ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 07日

♬ 負けないで もう少し ♬

クロスとゲインの設定に明け暮れている。

今までの経験、ノウハウをすべて注ぎ込み、

それでもさらにとっかかりを求めて、進める。

一昔前の完全な聴感での設定に比べて、

今はお助けグッズは数多く、

助かる。




しかしそれらはスタートに戻してくれるのみ。

迷路に迷い込めば、これは本当にありがたいグッズではあるが、

決して基準にはならない。




最近のダークサイドは妙に居心地が良い。

ダークサイドは暑くて寒く、およそしっとりするには似つかわしくない場所ではあるが、

今はこいつたちがいる。


e0080678_1295337.jpg


e0080678_130511.jpg


e0080678_1301652.jpg


こいつたちが部屋の空気をほんのり人肌にしてくれる。


もちろんストーブは昔から常に全開ではあるが、

今年のこの寒い冬に、心は少し楽だ。



夏になればどうなるのかは、

それはなってみないと判らないが、

あのアンプたちには、ちょうどエアコンの直撃を与えてあげられそうだから、

そんなには心配していない。




なかなか良い感じじゃないかと、いよいよオーケストラを鳴らし始める。



うんうん、

良いねとにんまりしだした時、



突然右のウーハーが止まった。

同時にバチンと音がした。



なんだ?  と目を向けると、

右のカウンターポイントSA-4から煙が立ち上っていた。







おお!

セーフティー回路は見事に働いた!



などと喜んでいる場合ではない。







煙が立ち上ったということは、何かが燃えたんだ。

コンデンサの破裂か、抵抗が燃えたのか、

天板を外して眺めても、シロートの悲しさゆえ何もわからない。


このアンプは裏側にも配線や部品があり、そうなるとひっくり返して確認しないといけないが、

問題の部分が解ったところで、そうなった原因がわからなければ部品交換の意味も無い。


私に出来るのは、真空管を刺し直し、もう一度電源を入れてみることだけ。

当然のことながら、アンプは起動しない。



来たか。。




旧マンハッタンシステムの最後の時に、

アンプリトンがへそを曲げたが、今度はカウンターポイントか。

こいつは望外にお気に入りになっていただけに悲しい。


再びの沈黙






















とにかく代役が必要だ。

カーバーを持ってこようか、JBL6233を使うか。。



茫然としていたちょうどその時、

I君から連絡が入っていたのを思い出した。

すぐさま手配をお願いし、

SA-4の運び出しと、代打の搬入を行った。



代打は、

e0080678_1551892.jpg



同じカウンターポイントのSA-20


こいつはハイブリッドアンプだが、SA-4でご機嫌だった私には今最も期待できるアンプ。

これの600Wモノラル使いというのを、昔からぜひとも試したいとは思っていたんだ。

今は一台でステレオ使いだけど、良い個体と出会えれば。。。




問題なく動作することを確認し、

ざっくりレベルを合わせた。










あれ?




このSA-20って、

なんだかすごくナイーブじゃないか。

SA-4との入れ替えだから余計にそう感じるのだろうか。




カウンターポイントと言えばだーだちんを思い出すが、

このナイーブなアンプとだーだちんって、どうにも似つかわしくないじゃないか!



と、思ってから一呼吸おいて、

SA-20とだーだちんが、実に相性が良いに違いないと確信できた。

うんうん、そうだよね。





しかし、

SA-4とこんなにキャラが違ってしまうと、

これはもう代打どころではない。

ゲイン調整くらいじゃ追いつかないじゃないか!



かくしてまたゼロからの調整が始まる。


SA-4が帰ってきたらどうするの?

まだきていない本命だって、もうすぐ到着するという連絡が来ている。



今、こうやって合わせ込んでる調整は、完全に無駄になるだろう。




でも、

今、音楽が聴きたい私は、

それでも調整を続けている。





マイスキーのチェロが少しは魅力的に響き始めた。



うん。




負けるもんか

負けるもんか
[PR]

by johannes30w | 2015-02-07 02:13 | オーディオと音楽


<< 某所からの      クロスは 2 >>