ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 27日

ひとやすみ

e0080678_23544249.jpg


ノイマンW444は現在ノイマンの電源システムで動いている。
下の躯体が電源部で上がプリ部。
実はレギュレーターは上の躯体に入っていて(一番左に見えるカードがそれ)、
下はいわば電源トランスのみ(挿してあるカードは使っていない)。
要は一般のプリが分離された状態で、
よって下の躯体から上の躯体へ電気を供給してやる必要がある。

24Vの電気

e0080678_2355163.jpg


これはありささんが用意してくれたケーブル。

めちゃ細くて頼りない、でも固い単線ケーブルで、実際にノイマン機器の中で24V用に使われていたもの。

躯体の中ではこういう線が使われているんだね。

いろいろ遊んでねと言われていたので、少し遊んでみる。

(現状で不満は全く無いんだけどね)

e0080678_23551678.jpg


これは、以前紹介したシーメンスの真空管アンプの内部配線で使われていたケーブル。

ノイマンの細い単線を5~6本撚ったような撚り線



比べると

e0080678_23561195.jpg


聞いてみる


最近お気に入りのレコード

e0080678_23562999.jpg


ドラムとベースがリズムを刻み始め、ビブラフォン(?)が響く


おお、なかなかボディのある音じゃん。。

いい感じかな。


そのあとピアノが出てきて、



がっくり。




なんと下品なピアノ。


切れない、伸びない、ガサガサのピアノ



あー、、、




しかしこれはエージング不足で、もう少しすれば、すっきり抜けてくれるかも。




で、24時間放置して、

あくる日鳴らすと、




何の改善も無い。


そりゃまあ50年も前のケーブルだから、エージングなんてとっくに終わってるわな。。





だめだこりゃ。



で、

完全自作ケーブル

e0080678_2356452.jpg


Mさんが気に入ってくれたヨハネケーブル(Mさん命名)をモディファイ(そんなたいしたもんじゃないが)したものを作製。


どうだ?

e0080678_23571284.jpg


シーメンスケーブルよりはるかに素直にすっきりと抜けてくれる。

ボディもしっかりしていて、これならまずまずか。。

e0080678_23565722.jpg


しばらくこれを聞いてみる。


一週間ほど使ってみて、もう一度再検討してみるかな。
[PR]

by johannes30w | 2010-04-27 23:58 | オーディオと音楽


<< 再びアルテック      いよいよアナログ >>