもデジチャンで明確な制御が出来始めた。

微細な干渉から来る音の上ずりも、
今までは、レベル調整と、ユニットの設置角度なんかで合わせ込んできたが、
それも限界がはっきり見えてきた。

いよいよ各ユニットごとのカットオフ調整、位相管理を徹底しないといけないのかもしれない。



いよいよ大変なことになってきたのかもしれない。



でも、

とりあえずは、



そのままへらへら聴いていよう    (*^_^*)

by johannes30w | 2011-05-05 01:37 | オーディオと音楽
2011年 05月 04日

う~む

デジタル云々も嬉しいんだけど、
ネット上の配信コンサートを思いっきり聴けるのが何より嬉しい。
毎日、楽しみに聴いてる。

なんと贅沢なんだろう。

ありがたい時代だな

e0080678_283439.jpg


聴いていくと、
昔、一生懸命エアチェックしてた音を思い出す。

あの頃、エアチェックしてて何が嬉しかったかって、そのライブ音響なんだ。
何故そうなるのかは良く解らないし、CDやレコードになっちゃったら、何故あのライブ感が無くなっちゃうのかも良くわからないんだけど、とにかく、FMエアチェックの海外ライブ中継は、臨場感満点で、大好きだった。

もちろんFMだから、周波数レンジはたいしたことないし、ダイナミックレンジは酷いもんだ。
でもそういうライブ放送の音が、私にとっては何より嬉しかった。


今聴くことができるベルリンフィルの配信コンサートでも、ダイナミックレンジははっきり抑えられているが(そりゃそうだ。基本的にPCで聴くように考えられてるんだもんね)、それでも、あのライブ感はたっぷり残っていて、私には非常に嬉しい。

e0080678_29175.jpg


昔から、音重視の重量級レコードで再発売とか、リマスターして高音質でとか、いろいろフォーマットを変えて音質に気をつけたソフトがオーディオファン向け(?)に販売されてきたが、私に言わせれば、そんなものは取るに足らないもので、録音は、先ずはエンジニアのマイクセッティングが命で、それがだめなら後は何をしてもどうしようもない。

私にとっては、フォーマットも重要だけど、それよりも、何よりも、ソフトウエアである録音エンジニアの技量が大切。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



先日、monさんが来てくれた。
PCを上手く扱えない私を助けに来てくれた。
ありがとうございます。

e0080678_295163.jpg


PCでしたいことは、配信ソフトの再生。
ベルリンやニューヨーク、シカゴやボストンもやってる。
これの再生を上手くやりたい。

そのために、PCの音声出力ボードにAES16eまで組み込んだ。
ただ、
その使い方さえわかっていない私なのでした   (^。^)


私自身は、リッピングをするつもりは無いのだが、
単なる出力のしかたにも、いろいろあるらしい。

Nong-Khaiさんが教えてくれたASIOというのさえ、良く解らなかったんだが、
要は、ウインドウズを通らない音楽再生らしい。

なるほどなるほど。

で、

そういう無料(!)ソフトをダウンロードしてもらい、
試す。

そういうソフトはやっぱりいろいろ弄れて、
例えばリッピングしたソフトをアップサンプリング(こう書くと聞こえはいい)して出力することもできる。

AES16eは、192KHz 24bitまで対応できるから、上げるつもりなら、そこまでできる。


問題は、
ベルリンの場合、ダウンロードして再生するんじゃなく、ストリーミング再生だから、
どうしてもウインドウズを通ってしまう。
さあどうしたもんだと、monさんも考えてた。
宿題宿題。。

それからは、、、


もはや私には解らない。
解らないこともないが、ここに書けるほどは理解し切れていない。


ただ一つ。

試しにCDをリッピングしてみた。
私のPCはウインドウズ7で、monさんが考えてたリッピングソフトが使えなかった。
7は、現時点では、まだまだ厄介なようだ。

でも、
そんなふうにしてリッピングしたCDを聴いた。
スチューダーのデジタルアウトでも聴いた。

結果は、

スチューダーの圧勝。


実は、リッピングにはもう少し頑張って欲しかったんだけど、
現実は厳しい。


monさんには、リッピングでスチューダーに勝って欲しい。

宿題宿題。。。




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


メトロノームのCDプレーヤー、96KHzのアウトがあるから買った。
もちろん、お店にあるめぼしいCDプレーヤーと聞き比べて、
圧倒的に優れているのも確認した上でだ。

しかし買うのを決定したときは、
うちにまだtc electronicが無かった時。
うちのデジチャンdbx4800は、96KHzで受け、内部でも96KHzで動いてるから、
96KHz入力を直接入れることができることが魅力だった。

結局、CDは44.1KHzで作られてるから、メトロノームは、それをCDプレーヤー内でコンバートして出力するんだね。

dbxには96KHzで入力することは決まっているから、
現在の私のシステムでは2つの方法がある。

メトロノーム内で96KHz変換して、tc electronicは素通りしてdbxへ入れるやりかたと、
メトロノームからそのまま44.1KHz出力し、tc electronicで96KHz変換してdbxへ入れる方法。

当然試した。

圧倒的に、後者のほうが優れている。
音がどうのこうのと考える必要も無く、後者を選ぶ。


予想通り、サンプリングレートコンバーター(SRC)の音への影響力は非常に大きい。

今回は、メトロノーム内のSRCより、tc electronicのSRCが圧倒的に優れていたということだね。



44.1KHz出力がいいのなら、
今度はメトロノームとスチューダーのガチンコ対決となる。

両方ともトランスポートとしての対決だね。



結果は、



圧倒的差でスチューダーに軍配が上がる。




う~む。。。

by johannes30w | 2011-05-04 02:10 | オーディオと音楽
2011年 05月 03日

デジタル化で、アナログ化?

デジタル化を進めて、非常に興味深く、そして嬉しくて仕方ないことが起こっている。
何度も書いてきたが、私の場合、半分仕方なくデジタルチャンデバを導入し、
それならば、今現在自分が考えられる理想のデジタル伝送をやってみようとはじめたもの。
理想を追いかけようとしてきているのだが、音への期待はまったく無かった。
理想を追いかけようと決心したのも、デジタル化することでの負の部分をできる限り少なくしたかったため。
デジタル化することでの負の部分とは、すなわち音。
音に関しては、私は悲しいかなマイナスイメージしかない。

それは、CDよりレコードのほうが音がいいなんていうわけのわからない話じゃなく、
純粋に「デジタル」というものへのイメージね。


確かにうちのシステムにデジチャンを導入して、功罪相半ばするものがあった。
緻密な調整はもはやデジタル無しでは考えられないし、その調整で得られるものも計り知れない。
しかししかし、それでもなお音自体に不満が無かったといえば嘘になる。


理想のデジタル伝送を追求するなんて言ったって、
おそらくその「不満」が大きくなる方向に進んでしまうに違いないと思っていた。
その「不満」はさておいて、新たな魅力が発見できればいいと思っていた。

だけど、
そういう予想はまったく覆された。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



スチューダーのA730というCDプレーヤーを使い始めて、
もう長い。
私のシステムで、一番長く使っているオーディオ機器だ。
今までも、幾多のCDプレーヤーの挑戦を、いとも簡単に退けてきた。


そんなスチューダーA730を評して、よく雑誌などに書かれるのは、
「アナログライクな音」とか、「アナログを聴いてきた人にも違和感が無い」
なんていう表現。

まあ、解らないでもないが、
それでもいつも思う。

こいつはいったい何が言いたいんだろうか?

単純に考えても、良く解らない。
褒めてるのか貶してるのかも解らない。

一つだけ解るのは、こういう言い方をする人は、アナログの音とデジタルの音をはっきり区別している人だということ。

斯くいう私もそういう一人だった。

でもそれが、間違っていたことがはっきりした



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



単に、デジチャンを導入し、今までのシステムのチャンデバの位置にデジチャンをはめ込むと、確かにデジタル臭さが出てしまう。

デジタル機器が増えるとどうしようも無いものだと、当然のように納得していた。
だから、利便性を求める人以外には、あまりお勧めしたくないと感じていた。

しかし現在、デジタル化を進めて、理想とするデジタル伝送に近づいてみると、
なんとデジタル臭さは感じなくなってしまった!

それどころか、
アナログ時代に強く強く求めていた音の実在感、音のエネルギー、音楽の力を、
アナログ時代には考えられない次元でいとも簡単に実現してしまっている。

デジタル化を進めて、音は、アナログに戻ってくれた。
私の求めていたものが、何の言い訳も無く、ここにある。



ここまで来れるとは思っていなかった!

後はクロックか。

by johannes30w | 2011-05-03 01:48 | オーディオと音楽