ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

響け! 響け!

第七番

e0080678_1429855.jpg





第八番

e0080678_207194.jpg





大地の歌

e0080678_22261487.jpg


by johannes30w | 2011-12-31 14:29 | オーディオと音楽
2011年 12月 31日

この日のために

一番

e0080678_2356692.jpg




プレーヤーも最後のブラッシュアップ。

軸出しを完璧に

e0080678_23565825.jpg


e0080678_23571218.jpg


e0080678_23572987.jpg


e0080678_23574915.jpg


e0080678_2358740.jpg


e0080678_23583362.jpg


e0080678_23585927.jpg


これでいい。



第二番

e0080678_081130.jpg






第四番

e0080678_0132577.jpg





第五番

e0080678_0152880.jpg





第六番

e0080678_0172578.jpg






e0080678_181240.jpg


by johannes30w | 2011-12-31 00:18 | オーディオと音楽
2011年 12月 28日

2011年

私にとって、

大切な、大切な年だった。


全ての時間は一生に一度しかなく、

私にしたってそれを嫌でも意識せざるを得ない年齢になってきた。

ただ、

やっぱり2011年は特別なんだ。



私にとって、音楽は、何にも増して大切なもの。

その音楽の象徴たるマーラーの年なんだ。






オーディオは、

2011年の間にオーケストラがしっかり聴けるよう、死に物狂いで構築した。

まだまだ不備はあるが、それでも私には贅沢すぎるほどの再生をしてくれるようになった。

人様に見せられないような苦労もしたが、

それでも私は幸せ者だ。




現実に行くことは諦めていたが、

本当にウィーンにも行けた。

なんという幸せ者だろうか。



仕事もひと段落し、

今年の残りの時間も音楽を聴こう







マーラー 交響曲第三番

e0080678_223123.jpg


この胸の高鳴りを、どう伝えようか

溢れてくるものを、全ての人に知らせたい

by johannes30w | 2011-12-28 02:07 | オーディオと音楽
2011年 12月 25日

クリスマス

寒いクリスマスだね

何度も何度もクリスマスの夜を過ごしてきた。

私はキリスト教徒じゃないし、ミサに行くわけでもないが、

それでもいろいろ考えながら、夜を過ごしてきた。


いろいろな人達のことを考えながら、

自分のことを考えながら。



以前も確かクリスマスに聴いたCD

e0080678_2216320.jpg


シャルパンティエの真夜中のミサ曲



私だって言葉はわからないから対訳が必要なんだけど、

こういう曲はテキストが明快だから、

さほど必要ないよ。



心を静かに開いて、音楽をそのまま受け取ればいい。






聖人でもなく、キリスト教徒でもなく、

煩悩ばかりの私は、

いろんな人のことが頭をかすめる。



一人ひとりのことをゆっくり考えながら、

曲は進んでいく











12月になれば、

毎年、大放出を行うのだが、

今年はあまり思いつかない。




とうとう手放す決心をした。

e0080678_2236116.jpg


マランツ 7T


これも個体差が大きいと聞くし、あまり人気は無いのかもしれないが、

みんな世評に流されすぎだね。


この時代のものだから、フォノ系統が充実しているのが嬉しいね

e0080678_22385022.jpg


ずいぶん迷ったけど、

やっと出す決心がついた。

7Tだし、7万でどうかな? ← 済み





これはアルテックの1594Aパワーアンプ

e0080678_22455887.jpg


トランジスタだけどね。

今流行の真空管アルテックアンプじゃないけど、

逆に言えばねらい目!

いいアンプなのにかわいそうだ。

これはモノラル構成で、もちろん2台で出します。



もう一台はこんなん

e0080678_22512443.jpg


これ、スイッチが交換されてる

e0080678_22515367.jpg





そういうこともあるから、

クリスマスだし、



ペア3万でどう?



もちろんきちんと鳴ります。


早い者勝ち!

連絡してね    (^_^)/

by johannes30w | 2011-12-25 22:54 | オーディオと音楽
2011年 12月 24日

オーディオ忘年会

BunJin Hallに集まった連中が、

オーディオ忘年会をやろうということで集まった。



初対面の人達も多かったはずなのに、

やはり共通言語を話す人間が集まれば、

みんな盛り上がる盛り上がる。


こういう人達が集まるというのも、M支配人の人柄なんだろうな~と、改めて感心した。


一次会で終われるような雰囲気ではなかったので、どこかでコーヒーでもと、M支配人に相談したが、

さすがにこの時間、この人数を一気に収容できる喫茶店などあるはずも無く、

仕方がないのでみんなでコンビニへ行き、各々の飲み物を買って拙宅に来てもらった。

みんなお酒が入ってるので、少々のへたれな音でも聞き逃してくれるに違いない。。




それにしても、

いくら時間があっても足りない楽しい時間だった。

各方面への遠征の約束をして、会は終了した。



いい忘年会だったな~




あ、

エレベーターの故障、皆様ご迷惑をおかけしてすみませんでした。   m(__)m

by johannes30w | 2011-12-24 03:03 | オーディオと音楽
2011年 12月 15日

風邪

風邪だと思うのだが、

なかなか治らない。

なんとか悪化だけは押さえ込んできたが、

今日、とうとうダウン。。

大切な会合も欠席してしまった。



家に帰って、

自分の場所は、やっぱりいつものダークサイド。

頭もぼんやりしているから、今日はさすがに音楽も聴く気がしない。

それなら、

深刻にならず、

気になっていたことをやってみよう。


e0080678_0422015.jpg



姫路からやっとご帰還のアンペックスAM-10



これも今や使いどころが無いので、

気になってしょうがない。。


でも、

こいつもなかなか放出できないでいる。


相当好きな機器なんだ。






私の現在のアナログは、

SPUを使って、ノイマンフォノイコ、ノイマンw444フェーダー、ノイマン475ラインアンプを介して、

スチューダー962ミキサー、

そこからデジチャンに入れてる。



ノイマンのこのラインは、もう譲れないとして、

スチューダー962ミキサーと、このアンペックスAM-10を比較しておきたかった。



e0080678_0562577.jpg



ふらふらしながら、手を奥に突っ込み、ケーブルを外し、

アンペックスに繋ぎかえる。



そう!

これこれ!



あの豊かなライブ感覚が戻ってきた!

ライブの、音楽のドキドキが聞こえてくる。



不思議だね。

機械で音楽がこんなに違う。



昔、みんなで音の力を追いかけてたことを思い出した。





さすがにノイズが乗りやすいようだが、

本気なら、なんとかなるだろう。







しかし、

もし使うなら、

セッティングを考えないと、

不細工



e0080678_172417.jpg









もう一度、

スチューダー962に戻してみる。

あー、、、、、



あのドキドキは、すっかり無くなっちゃった

力はそんなに負けていなかったが。。


驚いたのは音色で、

アンペックスと比べちゃうと、

スチューダーは甘く、ぼんやりしている!

これは意外!



ただ、

さすがに安心感はあるな~



う~む。。。。




e0080678_111560.jpg




ま、

しばらく悩んでみよう

by johannes30w | 2011-12-15 01:11 | オーディオと音楽
2011年 12月 04日

シアターのアンプ

e0080678_23134963.jpg


うちの4階のアルテックシアターは、

DVDプレーヤーやLDプレーヤー、VHSデッキ等のソフト再生機とプリアンプを除いて、

パワーアンプ以降を全てアルテックで構成してる。


そのアルテックのパワーアンプがどうも調子が悪く、

とうとうメンテに出した。


アルテックパワーアンプがいない間、とりあえず、その代役を担ったのが、

こいつら

e0080678_2238181.jpg


知る人ぞ知る、QUADのプロ用パワーアンプ、510と520。



イメージとして、私の家にはおよそ似つかわしくないと、自分では考えていた。




最初の一台を、なぜ買ったのか、もう忘れてしまったが、

いや、

あの時は確かキャバスの小さなスピーカーがあって、

それを小粋に鳴らしてみようと考えたんだった。


鳴らしてみて驚いたのが、そのQUADパワーアンプの力。

生半可なアンプなんか寄せ付けないそれは駆動力を持っていた。

およそQUADのイメージとは似つかわしくない。



QUAD 2 パワーアンプが実に魅力的な音を奏でてくれるのは知っていたが、

トランジスターQUADは、ほとんど聞いたことも無かった。

やまかささんが、ご自身のシステムで、405を使われていたが、私としては、その意味が良くわからなかった。

昔、ステレオサウンド誌で、例えばJBL4343などを鳴らす時、先ずは405が使われたりしていたが、

これもピンと来なかった。




実に認識不足であった。



そんじょそこらのアンプじゃ相手にならない。



ヨーロッパ系のアンプも数機種使ってきて、そのヨーロッパの音の傾向もあらかたわかったつもりでいたが、

大切なことを忘れていた。

イギリスは、ヨーロッパとはいえ、大陸とはつながっていない。

英国プレスのレコードの音を思い出せば判ったはずだった。




ヨーロッパ系アンプは、その作りから言っても非常に好みではあるが、

意外と癖があるんだ。


でも、

QUADには、その嫌な癖がほとんど感じられない。


アメリカのアンプの垢抜けた艶などは持たないが、

しかし、当然のように、しっとりした情感を歌う。

ドレスの裾は、乱れない。




さらに、

ここが私には非常に驚いたのだが、

かなりの駆動力さえ持つ。



私としては、久々のベタ惚れ状態。。





で、







このクオードパワーアンプで、ご本尊を鳴らそうと考えた。




なんと言ってもこのQUADなら、あの忌々しいファンノイズと決別できる!



で、

集めた集めた。




520が4台と、510が1ペア。

あと、もう1ペアの510が手に入れば、現在のパワーアンプ・ラブグルッペンと入れ替えてやろうと思っていた。




が、




ここで止まってしまった。




あと1ペアの510が、どうしても手に入らなかった。

QUADのアンプ群は、眠ったまま時間ばかりが過ぎた。





アルテックシアターのアンプの代役で、

今回、図らずも登場したわけだ。




シアターで使うには、もったいないほどのクオリティだね。

実に安心して聞けるのが嬉しい。



しかし、

なんだかもったいないな。




貴族のお嬢様を、ビヤガーデンに連れて行っているような気がする。。。










           -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-




アルテックパワーアンプが帰ってきた。

さっそく組み替える

e0080678_2322692.jpg


う~ん、



やっぱりシアターは、こいつたちに任せるしかないのかもしれない。

何が違うって、

このアルテックのパワーアンプ達は、

ドレスの裾が乱れることなんか気にしていない。

by johannes30w | 2011-12-04 23:27 | オーディオと音楽