ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 06日

念願の

うちのプレーヤーはカッターレースであるから、

当然ターンテーブルマットなんてものは付いていない。



ターンテーブルの表面は、丹念に表面処理がなされたコルクで出来ている。


e0080678_11647.jpg






さらに丁重に溝が掘られており、

そこに吸着バキューム用の穴が開いている。


e0080678_1171127.jpg





レコードを乗せるとこんな感じ


e0080678_1174227.jpg





この状態で聴いていたのだが、

さすがに吸着前提のターンテーブルであるから、

時にレコードがすべる。


最初はさすがに回転がおかしくなったのかとも思ったが、

これはレコードが滑っていたせいだった。



ほっとしたが、

そんな状態では聴けないので、

スタビライザーとしてこんなものを使ってみた。


e0080678_1204380.jpg



これはアンプやスピーカーのセッティングに使うスパイクではあるが、

裏にスピンドルに実にぴったりな穴があいており、

なんとも上手く使える。




しかし、

私は実はスタビライザーが好きではない。



大昔には使っていたこともあるのだが、

音はともかく、レコードの上にあんなものを置くこと自体がイヤなんだ。




しかたないことではあるのだが。。。。







そして、

今日、

念願のアイテムを導入してみた。



e0080678_1242333.jpg




これはひこさんにいただいた16インチのラッカー盤。

どれくらの大きさかと言うと、



e0080678_125145.jpg



ほら、

大きいでしょ?



ひこさんはこれを数多く手に入れ、

仲間内にターンテーブルシートにでも使ってくれと配っていただいた。


16インチーずの仲間は、このラッカー盤をどんどん使い始めた。


私もいただいていたのだが、

ちょうどそのころ、既に私はスカーリーに取り組み始めていて、

稼動しているレコードプレーヤーを持っていなかった。


ラッカー盤のターンテーブルシートは使いたくても使えなかった。



仲間が使っているのを指をくわえて見ている他なかった。





スカーリーが稼動し始め、

やっと私もラッカー盤のターンテーブルシートが使える!




レコードを置くとこんな感じ

e0080678_1315314.jpg




16インチラッカー盤だと

e0080678_132793.jpg




おおお~!

大きい!



しかも

e0080678_1324585.jpg


美しい




さらにレコードを置くと、

e0080678_1332064.jpg




いい感じ!
[PR]

by johannes30w | 2013-01-06 01:35 | オーディオと音楽


<< アルテック搬出      セッティング >>