ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 05日

浮気よりたちが悪く 4

何を聞いても生真面目なKEF

文句の付けようが無いことに文句を言うのが間違っているのではあるが。。。



自分でもおかしいのは、このKEFには知らず知らずに相当期待していて、

その証拠に久々にマンハッタンシステムの前にセッティングしている。



この位置はスピーカーにとって非常に過酷な位置。

縦に使った部屋の、さらにフリースタンドな状態での音出し。



パッと見れば、点音源に近く、理想的にも見える。

周りに介在物も無く、完全にフリースタンド。



しかし、

どうしたって小型スピーカー(実際には小型とは言えない大きさはあるのだが)の弱さばかりが聞こえる。

しかししかし、大きなヒントが得られる。



こいつ、大飯ぐらいだ。

今どきのスピーカーみたいに能率が悪いからパワーが必要なんじゃなく、

これだけの大きさがあってもさすが密閉型だけあって、

パワーをぶち込むと、

実に良い!

e0080678_0281499.jpg




おお! 先ずポイントはここにあったか!  と、ご機嫌でバンバン鳴らしてたら、

不安になった。

ユニット、飛ばしちゃうんじゃないか?



アッテネーターも弄らなきゃとスピーカーをよく見てみると


e0080678_23464266.jpg



おおお!

ユニットが飛ばないように、ヒューズが付いている!

これで安心してパワーを突っ込める。




このヒューズをいろいろ変えると恐ろしく音色も変わるが、

そこまではやるつもりは無い。


このヒューズにKEFのメーカーとしての良心も感じる。

単に音だけのことを考えればヒューズなんて無い方が良いに決まっている。

ヒューズ無しで発売し、もしもユニットが飛んだら顧客のせいにするのが今どきのメーカーだもんね。




このヒューズを見つけて、私は俄然KEFファンになってきた。




正面の表舞台で鳴らすのは、さすがに荷が重いので、

サイドのサブシステムの定位置に持ってきた。



e0080678_0272513.jpg



アッテネーターは再調整し、

うん、これでじっくり聞ける。

いろいろ鳴らしてやろう。
[PR]

by johannes30w | 2014-05-05 00:28 | オーディオと音楽


<< 浮気よりたちが悪く 5      浮気よりたちが悪く 3 >>