ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 31日

問題は  (字ばっかりですみません)

問題は、大きく二つ。

その一
これはいつもの事だが、
うちのデジタル系の機器は、一旦電源を切って繋ぎかえたりすると、一度は認識不良が起きる。

デジタル系の機器の配線は、非デジタル系の機器の倍、つまり音声系とクロック系の二つ必要となる。
もちろん音声信号に乗ってるクロックを利用する事で、配線を一本化する事もできるが、
うちの機器での試行錯誤の結論から言えば、

声信号系とクロック系は、面倒だが別々に配線した方が、はっきりとクオリティアップする。

先ず、クロックの認識の問題がある。
今までのアナログオーディオ機器の感覚から言えば、単純に繋げばおしまいであったが、
クロックはもう少し微妙なようだ。
きちんと繋がっていることは当然だが、単にポンポンと繫げばOKなのではなく、きちんとクロックが認識され、ロックされなければいけない。

この接続において、工夫が必要なことがある。

一旦消した電源の入れる順番によって、認識不良が起こったりする。

つまり、PCの周辺機器を接続した時の、あの電源の入れ方の工夫に近いことが必要になったりする。



たとえば、

AとBのクロックを繫ぐ場合、

① AとBの電源を入れる→クロックケーブルを接続

② Aの電源を入れる→クロックケーブルを接続→Bの電源を入れる

③ Bの電源を入れる→クロックケーブルを接続→Aの電源を入れる

④ クロックケーブルを接続→Aの電源を入れる→Bの電源を入れる

⑤ クロックケーブルを接続→Bの電源を入れる→Aの電源を入れる

等々の方法がある。

しかも、ロックしたかどうか、表示されない機器も混じっているので、

それがきちんと出来ているかどうかはいちいち音を出してみないと判らない。

不具合が出た場合、すなわちこれを試していかないといけない。



何か方法論が有るとは思うのだが、まだ掴めていない。



さらに、クロックを接続させる機器は2つではなく、

マスタークロック、ADコンバーター、デジタルパッチベイ、2台のデジチャン がある。



さらにさらに、

クロックだけではなく、(デジタル)音楽信号にも「認識」というものがあるのかもしれない。

これは私の機器だけの問題なのかもしれないが、

クロックも上手く認識さらにロックしても、

ハイが思いっきりロールオフしたような音しか出てこないことがある。


これがさっぱり判らない。


(デジタル)音楽信号のケーブルの接続を、また上の順列組み合わせで試していく。。

つまり、少なくとも上のパターンの二乗のパターン数が存在し、

さらにそれが複数台接続される。



考えてしまうとぞっとするので、

考えずにもくもくと作業をこなす。

一つのパターンを試すたびに、スピーカー裏へのもぐりこみと脱出を繰り返す。


アンプ部を引っ張り出して作業すれば良いじゃないかと思われるかもしれないが、

スピーカーケーブルは必要最短の距離で作ってあり、

アンプを引っ張り出すことは不可能なんだ。






その二


とうとうノイズが乗ってきた。


私のシステムの配線は、想像していただくだけで十分お解かりだと思うが、

相当ぐちゃぐちゃではある。

それでもある程度の工夫だけで、まあノイズに悩まされることは無かった。


それが今回、とうとう出た。


接続機器やケーブルは以前と全く変わっていなかったから、

これはそのセッティング状態が悪いせいには違いないんだ。


しかし、そのノイズの発生原因がわからない。


よって、先ずはアンプの組み上げる位置関係を見直すこととなる。


アンプの組み方を数回変えざるを得なかったのはそのためだ。


これとて、実際に音を出して見なければ確認も出来ない。




アンプの位置関係が問題ないとすれば、

原因はケーブルの取り回しということになるが、

これもアンプの組み上げと同時に、そのつど最善の状態を作って試すほか無い。











という

以上二点の問題に、まさに取り組んで来た。


フェログラフがいなかったら、かなり参ってたに違いない。












で、




第一の問題であるクロックおよび音楽信号の伝送は、とうとう確立できた!

音楽信号伝送の不調は、本当は完全には理解できていないが、

それでもとうとう元の音を取り戻した!


第二の問題であるノイズは、

こいつには苦労した。


先ず原因となる機器がはっきりしないから、

ケーブルの取り回しを厳密に管理していった。


ケーブルは、クロックケーブル、デジタル音声ケーブル、アナログ音声ケーブル、電源ケーブルが入り混じっている。

これらをどんどん整理していった。


が、


ノイズの改善は全く無かった。


これはケーブルの取り回しの問題ではない!


で、アンプの組みなおしを数種試した。


ノイズの質やレベルに若干の違いが出る。




半日考えて、

犯人を特定してみた。



考えれば考えるほど、犯人はあいつに違いない。



ひこちゃんADCと、その電源たるスチューダー電源を繋ぐ自作24vケーブル(正しくは、±24と+5vの二種のケーブル)。


あいつが怪しいと睨み、その取り回しを変えてみると、

なるほどノイズが変わる。

しかし、いかなる取り回しを行っても、ノイズゼロの達成は難しかった。


いままでノイズが無かったのは、この機器だけ他の機器とは全く離れた位置に置いていたからで、

要はこのケーブルが、周りのノイズを拾っているということだね。


外来ノイズをシャットアウトする必要があるということで、

その方策として真っ先に考えられるのはシールドを施すということ。

しかし、シールドしたケーブルは音が悪いというのはもはや我々の常識。

仕方が無い部分は存在するとしても、出来る限りシールド無しでノイズをシャットアウトしたい。


では何をするか。



よじる。




自作24vケーブルを可能な限りよじった。


±24vのケーブルは、どうよじるのか悩んだが、

単純に三本あわせてよじった。

(単線を使っているので、三つ編みが面倒で、これは試していない)




よじった±24v電源ケーブルを使ってみると、





なんと!

ノイズが消えた!!
[PR]

by johannes30w | 2013-01-31 23:33 | オーディオと音楽
2013年 01月 29日

結論は意外なところへ?

前回の記事の続きではあるが、

まだまだセッティングは終わらない。


全く、なんてこった。


だいたいうちのシステムは不自由すぎるな。

こればっかりは、その責任は全て私にあるので誰に文句を言えるわけでもないのだが。


すでにあれから、アンプ関係の組直しが4回。

そのつど最適な電源ケーブルなどを作っているから、

無駄になったケーブルが6組。。


福袋で無理やり放出した使わないケーブル類が、もうどんどん増えてきてる。。


しかし、ケーブルを作り直すたびに、オーディオスキルアップが実感できるのも事実ではある。






しかししかししかしながら、

かなり厳しい日常ではある。







家に帰ると、

毎日毎日スピーカーの裏にもぐりこむ。


基本装備はこれ

e0080678_22251334.jpg


もはや洞窟探検に近い。



もぐり込んだ先には60センチ幅で、奥行き80センチのスペースがある

e0080678_22291088.jpg


しゃがむことさえ厳しい。




この空間で、

文字通りの孤独な「作業」が続く。










だが、

再セッティングの効果は全く予想以上。



先日書いた「問題」を解決していくうちに、

予想もしていなかった結果が導き出されそうで、

驚きながらも、



楽しみ  (*^_^*)
[PR]

by johannes30w | 2013-01-29 22:38 | オーディオと音楽
2013年 01月 25日

ノイズ対策と、

ずーっと、ずーっと、ず~~~~っと、こんなことをしているように思う。。



e0080678_143464.jpg


うちのご本尊のエンジェルは、

ここに置いてあるのはまあいろいろ意味があるのだが、



これをどけると




e0080678_153376.jpg



こんなものが見える。

この布にもまあいろいろ考えもあるのだが、


e0080678_171315.jpg




この布の中身は

これ

e0080678_165284.jpg





で、


取ってしまうとこうなる



e0080678_18239.jpg





超強力4チャンネルアンプのラブグルッペンのおかげでこんなにコンパクト(?)にできてる。


以前はこのラック全てにJBLの62XXアンプがぎっしり入っていた。



62XXアンプでシステムを組んでいた時の音は、

自分でもかなり納得できるものだったし、友人の中にもあの時の音が良かったという人も居るが、

まあ聳え立つアンプ群の発生するノイズはたまに聞くにはいいが、毎日だとどうしても我慢できなかった。


当時もいろんなことを試してみたが、納得できるレベルにはどうにも到達できず、

とうとう全てを放出し、ファンレスであるアムクロンのK1、K2コンビに入れ替えた。


この音も素晴らしかったが、

何故だか自分の音じゃないように感じてしまい、これも全て放出。


で、

やってきたのがラブグルッペンの4チャンネルアンプ。



音は(自分としては)今までで最高。。

さらに、自分の納得できる大好きな方向。

4チャンネルアンプのおかげで発電所のようだったアンプ群は3台でまかなえるようになった。


e0080678_1235691.jpg





が、




ファンノイズ復活!


しかもこいつらのファンノイズは6290のノイズどころではない。

パワーも桁違いだが、ファンノイズも桁違いだった。



で、

うえの画像のような処理をしていたのだが、

それでもとうとう堪忍袋の尾が切れて、

ラックを新調することにした。



アンプ群が少なくなったので、それも簡単に可能になったんだ。



今回のラックはガラスの扉付き!

嬉しいね~





年末年始のお休みの間にやっつけるつもりだったが、

いつものように年末年始は一年の疲れが爆発してボ~ヨ~と過ごしてしまった。




でも、


頑張るぞ!






先ずは今のアンプをばらす必要がある。


アンプタワーの裏に回りこむには



e0080678_1232973.jpg


この一番下に確保してある穴(スペース?)からもぐりこむ。


おなかを浮かしたまま匍匐前進!



うんうん唸りながら裏へ回り込むと


e0080678_1261479.jpg



わけがわからん状態だね。



ODさんに貰ったランタンを30wエンクロージャーの中に忘れてきたのが痛い!



むやみやたらとかたっぱしから接続を外していく。

ノンカイさんが作ってくれた札がありがたい。

e0080678_1283623.jpg


この札が無ければ再配線は不可能だ。




接続を外したら、もう一度おもてに戻ってラックごと強引に引っ張り出す。


e0080678_130762.jpg





新しいラックはこれ

e0080678_1303119.jpg





ここら辺でケンプリンさんがいらっしゃったと思うのだが、

どうもはっきりしない。。



なんとかかんとか新しいラックに入れ替えた!

e0080678_1315478.jpg



おー!

じつに見事に収まった!













のだが、




もちろんお約束の通り、

問題は発生する。。。。



e0080678_1325885.jpg

[PR]

by johannes30w | 2013-01-25 01:32 | オーディオと音楽
2013年 01月 17日

フェログラフ S1

フェログラフのスピーカーは、最初の印象は芳しいものではなかった。


フェログラフというメーカーは、テープレコーダーで有名なのだが、

私にとっては、その印象は、このスピーカーに尽きる。


知ったのは、初めて買ったステレオサウンドの誌面上であったのだが、

その記事はともかく、私はこのスピーカーがどうしても気持ち悪かった。


好きとか嫌いではなく、あのバームクーヘンのようなサランネット(?)の柄と、白い足がもたらす独特の雰囲気が、

どうにもこうにも気持ち悪かった。

生理的に受け付けないというのはあのことを言うのだろうと今でも思い出す。



当時、バームクーヘンは好物中の好物だったのだが。。。



そんな印象があまりにも強く、

後に「フェログラフ」の名を聞いても、私のイメージはあくまであの気持ち悪いS1スピーカーだった。




何十年も経って、

自分の感性も鈍ってきたせいか、

あの時の気持ち悪いという感覚は、不思議と消えていった。


気持ち悪いという感覚が薄れるにつれ、

これも不思議なことに、興味だけが膨らんでいった。






フェログラフは英国のメーカーで、その有名なテープデッキ達を見ても、

見事なまでに英国の雰囲気を持っている。


しかしこのS1というスピーカーは、

私にはどうしてもフランス風に見えてしまう。

私のデザイン感覚などいい加減なものだから、

何の根拠も裏づけもないのだが。


ついでに言えば、音もフランス風に違いないと思い込んでいた。



こういう思い込みは楽しいのだが、

場合によっては実に問題になることがある。


現実に手に入れて聞いてみて、

思い込みの通りなら良い音に聞こえ、違っていれば、酷い音に聞いてしまったりする。


改めて、素直になる必要があるのかもしれない。





e0080678_019537.jpg





やってきたフェログラフは、想像よりも重く、想像よりも少し背が低かった。



e0080678_0201250.jpg





スタンドも、取り付けネジも、ワッシャーもきちんと付いていて、

これは非常に嬉しい。




こういう古い機器を買う時は、

問題があるのが当然と思うべきで、

それがイヤなら手を出さないか、そうとう割高であってもしかるべき販売店で買わねばならない。




私のこのフェログラフも、私にとっては予想外の状態の良さで嬉しくて仕方ないのだが、

もちろん問題はある。



e0080678_0242623.jpg




特徴的なコーナーのバスレフポートにあったスポンジは、当然朽ち果てていて、

触ればぼろぼろと崩れる。


崩れたスポンジは、サランネットの隙間にカンガルーの子供のように溜まっていた。



e0080678_026561.jpg




スポンジを取り除き、

とにかく音出し。




音については面倒になってきたので書かないが、

ここでも当然問題が出てくる。



音量が上がるとウーハーがびびる。



良くあることだ。

ボイスコイルがすれている。



JBLやアルテックなどのヘビーデューティーなユニットならいざしらず、

こいつは英国製。


ごんたさんも、お持ちのチャートウェルのポリプロピレン製(?)のウーハーユニットのセンターがずれてしまって、

大苦労されていた。


このフェログラフのウーハーユニットは、ありささんの紹介にもあるとおり、KEFのユニットで、

プラスチック製の振動板を持つ。


e0080678_0355953.jpg



エッジも同様の材料が使われているだろう。

こういう高分子材を使ったユニットは、温度変化などでへばりやすい。


当然、手当てもせずに年月が経てば、センターもずれてくるだろう。




ではどうするか。


もちろん目算はある。




先ず外す

e0080678_0354159.jpg


ユニットへの配線にも、振動を嫌って吸音材が巻きつけられているのに感心。



で、

上下をひっくり返して取り付け。


はいおしまい。



治りました。








e0080678_04107.jpg



なんたる魅力
[PR]

by johannes30w | 2013-01-17 00:41 | オーディオと音楽
2013年 01月 13日

ひといきついて




e0080678_116049.jpg

[PR]

by johannes30w | 2013-01-13 11:06 | オーディオと音楽
2013年 01月 11日

オーディオ救助隊

私が出来ることなどたかがしれているが、

私自身が人様の厄介になることも多いのだが、

それでも、だからなおさら、

仲間内でオーディオで困っている人がいるなら、

自分が出来ることはしてあげたいなどどお節介にも思ってしまう。

わがままなくせに  (^_^;)





いつもは準備している工具入れに必要なものを詰め込んで、

自転車のでかいかごに積み込んで、

ギシギシと自転車漕いで出動するのだが。。


今回ばかりはそう簡単にはいかないことが予想された。

一人ではいかんともしがたいことが予想された。



であるから、

前もって、M隊員と、ひこ隊員と打ち合わせは済んでいた。





当のご本人は、

「なんとかやってみます、ダメだったら連絡します。」

と仰っていたが、

私自身の経験から言って、

いやいや、

どう考えても、

ダメに違いないんだ。




大型のブツの搬入なのだが。。。






当日、

荷が着いた知らせと同時にお手上げである連絡が来た。



その連絡に添付されていた画像はこれ



e0080678_12253723.jpg


久々に大笑いさせていただいた。

ご本人には申し訳ないが。。。




しかし、さすがにでかいな。




作戦実行は、いつもの22:30。



隊員が集合し、ちんまいクルマにぎゅうぎゅう乗り込んで、

発進!




M隊員は、クルマに乗り込むと、夕食はおろか昼食もろくに食べていないことを訴え始めた。

そういえば、メールでもそんなこと言ってたっけ。



現地に着く前にマクドナルドへ寄るのか、ドライブスルーで行くのか、寄らずに現地直行するのか、

かなりもめた。。


M隊員は直行しようと主張し、私はお腹を満たしておかないとイライラして良くないことを言った。

ひこ隊員は無言を通した。。

大人だ!




M隊員はさらに、ここでマクドナルドに寄ってしまうと、いつぞやの滋賀行きの二の舞になると言う。

確かにそうだが。。。



道沿いにマクドナルドの看板が見えるたびに大騒ぎし、

寄るとも寄らないとも決着が付かないまま、現地に着いてしまった。





クルマを降りると、ご本人が荷の前に佇んでいらっしゃった。



いつものように、ひこ隊員の号令の下、

三人の隊員はこの巨大なブツにかじりついた。


15分もかからないうちにそれは解体され、

30分ほどで部屋まで移動しセッティングされた。


オーディオ救助隊、凄い!





e0080678_13105011.jpg





詳細は、そのうちご本人が報告してくれるだろう。。





美味しいコーヒーをいただき、

一緒に出してくださったイチゴは瞬間にたいらげ、

オーディオ救助隊は帰途についた。



こんどこそ、マクドナルドに寄った。



M隊員は、セットを頼んだ。

ひこ隊員と私は、飲み物を頼んだが、

思いついて、私はポテトを追加した。


M隊員は、多すぎるんじゃないかと割り込んできたが、

今回は引かなかった。

ひこ隊員は無言を通した。

大人だ!。。。



結局、多すぎることもなく、

もちろん全てたいらげて、

マクドナルドを後にした。



充実した一日だった



e0080678_13195829.jpg


このポテト、ひこ隊員もしっかり食べていたことは、言うまでも無い。
[PR]

by johannes30w | 2013-01-11 13:22 | オーディオと音楽
2013年 01月 08日

アームベース

レコードは、やっぱり楽しい。

何故だかはわからないけど。。



動き出してから、嬉しいのもあって、

毎日レコードを聞いている。



聞きながら、さまざまな実験




アームベースは、音決めの時には非常に重要になるね。

ターンテーブルシートより、その効果、変化ははるかに根本的なものになる。




とりあえず高さを合わせて聞いてきたが、

どんどん気になってきたので、

いろいろ試す。



今までの経験から、アームベースにはセラミックを使いたかった。


高さを稼がなくちゃいけなかったから、いままで上手く使えなかったが、

今夜できた。


e0080678_1241023.jpg


私には、このタイルはもはや無くてはならないもの。

mamboさんありがとう。



これを使うことを可能にしたのは、

うちでは珍しいオーディオアクセサリー


e0080678_1254135.jpg



この円錐が、どうも非常に具合がよろしい!


まだまだ実験段階だけど、

少しは見えてきたかな (^。^)
[PR]

by johannes30w | 2013-01-08 01:29 | オーディオと音楽
2013年 01月 07日

アルテック搬出

いつもの仲間に手伝ってもらって、

アルテックの搬出



先ずはばらす

e0080678_0334358.jpg


これだけ集まってもらえれば、早い早い!


e0080678_0342555.jpg




搬出先はこちら






現地で音出しまで確認し、

再び皆で戻る。



福袋の争奪戦! 


e0080678_0434551.jpg
 


と思いきや、




年功序列で好きなのを取っていく。。


T口氏が、飛び入りの福袋を用意してくださって、

また特別福袋オークションもあって、

なかなかの盛り上がりをみせた。




で、



福袋は完売!

皆様ありがとうございました。

予約された方、余りませんでした。  申し訳ありません  m(__)m





そのあと、プレ新年会!




今年もオーディオ仲間は元気です   !(^^)!
[PR]

by johannes30w | 2013-01-07 00:42 | オーディオと音楽
2013年 01月 06日

念願の

うちのプレーヤーはカッターレースであるから、

当然ターンテーブルマットなんてものは付いていない。



ターンテーブルの表面は、丹念に表面処理がなされたコルクで出来ている。


e0080678_11647.jpg






さらに丁重に溝が掘られており、

そこに吸着バキューム用の穴が開いている。


e0080678_1171127.jpg





レコードを乗せるとこんな感じ


e0080678_1174227.jpg





この状態で聴いていたのだが、

さすがに吸着前提のターンテーブルであるから、

時にレコードがすべる。


最初はさすがに回転がおかしくなったのかとも思ったが、

これはレコードが滑っていたせいだった。



ほっとしたが、

そんな状態では聴けないので、

スタビライザーとしてこんなものを使ってみた。


e0080678_1204380.jpg



これはアンプやスピーカーのセッティングに使うスパイクではあるが、

裏にスピンドルに実にぴったりな穴があいており、

なんとも上手く使える。




しかし、

私は実はスタビライザーが好きではない。



大昔には使っていたこともあるのだが、

音はともかく、レコードの上にあんなものを置くこと自体がイヤなんだ。




しかたないことではあるのだが。。。。







そして、

今日、

念願のアイテムを導入してみた。



e0080678_1242333.jpg




これはひこさんにいただいた16インチのラッカー盤。

どれくらの大きさかと言うと、



e0080678_125145.jpg



ほら、

大きいでしょ?



ひこさんはこれを数多く手に入れ、

仲間内にターンテーブルシートにでも使ってくれと配っていただいた。


16インチーずの仲間は、このラッカー盤をどんどん使い始めた。


私もいただいていたのだが、

ちょうどそのころ、既に私はスカーリーに取り組み始めていて、

稼動しているレコードプレーヤーを持っていなかった。


ラッカー盤のターンテーブルシートは使いたくても使えなかった。



仲間が使っているのを指をくわえて見ている他なかった。





スカーリーが稼動し始め、

やっと私もラッカー盤のターンテーブルシートが使える!




レコードを置くとこんな感じ

e0080678_1315314.jpg




16インチラッカー盤だと

e0080678_132793.jpg




おおお~!

大きい!



しかも

e0080678_1324585.jpg


美しい




さらにレコードを置くと、

e0080678_1332064.jpg




いい感じ!
[PR]

by johannes30w | 2013-01-06 01:35 | オーディオと音楽
2013年 01月 04日

セッティング

モーターのメンテをもう少しやりたいとことだが、

とりあえず、セッティングをいろいろ試してみる。



アームはテーブルから立ち上げると、どうも音が鈍るので、

レースの上からなんとかセッティングする。



手持ちの御影石を使って、


e0080678_23272518.jpg



こんな感じ。


e0080678_23281177.jpg





音はね。



えへへ   (*^_^*)




悪いわけ無いじゃん。。





今まで私が経験したレコードの音じゃない。



レコードとはとても思えない圧倒的な安定と静けさ。

音がどうのこうのなんて話がいかにもバカバカしく思えてくる。

レコードプレーヤーなどという機器の存在自体が、全ておもちゃの世界の話に感じられてくる。






今夜はケンプリンさんにいただいたこのレコード

e0080678_23343611.jpg




何も気にすることなく、音楽に浸れる。









アームのセッティングはじりじり追い込もう。
[PR]

by johannes30w | 2013-01-04 23:37 | オーディオと音楽