<   2012年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 31日

今年

年が暮れていく。

いつもと変わらぬ時間の流れではあるのだが、

一年と言う区切りがあるのであれば、

その一年を振り返ってみるのもいいだろう。




去年の年末は、自分の大きな思い違いで、

変な新年を迎えた。



先が思いやられると思わずにはいられなかったが、

それでも先へ進んできた。




それこそ一年ほど寝かせてきたクロックを、とうとう組み込んだ。

e0080678_19435626.jpg


クロックを入れれば良くなるという単純なものではなく、

私のシステムの場合、デジタル機器が複数入っているのであるから、

10M云々の話ではなく、先ずは同期をとってやることが大前提。


ここでの音のブラッシュアップはすざまじいものだった。

あまりブログでは書かなかったように思うが、

この変化は素晴らしかった。


ユニットごとのレベル調整をもう一度やらねばならないかもしれないが、

半年ほど経った今もまだ経過観察ちゅうではある。






ソースとしてのCDのありかたも検証した。

現在の結論として、44.1系と48系が相容れないことを確認し、

CDのデジタル伝送はやめた。

このことによるシステムのありかたの変化もあるのだが、

それはこれからの話。



CDもデジタル伝送ではなく、アナログで伝送することに決まった今、

高品位なADコンバーターが必要となった。

どうするかぼんやりしているちょうどその時、

友人のひこさんのご協力を得て、

最先端ともいえるADコンバーターを提供してもらった。

e0080678_19525998.jpg


このひこちゃん印のADコンバーターは、DBX48000内蔵のADコンバーターを軽く蹴散らしてしまった。

その上に、スチューダーのリニア(アナログ)電源を与え、自分としては完璧とも思えるものに仕上がった。


もちろん簡単にスチューダー電源を使えたわけではなく、

いつものようにありささんの力添えでそれは可能だったんだ。

e0080678_19555785.jpg






ソフトとしてテープに注目しだしたのも昨年から今年にかけて。

念願の、自分用にオーダーしたアンペックス440がとうとうやってきた。

e0080678_1958154.jpg



もはやなんの不満も不安も無く、テープを楽しむことが出来る。





そして、






今年の最大のイベントだったのは、もちろんスカーリーのカッティングレース導入。


3月に仲間全員の協力を得て、なんとか搬入した。



何ヶ月もかかり、

現在も万全とは言えないが、

それでも、


とうとう聞けるところまで来た!




e0080678_2012326.jpg




みんな、

今年も一年ありがとうございました



e0080678_201568.jpg


by johannes30w | 2012-12-31 20:02 | オーディオと音楽
2012年 12月 30日

我慢の足りない人間は、

e0080678_1172492.jpg


e0080678_1181665.jpg


e0080678_1183238.jpg


e0080678_1184936.jpg


e0080678_119253.jpg


by johannes30w | 2012-12-30 01:18 | オーディオと音楽
2012年 12月 29日

スカーリー復活

モーターの回転制御がさっぱり解らず、

全く先に進めなかった。


だいたいモーターの構成も、ぼんやりとしか解っていない。



各方面へ相談してみた。

いろいろアドバイスをいただいたが、完全な解決には至らなかった。

しかし、少しはモーターについて解ってきた。




ひこさんと会う機会があったので、無理やり押し付けた。



ひこさんはモーターの構成を教えてくれて、

いくつかの提案をしてくれた。



その一つが当たって、逆回転ながら、33回転が得られた。


後はその逆を考えれば良いだけ。




なのだが、、、、




これがうまく行かない。







訳もわからず順列組み合わせを試していく。






ワニ口クリップのケーブルは、何本も破裂した。

恐い!



危ないコンデンサーは、完全にいかれちまった。。







一息ついて、一旦離れる。











考えに行き詰ったなら、そのままほおって置く。







頭の片隅に置いておけば、

そのうち何か思いつくはずだ。









スカーリーモーターの構成を思い浮かべていると、

まだまだ試していない接続があることに気が付いた。


ここでまだ触ってはいけない。


もう少し考えを整理して。。






今夜試した。





考えは当たりだったようだ。

正逆回転の接続方法がわかった。


とすれば、、、



e0080678_0562768.jpg


とうとう正33.3回転が得られた!


16回転も、45回転も、正回転も逆回転も思うがままだ。

凄い設計のモーターだな。




嬉しい!

e0080678_0565955.jpg





とうとう復活した!


e0080678_0572111.jpg






あとは、オイル注しをしっかり行い、ベルトのテンションを決めていくだけ。




しかし、

アームを乗っければ、

今でもレコードがかかる!


(^^)v

by johannes30w | 2012-12-29 01:01 | オーディオと音楽
2012年 12月 27日

最近は、

ここしばらくスカーリーの復活に集中していると思われているだろうが、

しかし実際は、ここ最近ほど聴いている日々も無いんだ。



どうもそういう時期らしい。


今夜はテープ


e0080678_1263867.jpg


憧れていたが、とても使えないだろうと考えていたアンペックス440

その、自分専用にオーダーした完全リビルト品を今実際に使っている。

思い起こしても、こればっかりは、そんなことが可能だとは夢にも思っていなかったこと。

つくづく自分は幸せなオーディオ人生を送っているんだと思える。

全ては友人たちのおかげだね。

ありがとう。



聴くのは最も充実していた時のカラヤン。

e0080678_1311954.jpg


ベートーベンのエロイカ


自分の幸せをかみ締めながら、聴き込もう。

by johannes30w | 2012-12-27 01:33 | オーディオと音楽
2012年 12月 21日

回った!  が、

友人たちにお願いして手伝ってもらった。

シャフトを入れ、フライホイールをセットする。

重さもあり、位置決めが難しく、しかも手が入らない。。


試行錯誤の後、解決方法を見つけ、

何とかSET

e0080678_1264796.jpg


e0080678_1272936.jpg


e0080678_1273097.jpg






クロスレーザーと、iPhoneを活用し、

それぞれの部分での水平を確認していく


e0080678_12934100.jpg


e0080678_1294784.jpg



形になってくる。


ベルトのテンションを最適ものとするには、

微調整ののりしろを頭に入れながら、

このバカに重い物体をじりじり動かす。



足元のベースにきちんとボルトが入り、

その状態で位置が問題ないように持ってくる。


非常に面倒で、しかも独りではどうしようも無い作業だ。




ベルトをかける



e0080678_133398.jpg




回った!


e0080678_133277.jpg




しかし、現在回転数は15。




モーターの6つの端子を解明して、

回転数をきちんとコントロールしなければいけない。




しかししかし、




とうとう回った!



嬉しい!!

by johannes30w | 2012-12-21 01:37 | オーディオと音楽
2012年 12月 19日

降りた

先ずはテーブル上の、レースを一旦どかさなければどうしようもない。

あれは独りでは持ち上げられない。

ある程度手が伸びた状態で持ち上げねばならないから、非常に危ない。



のだが、



やってみる気になった。



その気になったなら、

その気のうちに、


とりあえずやってみる。。





e0080678_131544.jpg





なんと、独りでどかせることができた!


すごいな。。





であれば、


先ずはテーブルを高くしよう。

ジャッキで上げて、レンガをかませて、



押し込む!押し込む!押し込む!





e0080678_145625.jpg




e0080678_15114.jpg






やった!









台車をどけて、

レンガで支える。


ベースも忘れずに


e0080678_16365.jpg





とうとう降りた




e0080678_162454.jpg






なんとも感慨深い姿だな。




しかし、

実はここからが大変だ。


それぞれの、微妙な位置調整をやらねばならない。




今日はここまで

by johannes30w | 2012-12-19 01:08 | オーディオと音楽
2012年 12月 18日

下準備、そして

X-dayに向けて、自分で出来ることは頑張る。


先ずは土台。。


床はコンクリートなので、とりあえずの土台(重量分散の目的が大きいが)はコンパネを3枚重ねている。

その上にレンガを乗せ、そこにセッティングするつもり。。

コンパネも、素では気が効かないので塗装塗装!



夜中にやることじゃないんだが。。。


e0080678_026179.jpg


結局、真っ黒。

素の方が、気が効いているのかもしれないが。。。




一日置いて、


一度、

自分ひとりでやってみよう。。



バスタブは、

さすがに重く、


エレベーターには一緒に乗りたくない。。



まあ、実際は、恐れることは無いんだ。

重量オーバーなら、エレベーターは動かなくなるんだが、

問題なく動いた。


ただし、

一緒に乗りたくない私は、

ボタンを押して、

階段を駆け上がる。。




エレベーターからダークサイドになんとか押し出して、

さあ、そこからが大変だ。


ちょっとした段差はことごとく動かない。。




クルマのジャッキを駆使して、

なんとか所定の位置まで近づける。




汗が吹き出す



最後の関門は、やはりコンパネとの境目。


ここは斜めに上げなければいけないので非常に危険だ。

指を挟めば、

私は明日から職を失うだろう。



重心位置を考え、

ジャッキの位置を考え、

なんとかじりじり乗せていくと、





つっかえた



e0080678_0351467.jpg







はじめからやり直しだ。


これは、

段取りをきちんと決めておかないと、

セッティングは不可能だ。。

by johannes30w | 2012-12-18 00:36 | オーディオと音楽
2012年 12月 16日

年末大放出!!

さあ、毎年恒例の大放出。

今年は大物ばかりだよ。


興味のある方は早めにお知らせくださいね。

引きが無ければオークションに出しますね。


先ずこれ



スチューダー962ミキサー

e0080678_22182540.jpg


関西の、某局で使われていたもの。

一つのモジュールだけに注意事項が書いてあるからそれは試してないけど、

さすがにきちんとメンテされた完動品ですね。

音は、

こればっかりは試してもらうほか無いね  (^_-)

破格の23万円でどう?


売約済み   はや!!




ルボックスA77オープンリールデッキ

こいつは4TR用で、9.5と19センチ対応

e0080678_22101464.jpg


そのまま使ってたんだけど、念のために、H堂経由で金子音響にメンテに出しました。

e0080678_22111063.jpg


e0080678_22112371.jpg


4万以上かかっちゃったけど仕方が無いね。

テープをかけるとこんな感じ

e0080678_22121171.jpg


e0080678_22122360.jpg


4.5万円でどうかな。
 →売約済み



次は超大物

私のシアターシステムのメインスピーカーを出す!


アルテックの817システム

e0080678_22134345.jpg


e0080678_22135690.jpg


e0080678_22141335.jpg


e0080678_22142689.jpg


e0080678_22144068.jpg


e0080678_22145217.jpg


ユニットは全てアルニコ。

500Fネットワークも付けます。


バラで出そうかとも思ったんだけど、

面倒なんで、出来たらこのまま。。


ステレオペアで65万でどう?




次は、

e0080678_221718100.jpg


e0080678_22172818.jpg


う~ん、どうしようか。。。

by johannes30w | 2012-12-16 22:21 | オーディオと音楽
2012年 12月 15日

まだまだ

バスタブユニットが上手く動き出したからと言って、

すぐさまセッティングが出来るわけではない。



で、

今夜何をしていたかと言うと、、






またボルトを磨いている。


(^_^;)





これ

e0080678_2293413.jpg


必死で磨いてこれだ。


太さなどわからないだろうが、

このボルトで小指より少し太いくらい。。。



これも磨く

e0080678_2304489.jpg


これはベーゴマの親方ではない。


これで、ボルトで立ち上がったバスタブユニットを支えるんだ。



こんなもの、最初に見たときは何に使うのかさっぱり判らなかった。

こんな部品の使い方など、ネット上のどんな画像にも出てこない。


こんな部品があるということを頭に入れておいて、

組み上げをイメージして、

実際に始めてみて、初めてその使い方が理解できる。



ひどい錆びだが、

これだって一生懸命磨けば


e0080678_2344013.jpg



これくらいにはなる。




ここら辺はケミカルを使えば良いのかもしれないが、

ケミカルの知識は無いので相変わらずのワイヤーブラシと金たわし。


しかし、

先日4BAちゃんに教えてもらった錆びについての知識は非常に役に立った。


で、

こんなもん

e0080678_237070.jpg



ここまで持ってくるのにも、やたらと時間がかかった。。




しかし、

こいつの受け方は未だ解明できていない。


どう思いますか?



これ?

e0080678_2375613.jpg





それともこっち?

e0080678_2381742.jpg









ボルトは磨き終わったとはいえ、

その溝の中まで完璧に出来たわけではないので、

ナットがスムーズに動くように先ずは通す。

e0080678_2395323.jpg


これがまた力と時間を要する。。






全く、

面倒な話だ。



一般の、メンテナンスを受けるオーディオショップがここまでやっているとはどうしても思えない。

こんなブツはともかく、自分でいろんなメンテナンスをやってみれば判るが、

頑張れば頑張るほど、こんなことを人任せには出来ないと、

どうしてもそう思ってしまう。





ナットもスムーズに動くようにボルトのメンテを完了し、

バスタブに突っ込む


e0080678_244327.jpg


e0080678_2441696.jpg


e0080678_2443095.jpg



あー、手が痛い。。

背中が突っ張る。。。






しかし、

ここまでくれば。。。。。






ターンテーブルを回すXdayは、来週水曜深夜と決定しておこう。

by johannes30w | 2012-12-15 02:46 | オーディオと音楽
2012年 12月 14日

三本のボルト

ボルトボルトとうるさいだろうが仕方が無い。


何故違うボルトを作ってしまったのか?

オリジナルのボルトはあったはずだと自分のブログを確認していた。

確かにオリジナルのボルトは付いていて、

間違えないようにきちんと画像も残している。


そのオリジナルの三本のボルトが見当たらなかったから、

足りないと判断し、それとおぼしきボルトを見本に作らせたんだ。


となると、

オリジナルの三本のボルトはどこへ行ったのか?


二三日、家中を探してみたが、

どうも見当たらない。。



いくら私でも、三本ものボルトをそっくり無くしてしまうとは考えにくい。


自分があの時どうしたのかを、のんびりのんびり思い出していた。

そのうち思い出すだろうとのんきに構えていたら、あっという間に一週間が過ぎた。


で、

とうとう思い出した!



三本のボルトはあまりに汚かったから、

キレイにしてやろうと仕事場へ持っていたんじゃなかったか?



仕事場で少し探すと、本当に出てきた!



持って帰った


e0080678_059646.jpg


汚いままなので、

先ずは磨く



こういうのをキレイにするのは、

ワイヤーブラシと金たわしが一番だね。




e0080678_0595154.jpg




キレイになったところで、KTブッシュをセットし、

モーターとサブフレームを固定する


e0080678_12430.jpg


このKTブッシュ、かなり良い!

相当使えそうだ。

本当に良いものを教えてもらった。




サブフレームがセットできれば、

あとは早いよ



悪魔のバスタブへセットし、ベルトを順列組み合わせで選択し、




とうとうセッティング完了!




電源を入れると、



回った!



e0080678_152770.jpg



e0080678_154055.jpg




こいつが動き出したのは、50年ぶりくらいだろうか。

私が生まれた時には既にガラクタ扱いだったかもしれないね。





後は、

このバスタブごと本体の下に入れ込み、

ターンテーブル直下のフライホイールにベルトで連動させれば、



レコードは回る!

by johannes30w | 2012-12-14 01:07 | オーディオと音楽