ダークサイドへようこそ

johannes30.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 20日

準備準備

e0080678_2333636.jpg


4550をマンハッタンシステムに組み込むにあたって、設置方法が決まれば直置きとするのではあろうが、それが決まるまではあれこれ動かすに違いない。
今までもそうだった。

ホーン部はもちろん、4520も、30wエンクロージャーも、マジで死ぬ思いであれこれ動かした。

アンプ組み替え時も、配線を弄るとなれば、スピーカーの後ろに回りこまねばならず、うちのオーディオには脚立と椅子は必須。

少しでもこれが億劫にならないように(億劫に感じてしまったら、進歩はストップする)、4550と4520は当面動かしやすいように自在滑車の付いたベースを用意することにした。

今日、ホームセンターで、ベースとなる積層板を買ってカットしてきた。



もちろん、それぞれが重量級なので、自在滑車も強度が必要。
対重量強度のある自在滑車では大きくなってしまうので(ベースが高くなってしまっては困る)、小さな自在滑車(38ミリ、耐圧18Kg)を数多く使い、強度を稼ぐ。

e0080678_2314540.jpg


4520用として一本あたり10個、4550用として一本あたり20個を用意した。
(4550用の個数が多いのは、その上に多くのホーン、ドライバーが乗ることを想定している)





やってきた4550は、思ったより程度がよかったのだが、シールが貼ってあり、やはりこれが気に入らない。
やってきたその日に剥がそうと試みたが、無理やり剥がすと下の塗装まで付いてくる。



どうしたものかと悩んでいた。



とにかくシール剥がしを買ってきてみた。

e0080678_23182118.jpg



これがさっぱり役に立たない。

臭い匂いを振りまくのみ。


もっと強力なのもあったのだが、店の人曰く、そんなのを使うと塗装まで剥がれる由。。。


やっぱりだめか・・・




と、

そんなこともあろうかと、

強力ドライヤーも用意した。(なんと1980円)


e0080678_23211788.jpg



見事!


下の塗装をほとんど傷めることなく綺麗に剥がすことに成功。



だが、

e0080678_23221842.jpg


糊は残った。

これは地道に取るしかないかな。




ホームセンターに行ったついでにオイルも買ってきた。

e0080678_23233110.jpg



もちろんガラクタターンテーブルのためだが、とにかくこのオイルを使って掃除する。

使うのは、

e0080678_23243325.jpg


これ、介護用品


でもピッタリ!

e0080678_232542.jpg




やはり、かなり汚れている。。

e0080678_23253624.jpg




これはしかしグリスじゃないか?


ガラードにもグリスタイプがあると言うし・・・・  (*_*;



オイルは解るけど、グリスは解らん

調べなきゃ・・・・(>_<)



このオンボロは、

e0080678_23271494.jpg



誰か知ってる?


e0080678_23274034.jpg





あの介護用品は、ホーンのスロート部の掃除にも最適。

お試しあれ!




で、


お知らせ


アルテックとフィリップスを放出します。

e0080678_23294414.jpg


MR-902-16HF

これ、35000円でどう?


e0080678_2331081.jpg


フィリップスの6チャンネルパワーアンプ。
一台で3ウエイステレオのマルチができるぜ。。
4万円ならどうだ?

オークションに出しちゃってるから、欲しい人は早めにおしらせくださいね
[PR]

by johannes30w | 2008-02-20 23:34 | オーディオと音楽


<< 聴いておかなくちゃ      ごそごそと >>