ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 19日

お遊び

半田ごてを持ったので、

ついでにいろいろケーブルを作って、既製のケーブルと聞き比べしてみた。

直ぐには使うところもないが、

経験値は上がるだろう  (^。^)

e0080678_12153712.jpg


これはひと昔以上前のハイエンドケーブル。使わなくなったということで、叔父に貰った。
実に丁重に作られている。RCAプラグなど、未だかつて見たことの無いような厳重な構造で、チャック式になっているようだか、バラすことはもちろん、どうやれば締め付けら
れるのかもよく判らない。
非常に短く作られているから、何かの時には間に合わせでも重宝するんじゃないかと思って取っておいた。

しかし、

こいつが悲しいくらいショボい音なんだ。
細くてスカスカで、艶もなにもかも失われた音。痛めつけられて、ズタズタになった音しか出てこない。
以前、ありささんに、ケーブルのシールドが、その音に大きな悪影響を及ぼすことを教えて貰った。実際に自分で試すと、確かにその通りで、不具合が無ければシールドなど無い
方が遥かに良い。シールドは、正に必要悪で、必要でなければ止めた方がいい。

このケーブルの場合、明らかにシールドによる音の悪さが感じられる。念入りにシールドが施されているに違いない。外皮も非常に豪華に仕上げられている。しかしこの場合、そ
れらは全て悪い方向へ作用していると思われてならない。




しかし考えてしまう。
このケーブル、買えばそうとう高いに違いない。
高ければ良いと思いたいだろうし、こんなにきちんと作られてるんだ。きっといろんな人が買ったんだろう。
当時はこれが音が良かったんだろうと思いたい。
しかししかし、
このケーブルは現在売られていないだろうし、残ってるのは相変わらずのベルデン8412やヴァイタルオーディオなんだ。


e0080678_12155115.jpg


そのヴァイタルオーディオの265(2芯シールド 要はバランス接続用ケーブル)をRCAケーブルとして作ってみた。

この265は、自分にはあまりにも特徴が無く、したがって積極的に選ばれることは無いのかもしれないが、
消去法で選んでいくと、必ず最後まで残ってしまうケーブル。

聞くたびに肩透かしを食らうが、いやいやそれが、他には有るようで無い美点。
ケーブルを作らなくちゃと言うときには、選んで間違いは無い。

これは私なんかにはありがたいことなんだ。

e0080678_1216454.jpg


これはEMTの2121ケーブル

今は作っていないらしく、ゴッサムケーブルが似たようなのを作ってる。

ゴッサムケーブルは、現在の私のお気に入りだが、今回は登場しない。


2121は、下手に使うと中高域のメタリックさが顔を覗かせる。
ヨーロッパ系の機器やケーブルに時々感じるあの中高域だね。

しかしそれを上手く使えば、なんとも艶のある魅力的な音に大変身する。
適所に使えば最高のケーブルだね。

e0080678_12161986.jpg


さあ、
こいつは有名なウエスタン16GA撚り線。
スピーカーケーブルとして有名なんだけど、端切れが出てきたので作ってみる。

これは面白い。
馬力たっぷり。
少し滲む気がするが、そのせいか、雰囲気たっぷり。
奥行きの再現性が見事。
低域の馬力が素晴らしく、しかし押し付けがましくないね。

市販のケーブルとは全く違う世界が聞ける。
しかし、もしかしたら、もう少し細い22GA撚り線あたりのケーブルがどんぴしゃかもしれない。

e0080678_12163365.jpg


これはウエスタン22GA単線
いわゆるダブルシルク クロスカバーってやつだね。

これは素晴らしい。
このピュアな美しさは他では聞けない。
単線のケーブルは、私は音がきついという印象があって、なかなか好きになれなかったが、
これはいい。
きついどころかしなやかで、しかしどこかに硬質な気品さえ感じる。
ローは引き締まっているが、十分な量感を持つ。

こいつは当たりだね。


e0080678_12164874.jpg


さらにこいつはウエスタン20GA単線
えーっと、ブラックエナメル ダブルシルク クロスカバー
だんだんややこしい。

こいつは恐らく1930~40年代のもので、上の22GAよりさらに古い。

22GAに比べて、格段にエネルギーが強い。
低域の馬力は16GA撚り線に迫るが、ボケない。
しかし美しさは若干減退する。
ここらへんは難しいな。


総合的に22GA単線を取りたいが、それぞれに予想以上の大きな特徴があって、
楽しいことこの上ないね。

システムによって使い分けるのが吉だね。




e0080678_12192183.jpg


これを作るために半田ごてを取り出したんだ。

うちのシステムにはこんなケーブルが必要になる。



ウエスタンのケーブルもだいぶストック出来て来たが、
全てを作り変えるにはまだまだ量も時間も足りない  (^_^;)
今は経験値を上げよう。



ま、
ケーブルは、のんびり楽しみましょ (^_-)

by johannes30w | 2011-11-19 12:17 | オーディオと音楽
2011年 11月 16日

恥ずかしくないか?

久しぶりに、マーラーの9番のCDを買った。

新しい録音。



オーケストラの録音は、本当に良くなった。

一昔前では考えられないような良い録音が増えてる。


このCDは、それらの中でも最も優れた録音の一つだろうね。



しかし、

二度と聞かないだろう。




録音や、全体の演奏はともかく、





第三楽章のコーダに入って、ティンパニが一拍遅れる。

大切なところなのに、何もかも台無しだ。

途中で戻るが、最後の最後のフレーズでまた一拍遅れる。

どうしようもない。


プロなんだろ?




確かにライブ録音で、取り返しはつかないのかもしれない。

しかし、二日間演奏しているし、良いとこ取りしてるはず。

二日間とも間違ってるのか?

誰もミスだと気付いてないのか?



これじゃ、商品にならない。


恥だと思わないのか?



e0080678_152545.jpg


by johannes30w | 2011-11-16 01:52 | オーディオと音楽
2011年 11月 15日

決定か!

ちょうどkenplinさんが遊びに来てくれたので、

一緒に聞いてもらった。

昨日は、ノイマンフォノイコにノイマン・スケルトン・プリをあてがって、

デジチャンにほおりこんでいた。



弱音でも痩せないエネルギーの強さを見せ付けられた。

こういう鳴り方は、他の機器ではあり得ない。

ノイマンのみが表現し得る音の、楽器の、音楽のエネルギーなんだ。

そう、

私のシステムには、私の音には、これが必要なんだ。





ただ、

SPUとノイマン・フォノイコを使った時のゲイン不足はノイマン・スケルトン・プリをもってしても、

解消し切れなかった。

デジチャンの入力を最大まで開放し、それぞれの帯域に与えられるゲインも全て8dB上げた。

そこそこのゲインで使えそうだが、何か腑に落ちない音がしてる。




考えた挙句、

スチューダーミキサー962も使うこととした。




つまり、



SPU ⇒ ノイマン・フォノイコ ⇒ ノイマン・スケルトン・プリ ⇒ スチューダー・ミキサー962




これをdbx4800デジチャンへ入れる。



これでゲインの問題は完全に解決できた。

デジチャンで引っ張り上げたゲインを標準へ戻す。




ここまでして、

やっと音楽が歌いだした。

これはスチューダーミキサーが効いたことより、

デジチャンの仕事を減らしてやった効果が大きい。




もちろん、スチューダー962の高品位な音が乗り、音に品格まで感じられるのは嬉しいし、

通すことによって、なんとも上手くまとめてくれる。

しかも、まとめた上で他の機器の美点を全く消さないのは凄いことだと思う。

しかし、スチューダーを入れることでの成功は、やはりデジチャンの仕事量を減らせたことにあるんだ。




今までの自分の経験から、アナログ機器は、出来るだけ仕事をさせてやった方が音が良い。

めいっぱい働いてもらう方がいい。

しかし、デジタル機器は、はっきり逆だね。

デジチャンを弄った経験からそう思う。


以前、デジチャンでクロスのカットオフ特性をいろいろ試したことがあった。

急なカットオフ特性を与えると、それによる音の変化はもちろんあるんだけど、

なんだか音が精彩を欠いてくるように感じられた。

不思議だなと思いながら、自分が満足できるポイントを探っていった。



その経験を、ある時ODさんに話すと、彼は言った。

「機器の演算能力には限界があるんだから、無理な演算をやらせると、弊害が出る」

ODさんの言葉で、私がこれほど感心したことは今まで無かった。

さすがODさん、凄い!


そうなんだ。

デジタル機器は、出来るだけ楽をさせた方が音が良い。



スチューダーを入れて、ゲインを無理の無いレベルにしたことが、

成功の大きな要因のひとつに違いないんだ。





今、バッハの無伴奏チェロが鳴っている。

やっと音楽のエネルギーを再現しながら。



これで終われそうだが、




なんとたいそうなアナログシステムか。

e0080678_1574770.jpg






でも、

明日から、

落ち着いて聴けそうだ。

e0080678_1582832.jpg





あ、




RCA 70-C ギアドライブが、少しワウってきているんだった。

手を入れて、

治してやろう。

by johannes30w | 2011-11-15 02:00 | オーディオと音楽
2011年 11月 14日

勝負勝負!

あちこち話題が飛んでいるが、
全て同時進行してる。

電源ケーブル作ったところで、
今夜はフォノイコの選定を始めちゃった。



先日、U先生に貸してもらったマランツ7を聞いて驚いたことは書いた。

先ずそれを確かめる

e0080678_1361835.jpg


やはり、いきなり聞いても魅力的。

負けていられないので、

こちらも聞きなおす


ノイマン+スチューダー

e0080678_1381421.jpg


なかなかいけるんじゃないか?

しばらく聞いてから、ミキサーのボリューム設定を確認する。

ゲインが若干低いだけに、あまり弄れない。

ただ、これはこれで美しさを感じる。

端正で、不満は全くない。

ベースからハイまで過不足なくきちんと再生できてしまう。

うん、

これでいいじゃん。


少し安心した。



さらにさらに、念のためにマランツ7をもう一度聞いてみる。



ああ!

なんて魅力的か!

ベースが少々膨らもうが、ハイが滲もうが、もうどうでもいい。

なんて華やかで生き生きしてるんだろう。

わくわくする。

そうだよね。

音楽は、わくわくしないとね。

何もかも忘れて、聞きほれちゃうじゃないか。








もう一度ノイマンに戻す。

これがプロの音なんだろう。

非の打ち所が無い。

敢えて言えば、実は全てが私の好きな音なんだ。

ボケないし、滲まない。音は全てが美しく、そのプロポーションも完璧だ。



しかし、

わくわくしない。




考え込んでしまった。













何も考えなければ、一も二も無くマランツだろう。

しかし、

何故だか踏み込めない。

何が引っかかるんだろうか。






しばらく考えて、

やはりあいつを出すことにした。

私の究極のプリ。



e0080678_1511924.jpg




ノイマン+ノイマン






音が出て驚いた。

なんたるエネルギーだ!

音が全て力を持ってこちらに挑んでくる。

のんびり聞いていられる雰囲気じゃない。

あまりにも厳しい音。



自分が追求したプリではあるが、あっけにとられていた。

どきどきしてしまって、感想も出ない。



少し落ち着いてから、

もう一度ゆっくり聞いてみよう。

by johannes30w | 2011-11-14 01:59 | オーディオと音楽
2011年 11月 12日

さらにケーブル

一時間ほど時間があったので、
さっそく走る。

どこへ? って、

もちろんホームセンター   (^_-)



で、ケーブルなんかを買ってきた


e0080678_12442247.jpg


左のコンセントはMr.テネシーに送ってもらった選別品!

e0080678_12451059.jpg


これはステンの鋳造



e0080678_12454032.jpg



よーし、

頑張ろう。



って、

こういうのももちろん自作。。

(^。^)

by johannes30w | 2011-11-12 12:46 | オーディオと音楽
2011年 11月 12日

またケーブル

待っていたケーブルがやっと来た

e0080678_24135.jpg


BNCケーブルだね。

つまり、これでクロックを伝送する。

しかし、



ケーブルは全然減ってくれないね。

オーディオ用ロッカーは、ケーブルで溢れてる。

それに、

まだまだ大物を作る予定がある。。



使わなくなったケーブルは、

いつか何かで使うだろうなんて考えて残しておいても、

結局使わずに眠り続けてしまうことが多いな。

これは悲しい。

by johannes30w | 2011-11-12 02:08 | オーディオと音楽
2011年 11月 11日

翌日

取材があった翌日、
久しぶりの休日の朝、
携帯にメールが入った。

ありゃりゃ、これは姫路のU先生だ。


家に居るなら、貸し出していたアンペックスAM-10を持ってきてくれるらしい。
お待ちしていますと答えると、
マランツ7を持っていくという。

そうか~

あそこはレビンソンのLNPが入って、蜜月なんだな~。
そりゃアンペックスもマランツも要らないのかもしれないな。


私自身はマランツ7にあまりいい印象は無い。
実は、憧れが失望に変わるというよくある残酷な体験をしただけに、あまり触れたくない。

でも、持ってきていただけるなら、聞かなきゃね。
あれは個体差が酷いらしいしね。


U先生がいらっしゃる間に、ざっくり聞き比べた。

ノイマン(フォノイコ)+スチューダー962
FRトランスXF-2+マランツ7T
FRトランスXF-2+マランツ7

e0080678_1374994.jpg


う~む、

圧倒的にマランツ7が良い!



おいおい、
数時間前に現状のアナログ環境を説明して取材してもらったばっかりだよ。

もう変更か?



ともかく、
もう一度全てを引っ張り出してフォノイコを確認していく必要があるようだ。


あー、
大変だ。。。

by johannes30w | 2011-11-11 01:30 | オーディオと音楽
2011年 11月 07日

vinvan先生がいらっしゃった

vinvan先生がいらっしゃった。


私がvinvan先生を知ったのは、今からほとんど30年前のStreoSound誌上の記事でのこと。
当時、StereoSound誌では「ザ・スーパーマニア」なる特集があり、それぞれの号ごとに一人の方が紹介されていた。
私は当時、当然ハナタレ小僧で、自分の装置などもちろん持っていなくて、家のステレオでひたすらレコードを聴いていた。
しかし、自分の装置は持っていなくても、StereoSoundのみならず、多くのオーディオ誌を読み漁っていて、夢だけは大きく大きく持っていた。
前述の「ザ・スーパーマニア」の特集は、何といっても楽しみで、毎日毎日、何度も何度も、何時間も何時間も読み返していた。
あれほど熱心に本や文献を読むということを、勉強に当てていれば、今頃タイムワープ装置でも作ってるかもしれない。。

e0080678_1433487.jpg


そんな「ザ・スーパーマニア」特集で、その紹介される人達の中でも、ハナタレ小僧なりに好みや意見が在って、この人は凄いけど嫌いだとか、なんたる嫌味な人間だろうかとか、これは機械がかわいそうだとか、まーいろいろ感想は出てくるんだ。
しかし、何度読んでも、全ての「ザ・スーパーマニア」を読み返してみても、どうしても憧れざるを得ないような人がいた。
オーディオ、それに対する考え方、接し方、その姿勢、何度読んでも、読み返す度に感心していた。
ページの隅に、その人の顔写真が載せられていて、当然男性であったから、惚れるなんてことは無かったが、しっかり目に焼きついてしまっていた。


私が自分でオーディオを始めて、
思いっきり頑張り始めて、
ごんたさんにダブルウーハーズに押し込まれ、
ネットを見るようになったら、
あの人が居た!

それが私にとってのvinvan先生なんだ。



そんな人とお会いでき、話が出来るなどということは、
私にとっては特別なこと。
数年前に始めてお会いしたときは、自分でもおかしくなるほど緊張してた。
そりゃ、自分が子供の頃にそうありたいと強く願った人が目の前に居るのだからね。


今回、評論家の田中伊佐資氏、カメラマンの高橋氏と共にいらっしゃった。

自分にとって、大切な人をお迎えするのだから、先ずは部屋の掃除をしなくちゃいけない。
私の音がバカなのは、もうご存知なので、そんなことより汚い部屋にお迎えすることだけは避けたかった。
部屋の片付けと掃除には、丸々三日を要した。


お迎えに行く1時間前に掃除が終了し、音が出ることを確認し、シャワーで汗を流して家を飛び出た。



しかし、
今、椅子に座られた後姿を思い出して、
未だに不思議な心地がする。
あの人が、自分の家にいらっしゃって、私の音を聴いている。

確かにこれは現実なのだろうけど、
なんとも感慨深い。
非常に嬉しいし、非常に怖い。



自分の音が、独りよがりで、未だ未熟なものであることは重々承知しているが、
今回、vinvan先生より直接の指摘を頂いた。

左の2220がおかしいから、チェックしたほうがいいと。


自分の装置ならともかく、私のシステムのような6ウエイともなると、
普通はその異常をユニット単位で聞き分けることは不可能に近いはずだ。
私自身、左右のレベルを合わせるのがどうも上手くいかないと、ここ数週間悩んでいたんだ。
先生がお帰りになって、ユニットはともかく、その設定をチェックしなおした。
驚くべきことに、左の2220に与えたチャンデバの設定が、以前実験した数値のままになっていた。
他のユニット、右の全てのユニットは、改正済みだったが、左の2220のみ、以前の設定を改正していなかった。

ぞっとした。

そんなものを聞き分けられる人なんて、想像もつかない。


しかしそれをきちんと設定しなおした今、
私は猛烈に嬉しくなっている。

自分のシステムが息を吹き返したことも嬉しいのだが、
vinvan先生のやはり普通じゃない部分を垣間見せてもらったからだ。
私の憧れは、一切の曇りを感じることもなく、現在も生きていた。



田中伊佐資氏の取材は、それはそれとして敢えて何も触れない。
どう料理していただけるのか楽しみ。
次回があるかどうかは判らないが、
もし今度お会いすることがあるなら、しっかり笑っていただけるよう、さらに精進したい。


取材の最後にvinvan先生に言葉をいただいた。

「色気が無くなっています」




確かにその通りなんだ。
どうしようもない理由からデジタル化を進めてきた。
セッティングは自分の正しい方向に進んでいることは間違いなく、
今やデジタル化したことに何の後悔もないのだが、
その過程で大きなものを失ったままだ。
そのことに愕然とし、その解決方法としてテクニックを駆使してきたつもりだった。
グラフや数字のマジックを解き明かそうと、頑張ってきた。


「色気」と言われて私はやっと気がついた。
今までのそういう手立てでは未だ解決方法は無いのだろう。

テクニックに溺れるんじゃなく、数字やグラフのマジックに惑わされること無く、
それらはあくまで手段として、感性を研ぎ澄まそう。


数字を追いかけていたのでは解決は無い。


オーディオは、あまりにも深い。

e0080678_144111.jpg




ほんのちょっぴりの時間だったけど、vinvan先生にいっぱい教えてもらった。
いつまで経っても教えてもらうんだろうな~
でも、そんな人がいてくれて、私は幸せ者だ。




今これを読み返して、
ものすごく恥ずかしくなってきたが、
消すのももったいないからそのまま載せちゃおう。


vinvan先生ごめんなさい  (^_^;)

by johannes30w | 2011-11-07 01:45 | オーディオと音楽