ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 25日

ダメ押し?

monさんがやってきた。
おかげで私のオーディオ専用PCは順調に進化してきた。
今回は、それをさらに絶対的なものに押し上げようと考えているようだ。


彼のおかげで、PC上のソフトの設定は私もずいぶん出来るようになってきた。
もちろん手とり足とりしてもらう時間は無いので、
彼の操作を隣で必死で見て覚えていくわけなのだが。

ずいぶん追い込んだこの状態から何を始めるのか興味深々ではあったが、
彼はとうとうOSの内部にまで手を付け始めた!


う~ん、、、


ここまで来ると、もはや私には手も足も出ない。
いや、
出そうとする気さえ起らない。


う~む。。。






・-・-・-・-・-・-・-・




最近巷で再びPCオーディオなる文字をよく見る。
いままで私が経験してきたことを重ね合わせて考えてみると、
その言葉に違和感を感じることがほとんどだ。
雑誌等において紹介されているものにはなおさら違和感を感じる。

仕方ないことであるし、私がどうこう言う問題じゃないのだが。


今まで何度も書いてきたとおり、
PCオーディオというものは、先ずはひたすらその設定にクオリティがかかっている。
設定を煮詰めることなしでは、それはそれは酷い音だと言っていい。
私自身が体感してきたことだ。
今、見聞きする話には、そこの部分が完全に欠落した話題がほとんど。
そんな状態のPCからデジタル出力させ、今流行りのUSB DACの比較試聴したって全く無意味じゃないか。
ウインドウズのどんなPCを持って来たって、Macのどんなのを持ってきたって、
その型番を並べたところで全く意味がない。

ここがPCオーディオを理解するのに最も大きな障害となっている。
繋いだだけではどうしようもない音なんだ。


じや、設定の手立ては何か。
実は設定の前に、一番大切なことがある。
それは、「ASIO」を使うこと。
知らない人は、それこそ何のことかさっぱりわからないだろうが、大丈夫!
私だって、ことしの春ころまでは、さっぱりわからなかったんだから。
PCは、基本的に内部に音を再生する時のオートマチックミキサーを持っている。
ウインドウズではカーネルミキサーなどと言う。Macでも似たようなものがあるのかな。
例えば、音楽データを再生する時にメディアプレーヤーを使ったとしよう。
その信号は、メディアプレーヤーで再生され、カーネルミキサーを通って出力される。
カーネルミキサーは、PCの様々な音をコントロールするのに無くてはならないものだが、
所詮は高音質で再生することなど考えていない。
つまり、カーネルミキサーを通している限り、まともな音は出ないと考えていい。

そのカーネルミキサーを使わずに、音楽を出力しようというのが「ASIO」ドライバというものだ。
これはあるメーカーが作り出したものだが、非常に良いということで、
音楽系のプロの間ではもうずいぶん前から標準となっているもの。
これを使って初めてPCは出発点に立つ。


もしも良くわからい人であっても、「ASIO」という言葉だけは覚えておくべきだね。
これを使って初めてPCはオーディオと呼べるものになる。
そうでないPCは、家電の領域を出ない。


最近は「wasapi」なんてものも出てきたが、

混乱するので,

私と同レベルの人は、

「アジオ、アジオ」と唱えて覚えましょう。



・-・-・-・-・-・-・-・-・-・



私のオーディオ専用PCは、
進化に次ぐ進化を遂げた。
普通、こういう進化というものは、
試行錯誤の上に築かれるものだが、
monさんの指導のおかげで、まさしく一直線に伸びることができた。
ありがとうございました。


不思議なことに、
設定が進むにつれて、その伸び具合がはっきり理解できるようになり、
現状でのこれが頂点だろうというポイントがつかめる。
あまりこういう感覚は無いのだが、
これもPCの不思議な感覚なのかもしれない。

逆に言えば、
そういうポイントがつかめるほど、
私のPCは成熟したのかもしれない。



PCとしての設定を一旦終了し、
もう一つ、気になっていた検証を行った。
CDドライブの機種による音の違い。

現状ではパイオニアのDVDドライブ(ふつーのもの)を使っていたのだが、
昔から定評のあるプレクスターが手に入ったので聴き比べを行った。



e0080678_23475910.jpg



e0080678_23481256.jpg



聴き比べなんて言ったって、リッピングし、96変換するのだから、
非常に手間ではあるのだが。。。

プレクスターに変えると、そのあまりの変化に驚いた。


こんなに変わっていいのか?
CDPを変えたくらいの変化量はある。
当然と言えば当然だけど。


プレクスターに変えた途端、音が思いっきり地味になった。
あまりの変化に唖然としたが、
我に返って、、、。

地味でいいんじゃない?
素直だし。。。



と、暫く聞いていたが、
いや、あまりといえばあまりに地味すぎる。
これは地味というより覇気が無いんだな。



monさんの指摘でリッピングソフトの設定を変更することにした。
またまた聞き比べだ。


うんうん、これなら良い感じ。

素直さだけを残せたかな。



しかし思い返してみると、パイオニアは派手だったな~



しかししかし、


こんなに変わるんだったら、
ドライブの検証をしないといけないじゃないか  



う~む。。。。。
[PR]

by johannes30w | 2013-09-25 23:25 | オーディオと音楽


<< 忘れてた!      Stereo誌 「16インチ~... >>