ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 09日

プレスト再整備

うちのプレストは、やってきた時からいろいろ問題を抱えていた。

もちろんそんなことは百も承知で手に入れた。

それどころか、非常に状態が良く、めちゃ嬉しかった。


で、とりあえずのメンテをやってみたのが、、

もうかなり前。。




一番の問題は、ワウ。

次に外見。



到着時にワウが出ていることを確認して、メンテに入った。

で、マニュアルの分解図を頼りにばらして、清掃して、注油、グリスアップ、ギアオイル入れ替え、等々を行った。



すると、

ワウが酷くなった。。



思いつく点もあったのだが、確信が持てなかったので、考えがまとまるまで放置。




他のギアドライブの構造をいろいろ観察し、勉強し、考えた。

考えはほぼまとまった。




としているうちに、外見の修正をやった。

到着したオリジナル(?)ままでも十分キレイだったのだが、

もしプレスト完全オリジナル状態であったとしても、あの色は私にはどうしても我慢がならない。

どういう仕上げにするか、これものんびり悩んでいたが、

ダイノックシートを貼ってみることにした。

もちろん自分では出来ないので、専門家にお願いした。




まずまずの出来。



e0080678_1141713.jpg


e0080678_1144468.jpg


なかなかいい感じでしょ?

えへへ     (^_^)v



でも、

良く見ると、

ちょっと和風になっちゃった    (;_;)




    。-。-。-。-。-。-。-。-。



さあばらそう



e0080678_115573.jpg


ガラードのターンテーブルマットはかざり。


外すと

e0080678_1152819.jpg


このターンテーブルは、まさにテーブルで、シャフトとはボルトで固定されている

e0080678_1154620.jpg


三つのボルトを外すとシャフトヘッドが現れる

e0080678_1165100.jpg


このシャフトは、長い軸受けを通り、内部のフライホイールへ貫通する

e0080678_1162324.jpg


シャフトは実はフライホイールと直接固定されているのではなく、一旦クラッチ(?)に固定され、

そのクラッチがフライホイールと結合されている

e0080678_1164225.jpg


フライホイールは上下2枚あり、上はクラッチを介してシャフト・ターンテーブルへ。

下は直接ギアに固定され、ギアからモーターへ。

そして上下のフライホイールは、ゴムで繋がれている。

e0080678_1165881.jpg


今回の整備の最大の目的は、クラッチのチェック

したがって、上のフライホイールをクラッチごと取り出した。

e0080678_1171595.jpg


前回の整備の時、私はここで2つの間違いを犯している。

一つはこいつを「クラッチ」と考えたこと。

もう一つは、整備マニュアルを100%信じてしまったこと。

e0080678_1173288.jpg


先ずはこのクラッチ(?)の考え方。

クラッチはクラッチには違いないが。



これを純粋にクラッチと考えた場合、当然回転方向へのクラッチであるから、クラッチとして回らねばならない。

で、前回は、この内部を丁重に洗浄し、油分をふき取り、新たに注油し、組み上げた。

すると、このクラッチはクラッチとしてきちんと動作し、スルスルと滑ってくれた。

「なるほど!」と感心した。

あとはそのすべり具合を内側にある3本のネジで調整するんだな。


実際に組みつけてみてもクラッチは上手く動作し、

ターンテーブルはモーターの回転と関係なくスルスルと回った。

おお!

上手くいくじゃん   と、喜んだ。

後は内側にある三本のネジを締めこむことで、クラッチの滑り量を調整するだけ。





で、

実際にネジをねじ込んでいくと、、



何も変わらない。



どこまでねじ込んでもスルスル空回りする。


どういうことだ?





例えば、

レコードを聴こうとプレーヤーのスイッチを入れる。

モーターは回りだす。


が、


クラッチが上手く働いて、

ターンテーブルはまったく回らない。



手を添えて回してやると、

やっと同期して回りだす。



これで実際にレコードを聴くと、

ひどいワウだ。



当たり前だ。





なぜだ?

なぜここにクラッチが必要か?






ちなみに、

国内で完全にメンテされたM会長のプレストは、指で触ろうが何をしようが、躊躇なく回り続ける。

??

クラッチはどうなってるんだ?






ここで結果を急いではならない。

私にはこのプレストしかなく、失敗は許されないから。




しばらくほおって置いて、考えがまとまるのを待つ。







他のギアドライブプレーヤーの構造などをいろいろ見ていく。

回転方向へのクラッチは、ほとんどが機械式になっており、このプレストのように油圧(?)的なものは存在しない。



プレストのクラッチの銅で作られた羽根状の部品を考えてみる。

あれがネジで反対側のプレートに押し付けられて、クラッチ的な働きをする構造だね。

もしM会長のプレストのように、クラッチ的な働きを考えていないのなら、あの羽根は何の為か?






メーカーがどう考えてあの構造を使用したのか、それは私には調べようもなく、

よってそれを正確に知る事は不可能だ。


勝手に推測するしかない。




クラッチ以外の働きをあの構造に持たせるならその目的は、



上下方向への振動の減衰しかない。





もしあの構造の目的が上下方向への振動の減衰にあるのなら、

内部に注油することは無意味。





よって、

今回の整備は、前回注油した内部のパーツのオイルをふき取ることが最大の目的となった。



三本のネジが存在する事から考えて、完全にクラッチとしての動作を無視しているわけではないだろうから、

オイルをふき取るのは、ティッシュで手でふき取れる程度にして、パーツクリーナーなどで100%ふき取ってしまうことはあえてしなかった。




で、



組み上げていくのだが、







もう一度このクラッチの銅製の羽根をよく観察する。

軸とどういう具合に入り込むのかを考える。



すると、




出てきた答えは、


整備マニュアルは間違っている。




銅製の羽根の向きが、マニュアルに乗せられている図ではおかしい。

逆だ。




前回は、何の疑いもなく、マニュアルの図の通りに組んだ。

今回は、自分の考えのとおりに組んだ。


e0080678_1175322.jpg


もう一つの懸念材料であるゴム部品も新調する。


一番上が、もともと付いてきたゴム。

真ん中が、国内でプレスト用として売られていた物。

一番下は、M会長が、とうとう自分で発注して業者さんに作らせたもの。



会長、すごいです!



M会長が作ってくれたおかげで、この貴重なゴムを躊躇なく新調できる。







で、





すべてを組み上げ、回してみる。




モーターは回っているが、ターンテーブルは回らない。




クラッチ内側の調整用ネジを締めこんでいくと、



ターンテーブルは、完全にモーターと共に動くようになった。



調整ネジも、まったく正常に動作するようだ。


指で押さえても全く止まらない。





うれしい!!







さあ、聴いてみよう

e0080678_1181534.jpg

[PR]

by johannes30w | 2010-04-09 01:19 | オーディオと音楽


<< プレスト微調整      PCの >>