ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 09日

夏の大蔵ざらえ Ⅳ 最終回

いよいよ最終回

e0080678_1104326.jpg


フェアチャイルドの412ターンテーブルと同じくフェアチャイルドの282ステレオアーム

e0080678_1115269.jpg


非常にコンパクトで、しかしほとんど理想的なプロポーションを持っている。

このターンテーブルは、基本的にベルトドライブだが、非常に凝った構造を持つ。

その構造については、一度調べてみて欲しいな。

びっくりすると思う。


まさに知る人ぞ知るターンテーブル。


トーレンスやガラードしか知らない人は、絶対一度は聞いてみるべきだと思う。




この固体は元々M会長がアメリカから取り寄せたものだが、

良くぞこんなに状態のいいものが残っていたものだと驚いた。

実物を見て欲しいんだけど。。。。





e0080678_1215773.jpg


同じくフェアチャイルドの282アーム

パイプアームに馴染んでいる人には異様に見えるのかもしれないが、

いやいや、古今のどんなアームよりも美しい。

アームレストさえ必要のないその構造は、

その設計者はイギリス人じゃないかと思えるほど完結している。

この282はステレオ対応。





e0080678_1271614.jpg


あんまり美しいから、このままコンプリートシステムとして譲りたいが、

バラでもOKとしますね。


システムとして125000円   (売約済み)

バラでは
  412ターンテーブル 75000円   (済み)
  282ステレオアーム 55000円   (済み)









もうひとつお知らせ



私のプレスト、またはRCA70-C  いずれかを放出します。

予価は、550000円



詳細はお問い合わせくださいね。



一大決心だ。
[PR]

by johannes30w | 2010-07-09 01:37 | オーディオと音楽


<< RCA70-Cのシャフト      夏の大蔵ざらえ Ⅲ >>