ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 15日

まだまだ

バスタブユニットが上手く動き出したからと言って、

すぐさまセッティングが出来るわけではない。



で、

今夜何をしていたかと言うと、、






またボルトを磨いている。


(^_^;)





これ

e0080678_2293413.jpg


必死で磨いてこれだ。


太さなどわからないだろうが、

このボルトで小指より少し太いくらい。。。



これも磨く

e0080678_2304489.jpg


これはベーゴマの親方ではない。


これで、ボルトで立ち上がったバスタブユニットを支えるんだ。



こんなもの、最初に見たときは何に使うのかさっぱり判らなかった。

こんな部品の使い方など、ネット上のどんな画像にも出てこない。


こんな部品があるということを頭に入れておいて、

組み上げをイメージして、

実際に始めてみて、初めてその使い方が理解できる。



ひどい錆びだが、

これだって一生懸命磨けば


e0080678_2344013.jpg



これくらいにはなる。




ここら辺はケミカルを使えば良いのかもしれないが、

ケミカルの知識は無いので相変わらずのワイヤーブラシと金たわし。


しかし、

先日4BAちゃんに教えてもらった錆びについての知識は非常に役に立った。


で、

こんなもん

e0080678_237070.jpg



ここまで持ってくるのにも、やたらと時間がかかった。。




しかし、

こいつの受け方は未だ解明できていない。


どう思いますか?



これ?

e0080678_2375613.jpg





それともこっち?

e0080678_2381742.jpg









ボルトは磨き終わったとはいえ、

その溝の中まで完璧に出来たわけではないので、

ナットがスムーズに動くように先ずは通す。

e0080678_2395323.jpg


これがまた力と時間を要する。。






全く、

面倒な話だ。



一般の、メンテナンスを受けるオーディオショップがここまでやっているとはどうしても思えない。

こんなブツはともかく、自分でいろんなメンテナンスをやってみれば判るが、

頑張れば頑張るほど、こんなことを人任せには出来ないと、

どうしてもそう思ってしまう。





ナットもスムーズに動くようにボルトのメンテを完了し、

バスタブに突っ込む


e0080678_244327.jpg


e0080678_2441696.jpg


e0080678_2443095.jpg



あー、手が痛い。。

背中が突っ張る。。。






しかし、

ここまでくれば。。。。。






ターンテーブルを回すXdayは、来週水曜深夜と決定しておこう。
[PR]

by johannes30w | 2012-12-15 02:46 | オーディオと音楽


<< 年末大放出!!      三本のボルト >>