ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 03日

スタートダッシュ

スタートダッシュをかけてるわけでも、

生き急いでるわけでもないのだが、

昨年後半からどうしようもなかった身体がどうやら少しは動くようになって、

動けるなら動こうと頑張ってみる。


と言っても、配線材を運ぶだけでぜーぜー言っているのではあるが。。




「モノリス」の正体は、JBLの5674というシアターシステムのホーンセクション。

JBL 5674-19/HFなんて表記するのかな。

要は、2392ホーン+2490ドライバーのミッド部と、2352ホーン+2451ドライバーの複合体。

そう!

とうとうスナウトレスなんだ!


2392ホーンはそのままなんだけど、2352ホーンは2392ホーンと同じ横幅を持ったバッフルに固定されており、

2392ホーンの上に連結されている。

全体としてまさしくモノリスで、いやいや巨大な「ついたて」で、

その高さは私の口元を越える。


勿論、固定用のマウントブラケットもそのままやってきたが(これが非常にありがたい)、

いかにもそのままでは扱いにくいので、移動用のキャスターを考える。


ブラケットのサイズを測って自作も考えたが、

いや、

このサイズならと、いそいそ買ってきた。



e0080678_121614.jpg




今年初めての買い物が台車なのは仕方がないが、

何だか正月のたびにホームセンターへ走っているような気がする。


まあいいけど。。




で、

この台車にボルトとナットで直接固定してしまう。


e0080678_143486.jpg




実験開始!


スタジオは4Fのシアター。

4520をウーハー部に使って、とにかく音を出してみる。



パワーアンプはJBL6233を2台と、遊んでいるカーバーの7Tを使う。

チャンデバは、ほとんど放出しちゃったので、

kenplinさんにお願いして、わざわざUrei525を持ってきてもらった。

ありがとうございます!


e0080678_1841100.jpg



さくさく設定して、

いよいよ音出し!



e0080678_192514.jpg







スナウトレス初体験で、

予想はしていたが、

いや、

予想以上の素晴らしさの大きさと、

予想していなかった自分自身の音への感覚を思い知らされたことで、

少し考え込んでしまっている。
[PR]

by johannes30w | 2015-01-03 01:21 | オーディオと音楽


<< オカルト      主人公は >>