<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 14日

役者は揃ったか?

e0080678_1151161.jpg


e0080678_1152693.jpg


e0080678_1153828.jpg


by johannes30w | 2011-07-14 01:15 | オーディオと音楽
2011年 07月 12日

再びフォノイコ

レコードが思いのほか上手く鳴り出したので、

やはりいろいろ確認したくなった。

これで決まりと思っていたのだが、

ノイマンの真空管フォノイコ以外を放出する前に、

もう一度聞いておこうと。。。。



先ずはお気に入りのマランツ7T

e0080678_0412289.jpg


昇圧トランスは、これは私はFRのXF-2以外はありえないから迷いは無い。

繋いで鳴らすと、


ありゃー、

ノイマンより私好みじゃないのか?



こりゃ聞き込んでやる必要がある!





少し焦って、



もう一つのお気に入り。

GASのゴライアス(ガリオテ)

e0080678_0462344.jpg


狭い中でごそごそ苦労して何とか接続。

鳴らしてみると、


おりょ~、これもいいじゃん。

なんだかどれでも上手く鳴るな~

スチューダー962の性格が、支配的なのか?



感心している場合じゃない。



方チャンネルから音が出ていない。



お?

さすがGAS、またまた機嫌を損ねたか?







何のことは無い、

引っ張りすぎて、コードが切れた


e0080678_050362.jpg


GASさん、すみません。

私の不注意でした。


私のフォノケーブルは、カートリッジから、そのまま伸ばしてるから、細くて直ぐ切れちゃう。

でも、

この方が良いんだから仕方ないな~



また半田付け




比較試聴はまたあした

by johannes30w | 2011-07-12 00:54 | オーディオと音楽
2011年 07月 09日

どこまでアナログ?

e0080678_1505427.jpg


e0080678_151101.jpg


by johannes30w | 2011-07-09 01:51 | オーディオと音楽
2011年 07月 07日

ちょうどいい感じ!

ありささんが心配してくれた入力オーバーだが、

PFLの表示の仕方がいまいち解らずぼんやりしていたら、

kenplinさんがブログで教えてくれた。

言われたとおりにやってみた。

現状のゲイン設定で

e0080678_1928100.jpg


いい感じ!



今日は七夕だね

by johannes30w | 2011-07-07 01:10 | オーディオと音楽
2011年 07月 05日

レコードを聴こう

レコードが、思いのほか良くって機嫌がいい。

前に最後に聞いた時は、あまりの酷さにあきれ返ってたのだが。。。



あれからの変化と言えば、こいつ

e0080678_1364475.jpg


スチューダーミキサー




こいつが来るまでは、

ノイマンフォノイコライザー ⇒ マランツ7T ⇒ ノイマンスケルトン ⇒ チャンデバ

であった。

マランツが邪魔に見えるかもしれないが、SPUを使った場合、ノイマンフォノイコだけでは十分なゲインが稼げなかったんだ。

ブースターとして、最高だったのがマランツ7Tだった。



スチューダー962は、さすがにミキサーだけあって、思いっきりゲインを稼げる。

しかも、高品位のままで!




e0080678_1512097.jpg




正直に言えば、このスチューダー962ミキサーには、あまり期待はしていなかったんだ。

数種のアナログソースのセレクター代わりになればと思っていた。





他のレコードプレーヤーとは桁違いのスケールを誇るギアドライブRCAの本領が、

いよいよ発揮され始めた気がする。








e0080678_15136.jpg


これ、

好きなんだ。

お世辞にも音がいいなんて言えないレコードだが、

それでも本気になれば、

心を締め付ける歌声が響く



e0080678_1572792.jpg


by johannes30w | 2011-07-05 01:58 | オーディオと音楽
2011年 07月 04日

復活

e0080678_1105572.jpg


ダークサイドに4520が戻ってきた。

もう本体に取り込むことは無しにして、

自由に素直に歌わせてやりたい。



4520の上にはエネルギーバランスからも、2インチのドライバーが正しい。

よって、2420を使った2ウエイで完結させる。


しかし、

エネルギーバランスは正しくても、小音量で使うには、

ローとハイの若干のスケールの違いが気になる。


よって、

2420に付けるホーンは、4インチ用のホーンを使う。



kenplinさんがホーンを貸してくれた。

e0080678_054477.jpg




この音響レンズはレンズ自体が鳴くことで有名だが、

2ウエイで完結させるには、それが当然ありがたい。


e0080678_0533417.jpg



変換スロートで装着。

800Hzのネットワークで、簡単に完成。



これだけで、実に上手く鳴ってくれる。

もうこれでいいじゃんね。






CDプレーヤーにスチューダーA730、スチューダー962ミキサーを通して、クオード520パワーアンプで鳴らす。



クオードのパワーアンプが素晴らしく、実にいい。



520は405とほぼ同一だという。


クオードってこんなに素晴らしいんだね。





いろいろ聞いていたが、嬉しくなってきて、

配置換えしたレコードプレーヤーを回し始めた。

e0080678_059943.jpg


私のレコードプレーヤーは、もちろんSPUにグレイのアーム、そしてRCA70Cギアドライブ。



e0080678_10493.jpg



このノイマンの真空管フォノイコライザーを通して、やはりスチューダー962ミキサーへ

e0080678_121277.jpg






あれ?

かなり良いんじゃないか?




嬉しくなって、

そのまま本体へも接続した。


e0080678_15172.jpg




どうやら、

アナログが帰って来てくれたようだ。

by johannes30w | 2011-07-04 01:07 | オーディオと音楽