ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 26日

深夜のダンス


e0080678_23133481.jpg



4550(2220×2)は、縦配置となって不思議と獰猛さが薄れた。

薄れたと言ってもそこは4550で、上手く操らないと吠えるのだが、それでもずいぶん従順になった。

ユニットの位置が高くなったせいかな。


いずれにしても、ポンと置いて鳴らし始めたのだが、さあ先ずはシステムの置き位置を調整していく。



e0080678_2364829.jpg



この位置でスタートしているわけだが、一つだけ試したいこともあった。

それはホーンセクションの45度配置。


オートグラフやヴァイタヴォックス191のように、45度配置をして聞いてみたかった。

過去に使ったすべてのスピーカーでこれは確認しており、そこからじりじりとモディファイをしていった経験が多い。

オートグラフやヴァイタヴォックスはもちろんモノラル時代に完成されたスピーカーで、

つまりこれらをステレオとして使うことさえ想定しているはずはなく、

まして45度配置なんて夢にも考えるわけもない。

それでもあの45度配置でないと生み出されない音場感というものもはっきり存在し、

それを憎らしからず感じている私にとっては一度は試してみないといけない配置ではある。



4520システムがうちにやってきた時、この45度配置で大成功した経験もある。

あの時は、超強力オートグラフだ!なんて言ってはしゃいだ。

あの音を聞いたのはごんたどんくらいだな。



ただ、あの配置はもう無理だなとも感じていた。



うちのシステムのデジタル化が順調(?)に進むにつれ、

実はスピーカーが作り出す音場に大きな変化が起こっている。


前にも書いたが、デジタル化が進むと、左右のセパレーションが完全なものになるせいか(クロストークの排除が進むせいか)、

音像の定位というものが劇的に良くなる。

いや、良くなるなんて言うより、全く新しい次元になるように思う。

うちのシステムの場合は再生系の機器以外はモノラル化しているのでその効果も大きいのかもしれない。

今までだったら中央のボーカルの定位を明確にするために左右のスピーカーの内ぶり角を大きく取ったりしていたが、

デジタルのセパレーションが確立すれば、中央の定位はそこまで内ぶりさせなくとも十分確立でき、

いや、そのままでは中央が充実しすぎて違和感さえ覚える。

もっと内ぶり角をゆるくし、左右への音場の広がりを求めてやることが、中央のすっぽ抜け無しに可能になる。

少し前から流行っている平行法などというスピーカーをまっすぐ正面に向ける置き方も、

このデジタルの進化によって知らず知らずのうちに広がってきたものかもしれない。


それにしても、私にとっては一度は経験すべき45度配置だから実際にやってみた。

結果は、

それはそれは酷いものだった。



   -^-^-^-^-^-^-^-^-^-^-



うちのモノリスは、恐らく現代の最も進んだ(?)ホーン理論によって設計されている。

もともと、ホーン特有の正面でのビームがほとんど形成されないという驚くべきもので、

これは実際、初めてモノリスを鳴らした時にびっくりしたことだった。

初めて正面で聞けるホーンだと思った。

2360シリーズなどのバイラジアルホーン(CDホーン、マンタレーホーン)も、正面でのビームを無くすような設計ではあるが、

実際に使ってみると、やはり少しはビームを感じる。

しかし、モノリスでのこの新しい(といっても発表からずいぶん時間が経ってはいるが)2392ホーンや2352ホーンなどのオプチマイズドなんとかホーンは、

本当に正面で聞いてもうるささをほとんど感じないんだ。

びっくりだよ。




残念なことに、このオプチマイズドなんとかホーン以降には新しいホーン理論が出てきていない。

私が知らないだけであることを心から願いたい。。




このデジタル化による音場の作られ方と、ホーンの特徴もあり、45度配置は早々に却下された。




では、とりあえずモノリスはほぼ正面に向け、

さあ4550の位置を探っていこう。

e0080678_2372670.jpg


深夜になると、

私は4550を抱擁し、


いや、抱き付き、


いや、取り付いて、



押す。。。


e0080678_2374423.jpg



こっちを向いてくれー!  と叫びながら、




引く。。。











寒さも足元から襲ってくる深夜に汗をにじませて、




う~む、

これもオーディオなのか?
[PR]

by johannes30w | 2015-01-26 23:17 | オーディオと音楽


<< クロスは      新マンハッタンシステム始動 >>