人気ブログランキング |

ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 10日

チャイコフスキーの夜

今日、HMVからCDが届いてみたら、バーンスタインのチャイコフスキーが2枚も入っていた。こんなん買ったっけ?と、不遜なことを考えながら、それでもすでに持ってる6番と合わせると、バーンスタインの新録音でチャイコフスキーの後期交響曲が揃ったことになり、なんとなく嬉しい。バーンスタインの古い方の録音のレコードを引っ張り出して、今夜はチャイコフスキー。
 チャイコフスキーの交響曲は、ごたぶんに漏れず、どっぷり嵌った時期があり、それぞれに思い出深いものもある。最近(といっても数年前だが)印象深かったのは、チェリビダッケの激遅の演奏。チェリビダッケはチャイコフスキーの交響曲が得意(好き?)らしく、若い(??)時代の唯一のレコードがチャイコフスキーの5番だったと思う。その後、レコーディング拒否時代に突入するわけだが・・・・。初めてチェリビダッケの演奏を聴いたのも、古いモノーラルのレコードでのチャイコフスキーの5番。新鮮だったな~。隅々まで神経が行き届いているのはもちろんで、一つ一つのフレーズがそれぞれに表情を持ち、しかも全体として調和している。微視的に見ても、巨視的に見ても非の打ち所が無く、「これって完璧な演奏なんじゃないの?」と、当時思いっきりびっくりしたのを覚えている。ある意味、現在の多くの指揮者が目標としているところが、ここに大きく実現されているように思う。悲しいかな、ここまで来ている指揮者は未だ存在しないように思うけど。チェリビダッケの録音拒否は、結局死ぬまで続いたわけで、それもあって、チェリビダッケが来日するとなれば、何をさておいても聴きに行った。フェスティバルホールでの驚異的なブルックナーの8番!   死後、ぽつぽつとライブ録音のCDが発売された。チャイコフスキーもその中にあり、自分としては、印象深い5番に一番興味があったのだが、実際に一番感じるものがあったのは6番。第4楽章で、こときれる直前の低弦の歩みが凄い。
 バーンスタインの話のはずが、チェリビダッケになっちゃった   (>_<)

バーンスタインのチャイコフスキーで、自分にとって印象的だったのは4番。当時、飛ぶ鳥落とす勢いのアバドが4番を録音し、これとの違いを嫌と言うほど感じさせられた。アバドがビデオ録画だとすると、バーンスタインの演奏は、フイルム映画だと感じた。時代が変わったのを教えられた。ずいぶんたってから、バーンスタインの4番を聞きなおすことがあり、再評価ということになるのだが、、、。新しく来たCDの4番は、バーンスタインが死んじゃう一年前の録音。この時期のバーンスタインは、クレンペラーを凌ぐ激遅だと言うのが一般的な認識。チェリビダッケにも匹敵する。しかし、実際に聞いてみると単に遅いだけじゃないこともすぐにわかる。演奏は、、、、おせじにも人に薦められるものじゃない。3楽章などは、オーケストラも制御不能でバラバラ。ひどいもんだが、それでもこの演奏はすごい。鬼気迫るものがある。

写真は、バーンスタインのチャイコフスキー4,5,6をレコードの古い録音とCDを並べたもの。持ってたはずの6番のCDが見つからない。どこへ行ったのかな~
e0080678_043464.jpg

あいかわらず暗くって、よくわからないかな   (^^ゞ


 レコードも聞くということで、久しぶりにイコライザーが必要。とりあえずは電源が入ってるSPATIALを使うわけだ。プレーヤー>SPATIAL>ノイマンとなるわけ。

SPATIAL>ノイマン    これがひどい。こう重ねると、いいところがひとつも無い。重ねたとたんノイマンのパワーが無くなる。SPATIALの濡れたような弦も出ない。しいて言えば、こじんまりまとまって聞きやすいというか、、、、
 いや~、こんなに合わないとは・・・・(ーー;)

仕方なく、プレーヤー>SPATIAL>スチューダーで聞いていた。これで一曲聴いた。
これは大丈夫。いや、、、ましなだけかな。よく聞くと、スチューダーのよさは半減してる。ただ、まとまりと、力感は出てくる。

レコード聴き終わって、とうとうCDP>ノイマン>スチューダー

だめだ。スチューダー圧勝! ノイマンのよさはまったく無くなる。スチューダーの音が支配的だが、よくもなってない。これだったらノイマン単体の方がはるかにいい。

プリプリ推進委員会としては、情けない結果となった。
ノイマンに繋げられるラインアンプは存在するのだろうか。そういえばテレフンケンも辛かったな~。あのテレフンケンディストリビューターも電源をしっかり作ってやれば使えたかな~と思い直し、探そうと思っていたけど、こう立て続けに悪い結果が続くと自信なくなっちゃうな~

レコードのイコライザーも頭がいたい。ノイマンはアメリカ系がだめなのかな。明日トーレンスの安物イコライザーを聞いてみよう。

あ、スチューダー>ノイマン は聞いてなかった。

by johannes30w | 2006-02-10 01:07 | オーディオと音楽


<< オルガン      さらに >>