ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 30日

謎のベール

ひこさんちに遊びに行ってきた。

デジタルフォノイコによるステレオ再生が始まったと聞いたからだ。



もうご存知だと思うが、改めて説明すると、、



一般的に、レコード再生は、


カートリッジ出力をフォノイコライザーを通してRIAAカーブでイコライジングし同時に増幅、

アンプでさらに増幅してスピーカーに出力する。




これもみんな御承知のように、良質なフォノイコライザーというのは意外と少ない。

一昔前はフォノイコはアンプに内蔵されており、その出来不出来がアンプの良し悪しの重要な部分だったが、

主なソースがCDに変わり、フォノイコを内蔵するアンプが少なくなった。

レコードを聴きたい時、現代の我々は、過去の名アンプを探すか良質のフォノイコライザーを選ぶしかないのだが、

現代においてはそのような問題の多いフォノイコを、いっそデジタル化してしまえばいろいろな問題を回避し、

良質なレコード再生ができるのではないかというのがひこさんの狙い。



もちろん問題点はある。

デジタル信号内でのRIAAカーブのイコライジングは、そういうソフトがあるから問題無いとして、

問題は、カートリッジ出力のような微細な信号を、直接AD変換(アナログ⇒デジタル変換)するのは困難だということ。

つまり、カートリッジ出力を、いきなりAD変換するのは無理だと言うことなんだ。

よって、カートリッジ出力を、何らかの方法であるていど増幅し、

その上でAD変換する必要がある。




この「あるていど増幅」するというのが微妙な話で、

ひこさんはミキサーのマイク入力を使うという手に出た。




カートリッジの微細な信号のレベルに一番近いのは実はマイクの出力で、

よってBUNJINHALLなどで使われている本当のビンテージアンプなどは、

フォノ入力とマイク入力が並んで存在する。

昔使われたカートリッジはバリレラに代表されるように、現代のカートリッジよりもはるかに大きな出力をもっているのではあるが。。。。



カートリッジ出力を、マイク入力で受けるというのは、

実は私も昔やったことがある。

このブログでもちょっぴり紹介したとは思うのだが。


私の場合はデジタル化を考えてそういうことをやったわけではなく、

MCカートリッジの昇圧を、トランスやヘッドアンプを使うのではなく、

ミキサーのマイク入力を使うことで(マイクアンプを通すことで)行ってやろうと考えたんだ。

使ったのは、最近よく出てくるAMPEX AM-10.

今でもよく覚えているが、音は非常に良かった。

ただ、当時はその時発生したハムノイズをどうしても取る事ができなくて、

常用は断念した。

(いまならもう少し頑張れるかな)



そんな経験があるから、

ひこさんのミキサーチャレンジは、他人事とは思えないんだ。



で、

のぞいてきた



e0080678_2111080.jpg



見事に音が出てる。

ノイズも無い。



スタートとしては、上の上だろう。



ただ、

謎のベールがかかっている。



メリットも大きな方法で、

しかし、他ではまだ成功したという話を聞かない。



どう解決されるのか、

楽しみ  !(^^)!

by johannes30w | 2012-06-30 02:16 | オーディオと音楽
2012年 06月 28日

三竦み

思い出してみても、

あれは三台とも実力を発揮していたとは思えない。

それぞれに良い所もあるのは当然として、

しかし、

それぞれがお互いを横目で見ながら、自分の力を加減していたように思える。



これは、もう一度お手合わせをさせてやるしかないと思う。




しかししかし、

私には大きな収穫もあった。



それは、

ご贔屓のAMPEXがあの名機の中にあっても、一歩も引けをとらなかったこと。



当日、AMPEXだけがなぜだか引っ込み思案に聞こえたが、

考えれば、こいつだけが3番ホットで(スチューダーはともかく、apiも2番ホット。最近はアメリカの機器でも2番ホットが当たり前になっているらしいと、ひこさんが教えてくれた)、いわばこいつだけが逆相。

そのせいかどうかはさておき、十分使えるなら、私はこいつの音が好きなんだ。








私の部屋は、スカーリーが来てから、目も当てられない状態。

しかしよく思い出してみれば、私の部屋が片付くのは年に何回しか無いのかも知れない。

例の雑誌の写真を見ても、つくづくそう思う。




AMPEX AM-10が使えるなら、少しでも片付けてみようと思った。



現在私の部屋で一番邪魔なのが、実はスチューダー962なんだ。

スチューダーをそそくさと撤収して、

テープ関係を纏める。



e0080678_23445715.jpg



目の前がキレイになっただけで、

実に気分が良い!



で、

またまたテープ三昧!

by johannes30w | 2012-06-28 23:46 | オーディオと音楽
2012年 06月 23日

ぼちぼちやっていかねばならないこと

e0080678_2224448.jpg



ひこさんがapiのサミングミキサーを手に入れられたと聞き、

お願いして聞かせていただくことにした。

せっかくお借りするのだから、スチューダー692と、アンペックスAM-10との聞き比べをすることとして、

ひこさん御本人にも来て頂いた。



午前10時くらいから始めようと思っていたのだが、

起きるとすでに11時!

相変わらずルーズで周りに人に迷惑ばかりかけてる。。。



直ぐに連絡し、迎えに行った。


この聞き比べに少しは興味もあるかなと思えたkenplinさんにも連絡し、

先ずは音出しを確認。。




私のシステムでは現在大きく2系統の信号の流れがある。

言わずとも解るだろうが、デジタルとアナログだね。



デジタル関係は、CDPとPCで、その両方ともデジタルのまま伝送し、パワーアンプ直前までデジタル処理。

アナログ関係は、いったんミキサーで集約し、一本のアナログ信号として、AD変換してデジチャンへ導く。



アナログ関係と言ったって、ターンテーブルの無い現在は、オープンリールテープしか無いんだけどね。





で、初めて接続されるapiの音出しの確認は、テープで。





今回の聞き比べは、当初テープで行おうと考えていたので、ひこさんにもテープの音になじんでもらうためにも、

しばらく聞いてもらった。







e0080678_22253467.jpg


最初はテープで聞いていたんだけど、

テープでは同じとこを繰り返し聞くということが、非常に難しく、

急遽CDによる試聴に変更した。

kenplinさんも到着し、合流した。




それまでスチューダーを聞いていたせいか、はたまた電源投入直後だったせいか、

ぱっと繋いだapiは、少々もっさり感じた。

う~ん、これは予想と違う。。

私はapiは、バリっとあか抜けて鳴ってくれるもんだと思い込んでいた。

少し肩透かしをくらった気がした。

しかし、

ふと気が付いてみると、

なんだか上質な雰囲気がする。

もっさり聞こえたのは、それまで聞いていたスチューダーの「癖」に耳がなじんでたからじゃないか?



ここら辺の判断が難しい。

所詮人間は、ついつい比較することで物事を判断してしまうからね。





聞き進んでいくと、解ってくる。

apiは、実はエレガントと言いたくなるような上質さを持っていた。

しかも力感は、全ての帯域で申し分ない。



う~む、魅力的だ。







心配だったのはこいつ


e0080678_22243944.jpg


AMPEXのAM-10

私は使わない機器はたいてい放出するのだが、

その中で、何度も放出しようと決心しながら出来ないものが数点ある。

こいつもその一つ。




菅野録音にも使われた名ミキサーで、だからではないが、私のお気に入りなのだが、

いかんせん古いのには違いない。

トランジスタ黎明期のミキサーなのだから、

今回のように、現代(?)の機器と聞き比べれば、

音はともかく、その古さが目立ってしまうのではないかと心配していた。




つなぎ変えた瞬間、

古さなどというものは、全く感じなかった。

それより強く感じたのは、

ああ、これもアメリカの機器だったんだという当たり前のこと。




スチューダーからapiに繫ぎ変えて、

その音の大きな変化に驚いていたのだが、

さらにアンペックスを聞いてみると、

メーカーの違いはあるにしても、

それらは先ずは、作られた大陸が違うことを強く感じた。


apiとAMPEXが似ているなどと感じたわけではないが、

それらは明らかに同じ大陸で作られたもので、

別の大陸で作られたスチューダーとは根本的に何かが違う。



ひこさんに意見を伺ったが、全く同じ意見だと言ってくれた。

(バカを哀れんで同意してくれたのかもしれないが)






この段階で、

しかしアンペックスは何故だか分が悪かった。

apiを聞いた後では何故だかピリッとしない。

しょぼしょぼ鳴っている。

私が知っているAMPEXの良さが全く感じられない。


音像の一つ一つのあの立体感、陰影の深さ、独特の空気感がほとんど感じられない。


ま、とりあえずは、古臭く感じなかっただけでも良いとしようか。。。





そして、スチューダーに戻る。




e0080678_22252564.jpg


あれほどニュートラルと感じていたスチューダー962だが、

こういう風に完全に同条件で聞いていくと、さすがにその癖(?)が見えてくる。



一般にはそんなふうには思われていないみたいだが、

スチューダーには当然スチューダーの音がある。



それはある意味ヨーロッパ系の機器を代表するような癖と言えるかもしれない。

中高音のあるところで音がうわずる。

(もっと言えば、DGのレコードにもこれが酷いものがある)

私の知っているヨーロッパの機器は、大なり小なりこの癖を持っている。


もちろん比較の上での話しなんだが、

不思議なことに、アメリカの機器にはこれは全く無いんだ。

by johannes30w | 2012-06-23 22:26 | オーディオと音楽
2012年 06月 23日

Stereo誌 7月号

みなさんもう買いましたか?

買ったよね?



まさか買ってないなんてこと無いよね?


e0080678_0243073.jpg




立ち読みはだめですよ。




田中伊佐資さんの文をしっかり読んでね。






e0080678_032937.jpg


by johannes30w | 2012-06-23 00:29 | オーディオと音楽
2012年 06月 20日

リリー・クラウス

e0080678_1183586.jpg


リリークラウスというピアニスト、名前だけは知っていた。
レコードのジャケットも良く覚えていて、
超高そうなドレスを着て、にっこり笑って会釈をしている写真が印象的だった。

リリー・クラウスは、モーツァルトが良いという定評もよく聞いていたが、
まあ縁の無い人だと思っていた。
自分がこういうレコードを買うことは無いだろうと考えていた。



恐ろしいもので、
若い頃にはとてもじゃないが予想できなかったことが起こっている。

それは実はオーディオのことじゃない。

もちろん若い頃に今の私のオーディオが実現できると思っていたわけではなく、
それは実現できるかどうかわからない夢想の中の話だったけど、
でもあえて言えば、予想していなかったわけではない。

予想できなかったことというのは、
自分が器楽曲をこんなに聴くようになるとは思えなかったこと。






最近私がテープにはまっていることは、仲間内ではみんな知っているのだが、
調達先はやはりebayで、けっこう送料もかかるから、
買う時は、なるたけ複数のテープを買うことにしている。

すると、
メイン以外にそこそこの興味しか持てないものも一緒に買うことになる。
これが意外と面白い。


このテープはリールテープの中でも音がよいことで有名なものだが(理由はまたの機会にね)、
それもあってか、実に生々しくダイナミックな演奏だった。
私が持ってた既成のイメージのリリー・クラウスとは全く違う。
実に人間臭く、そして女性的だった。
そんな演奏がシューベルトに合うかどうかは別の話になるのだが、
印象的な時間を過ごせた。



e0080678_1162127.jpg



バーンスタインと言えば、先ずはマーラーなのだが、
こんなものもテープで手に入った。

悩まされ続けたCBS/SONYのレコードは、擦り切れるほど聴いた。

この演奏を十全に聞きたいから、テープを始めたと言って良い。




クラシックを主に聴いている私にとって、
できるだけ良い状態で音楽を聴こうとすれば、
ヨーロッパのオリジナル盤を買うしかないと何故だか思い込んでいたのだが、
よく考えれば、アメリカで録音された名盤も数多い。
それらのオリジナル盤といえば、当然アメリカ製で、
それならアメリカ製のテープを買うのに何の躊躇も無い。

バーンスタインやショルティ、若く魅力的なブーレーズやミュンシュのボストン響も聴きたい。




それにしても、
このバーンスタインのテープ、
この時代のコロンビアの録音は本当に魅力的だね。

オーディオのマスコミは、アメリカの名録音といえば、RCAのリビングステレオばかり取り上げるが、
あれはもう一世代古い時代のもの。

コロンビアにも素晴らしい録音がいっぱいある。


米コロンビアの録音の評判を落としたのは、ひとえにCBSとSONYの罪だろうな。





こんな音も素晴らしいバーンスタインのマーラーが聴けるなんて、
本当に夢みたいだな。





昔はCBS/SONYの酷い音のレコードを、それでも夢中で、一生懸命聴いてた。





では、あの時、あの酷い音では、音楽は聴けてなかったんだろうか?











「酷い音であろうがなかろうが、音楽はしっかり聴こえてくる。」


と、言いたい所だが、



やはり、悲しいかなそうとは言い切れないのが現実だ。



私自身にしたって、昔に比べて明らかに音楽から受け取るものは大きくなっている。

手前味噌ではあるが、

単に流れを追うだけではなく、その一音に込められた何かを聴けるようになってきた。


だからピアノソナタだって、じっくり聞き込めるんだ。




音楽を演奏するのに楽器が必要なように、

私たちが音楽を聴くためにはオーディオが必要なんだ。



音楽ファンの中には未だにオーディオを軽視する人達も居る。

しかし、音楽ファンであるからには、オーディオに力を入れるのは、

作曲家に対して、演奏家に対して、音楽に対しての我々の義務であると私などは確信するんだ。





そう改めて思って、

ドライバーを持った。



頑張るのは、音楽を聴くための義務だ


e0080678_1164787.jpg


by johannes30w | 2012-06-20 01:16 | オーディオと音楽
2012年 06月 17日

業務連絡

ジョージアンT氏の仕事は素晴らしい

e0080678_23474076.jpg


e0080678_2348126.jpg


e0080678_23481453.jpg



済み

by johannes30w | 2012-06-17 23:48 | オーディオと音楽
2012年 06月 14日

お知らせ~

いろいろ考えて溜め込んでたけど、

溜まり過ぎなので、

とうとう私も手放す決心をしました。


ALTEC 606  (604C入り)    コーナー型エンクロージャー

e0080678_018814.jpg


M支配人が手に入れたのを見て、

あんまり綺麗だったので、私も自分のモノラル再生用に買っちゃった。



買った当初、とりあえずBunJinホールに預かってもらって、

場所を作って家に運び込もうと思ってたんだけど、

その後、他のブツを買い込みすぎて、もはやスペースが無い。。。

モノラル用にはA8が出来ちゃったこともあるので、

とうとう放出!





モノラル再生は、現代では特殊だから、

これも自分のモノラル再生用に用意したパワーアンプと、

シーメンスワイヤーとデールの抵抗で作ったステレオ→モノラル変換ケーブルもセットで出します。

パワーアンプにはボリュームも付いてるから、

CDプレーヤーがあれば、即、モノラル再生が可能です。




スピーカーは

e0080678_025245.jpg


e0080678_0253930.jpg


ま、

年代ものなので、細かいキズはあるけど、

キレイでしょ?


e0080678_0263271.jpg




中は

e0080678_0265828.jpg




当然フルオリジナル

e0080678_0272697.jpg


M支配人のはリコーンしてるけど、

こっちは配線材も含めてオリジナルのまんま。




もちろんネットワークも

e0080678_0291419.jpg



どうかな~

e0080678_0301377.jpg





パワーアンプは

e0080678_0304774.jpg


これはAMPEXの回路と出力トランスを用いて、

大阪のTオーディオで作られたアンプ

e0080678_0315997.jpg


日本人が組んだだけあって(?)、非常に安定して濃い音を聞かせてくれる。

アースを取ることだけは忘れずにね。



e0080678_03446.jpg


全部で38でどうだ? ←←←←←←←←←済み






改めて聞いてみると、惜しくなってくるけど。。。。

e0080678_0361868.jpg






もう一つ。

e0080678_0353819.jpg


これもアルテック同軸を収めた通称「ころがし」なんて言われるモニタースピーカー


ステージ上での演奏者のモニターとして使われるものだけど、

私の場合は、モノラル再生、ギター用スピーカー、シアターでのセンタースピーカーと

いろんなところで大活躍してくれたもの。

これも使うことがなくなってきたので、欲しい人にお譲りします。



ユニットは、

e0080678_0393678.jpg


604の最終進化型と言えるもの(正式な型番は忘れた)。



実はこのユニットだけ取り出して、

平面バッフルでモノラル再生ということも企んでたんだけど、

とてもじゃないが手が回らなくなってきた。


スピーカーとしての正式な型番は

e0080678_042255.jpg


見た目よりはるかに豊かに鳴るんだよ。

これも確認のために鳴らしてみたんだけど、

606を前にしても意外なほどひけをとらない。

ちょっとびっくり。



う~ん、

5.5でどうだ?  ←←←  済み






さらに、

実は画像は無いんだけど、

完全に外装をメンテ、リフレッシュした4550エンクロージャーがある。

これは画像を撮れたら改めてご紹介しますが、だいたい25くらいを予定してます。←←済み



気になる方は早めに連絡くださいね。


無ければ、オークション行きとします。

by johannes30w | 2012-06-14 00:51 | オーディオと音楽