ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 02日

本物

私もこれまで様々な機器に触れて来た。

中でもプロ機と呼ばれるものには独特の凄味というものがあり、

それは見ても、触れても感じられる。

しかし、

昨日来たこいつは、

e0080678_2349427.jpg



まさにプロ機中のプロ機とでも呼びたいような、

一種異様な質感を持っている。


この異様さは、どこからくるのだろうか。

こいつに触れた後では、どの機器に触れてもそれはもはやおもちゃにしか感じられない。

凄いな。




音は、

なんだか良いとも悪いとも感じない。

もはやあるべくしてそうあるというしかない。

敢えて言うなら、なにものにも揺るぎようのない安定感とでも表現するしかない。

ここまでの機器は、私はもう一つ持っている。

スカーリー。






このドルビーユニットをどう接続するのかを考えるのは、

これは楽しい。

普通はデッキ出力をこいつに入れ、プリで受けるだけだろうが、

私はここにアンペックスのAM-10ミキサーをなんとしても入れたい。

これを、デッキとドルビーの間に入れるのか、

ドルビーとノイマンコンソールの間に入れるのかはちょいと悩むが、

ま、

実際に聞いてみて決めよう。



自分としては、

SNのこともあるから、デッキとドルビーの間に入れたいのだが、

はてさてどうなるかな。。
[PR]

by johannes30w | 2014-03-02 23:59 | オーディオと音楽


<< どう?      装着 >>