ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 21日

事故

hasegawaさんの訪問以来、

調整はじりじりと進んでいる。

不具合も少しづつ見えてきている。


真空管アンプに慣れない私として、最も気になるのはその発熱。

この発熱がコンデンサー等に与える悪影響はシロートには気になるところ。

ファンによる強制冷却も簡単には出来るが、せっかくのファン追放キャンペーン中だから、

先ずはそのセッティングで放熱しやすい環境作り。

アンプをラックに入れる時、強制ファンを持たない自然空冷アンプの場合はその周りの空間をしっかり確保するのが当然のセオリーではあるが、

うちの場合、ぎちぎちではないものの、30wエンクロージャーに挟まれた19インチラックへの積み上げセッティングだから、

上下方向へは十分空間を取りたい。

取りたいが、空間は限られるので、いろいろ考える。

既存のゴム足の高さも不満なので、少しは持ち上げて、アンプの下の空間も確保したい。






しかし、

この真空管アンプというもの、

重いのはほとんどトランスで、またそれがシャーシの一方にかためてあったりするので、

バランスは当然悪く、ラックから出したり入れたりするのは一人では非常に難しいので、

昨日、16インチ~’S若手のホープである4BAちゃんに手伝ってもらった。


ラックに入ったアンプを、ラックの前と後ろから二人でじりじりと出す。

ラックの後ろに入るには、スピーカーシステムを乗り越えなければいけない。

一番右の2360ホーンをずらして、その隙間に体を押し込み、

そして4550エンクロージャーの上に上って後ろに降りる。



実は先日のアンプの組換えをやっている時に、頻繁にこれをやっていたため、

2360ホーンの転倒防止用に固定してあった板とホーンの足がほとんど外れていた。



改めてホーンをずらすと、ガコ! と板は完全に外れ、2360ホーンはひっくりかえりそうになった。

普通の状態なら、2360ホーンはドライバーが付いた状態で、非常に安定しているのだが、

なにせ私のこのミッドローには後ろにごさ丸かいちょ特製の木製ダブルスロートと二機の2482ドライバーが付いている。

そのままでは、ちょいと触れるだけで簡単にひっくりかえる。



ひっくりかえりそうなホーンをナントカ持ち上げ、とりあえず床に下ろした。

しかしこの重量は、

あと10年もしたら完全に持てなくなるだろうな~




スピーカーの後ろを通ってアンプラックの裏に回り込み、

前から4BAちゃんに引っ張ってもらい、後ろからは私が押し出して、

なんとか3台とも出した。

出したからにはもはやうちでは必要ないメッシュのガードパネルは取り外してしまう。



e0080678_1234161.jpg


ついでに接点回復のために真空管は外して入れて外して入れて。。。。



シャーシを布で拭き上げて、

もとに戻すのだが、

ゴム足を避けて石のブロックの上にセッティングすることにした。

入れるにあたっては、上下の余裕がほとんどなく、

前と後ろで「危ない危ない!」 「押しますよー!」 「押して押して!」 「引っ張るぞー!」と、

大騒ぎした。


で、

なんとかセッティング


e0080678_152528.jpg



かっこいいような、かっこわるいような、、、、、



私が真空管アンプを微妙に避けてきたのはこの点もあるんだ。

つまり、

うちは6ウエイなので、それをすべて真空管アンプで賄うとなると、

最低限でも6台の真空管アンプが並ぶことになる。

6台も縦に積まれた真空管アンプなんて、なんだか発電所か怪しいハカセの実験室みたいになるんじゃないかと危惧していたんだ。



ま、

3台ならかわいいものかな。

目障りになったら、ついたて立てて、隠してやろう。





4BAちゃんにお願いして、重い重いダブルドライバーを持ち上げてもらい、

なんとか転倒防止の板にホーンの足を固定しなおした。



よしよし。。




    -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-



さっき、



昨日外したミッドローの極性を間違えてとめたような気がしてきた。

確認しようとホーンに触れたとたん、

ダブルドライバーを抱えた巨大な2360ホーンは、

凄まじい音響とともに、4550エンクロージャーの後ろへ消えていった。






ありゃー!

やっちまった。。。






あんな音がしたんだから、ホーンは割れたに違いない。



4550の上に上り、恐る恐る覗き込むと、








4550の後ろに降りる時用に置いてある折り畳み椅子を枕にドライバーが鎮座してた。



狭い空間で、どりゃー! と持ち上げると、なんとホーンは完全に無事だった。

スロートも、何の問題も無かった。



良かった~~~!!!!







長年、このおバカなスピーカーシステムと格闘してきたが、

今まで何度も危ないことはあったにせよ、

しかしこんなことは初めての経験だった。



あの恐ろしい瞬間は、思い出したくもない。
[PR]

by johannes30w | 2014-04-21 01:22 | オーディオと音楽


<< 始まり始まり      経験値アップ! >>